千葉県香取市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

佐倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

香取市(かとりし)は、千葉県北東部にある佐原を中心部とする市です。2006年(平成18年)3月27日に、佐原市と香取郡小見川町、山田町、栗源町が合併して成立しました。市内には水郷の町並みが色濃く残る佐原重伝建地区(北総の小江戸)の商家町、香取神社の総本社である香取神宮の門前町のような北総の歴史的建造物が多く現存します。また商家町佐原として日本遺産(北総四都市江戸紀行)に指定されています。「水郷」と呼ばれる国道51号沿線の利根川付近の都市の一つであり、香取神宮の鳥居前町として有名です。香取神宮は武神を祭っていることで有名な神社であり、このために近隣では鹿島神宮を擁する鹿嶋市との関係が深いです。なお、「かとり」という地名の語源については、「梶取」「神鳥」「鹿取」など諸説あり、はっきりしていません。「香取」という表記は万葉集(2436番)に見られます。千葉県の北東部に位置し、利根川を挟んで対岸の茨城県と接していて、市全体が低地部と台地部で占められていることから田畑に適しており、農業が基幹産業となっています。米の出荷量は千葉県で第1位です。成田市への通勤率は12.7%となっています(平成22年国勢調査)。高度経済成長期より佐原市街には地元百貨店の清見屋の他、東日本の地方都市に百貨店を展開していた十字屋が進出し、北総や東総における商業の中心として栄えてきたが、近年周辺市町村に郊外型大型スーパーマーケットが進出し、上記の2店舗もそうした時代の煽りから近年閉店しました。現在商業的には地盤沈下傾向となっています。小野川周辺に広がる「小江戸」とも称される古い街並みを観光資源として活かすべく様々な取組みがなされています。千葉県香取市の人口は、総人口が74,382人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県香取市の放送受信契約数は、25, 636件で、衛星契約数は、9, 759件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。