千葉県白井市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

佐倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

白井市(しろいし)は千葉県の北西部に位置し、明治以来、梨の栽培が盛んなことで知られる市です。また、読みは「しらい」ではなく「しろい」であり、東京都特別区部への通勤率は28.7%となっています(平成22年国勢調査)。東京都心から25km圏内に位置していて、以前は純農村地帯であったが、1979年に北総線が開通し「千葉ニュータウン」への入居が開始されたことにより、ベッドタウンとして開発が進み人口が増加しました。一方で、北部では豊かな自然も多く残り、都市と自然のバランスがとれた開発が進められています。2017年3月に行われた知名度調査では、「白井市を知っている」と答えた者の割合は、隣接自治体でも鎌ヶ谷市が86%、印西市が85.8%、船橋が38.6%でした。また、隣接しない千葉県内の自治体では、千葉市と市川市が20%。そのため市は知名度アップのための策として、2018年2月19日から26日まで、全国の名前に「色」がつく8つの鉄道駅および、字が似ていることから間違えられやすい京成電鉄臼井駅(佐倉市)に、「白井」の名を大きく書いたポスターを掲示しました。市を横断するかたちで北総線および国道464号が通り、南北を縦断するかたちで国道16号および木下街道が走ります。隣接する印西市や、周辺の佐倉市、四街道市、成田市、八街市、富里市と印旛郡の2町と合わせて印旛地域と呼ばれることもあります。なお、印旛地域の中では最も東京寄りに位置します。下総台地(標高は約20m~30m)と川沿いの低地(谷津田)からなり、北部には手賀沼が位置します。河川は神崎川および二重川(印旛沼水系)、金山落(手賀沼水系)が流れます。ナシ栽培は明治時代に始まり、現在は栽培農家数・栽培面積・生産量とも県内最大となっています。1995年には、ナシを擬人化した「なし坊ファミリー」を市のマスコットキャラクターに定めています。千葉県白井市の人口は、総人口が62,325人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県白井市の放送受信契約数は、18, 610件で、衛星契約数は、9, 317件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。