アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 千葉県 > 千葉県千葉市稲毛区

千葉県千葉市稲毛区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

千葉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

稲毛区(いなげく)は、千葉市の北部に位置する区である。文人に愛された別荘地として古くから栄え、西千葉駅周辺は千葉大学をはじめとする高等教育機関が集中している文教都市です。千葉市の北西部にある区で、区域の大半は住宅街となっていて、戸建て・集合住宅問わず住宅が密集しており、稲毛区の人口密度は千葉市全体の二倍以上あります。千葉市中心部への通勤者も多いが、東京から近いために都心への通勤者がもっとも多いです。JR総武本線の稲毛駅・西千葉駅周辺や京成千葉線京成稲毛駅・みどり台駅周辺や国道16号周辺を中心に市街地が形成されているほか、千葉大学をはじめとする高等教育機関が集中している文教地区となっています。区全体が下総台地上に位置しており、なおかつ海に近いため、台地の縁に谷津田が切れ込んでいて起伏の多い地形です。区内最高地点は長沼原町の標高33.6m、最低地点は稲毛3丁目の標高2.3m。また、北部に内陸工業団地を有することも同区の特徴の1つです。千葉市のうち、旧市域の一部と千葉郡都賀村の西半分、検見川町・犢橋村の各一部の区域から成ります。「都賀」は現在では都賀駅周辺を指すが、本来は区内の作草部地区が中心です。旧市町村の区域とは一致しないものの、戦後、稲毛駅、西千葉駅を中心に発展した地域です。区名は公募に寄せられた案の中から決定しました。シンボルマークは、稲毛区の「い」をモチーフに、芸術とスポーツが重なり、文化の発信地として未来に広がる形を表しています。シンボルカラーは、「ブライト・イエロー」で、区名の「稲」から稲穂の、実り、結実など、豊かさや、成長を表し、未来への発展をイメージしています。千葉県千葉市稲毛区の人口は、総人口が161,458人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県千葉市稲毛区の放送受信契約数は、55, 380件で、衛星契約数は、29, 143件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。