アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 千葉県 > 千葉県千葉市若葉区

千葉県千葉市若葉区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

千葉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

若葉区(わかばく)は、千葉市の北東部に位置し、6区中最大の面積を有する区です。区の市街地はJR都賀駅を中心に形成されていて、区役所などの諸施設が集中しています。区域は東西に大きく広がっています。西へ行くほど市街化が進んでいて、千城台、小倉台、みつわ台などの住宅団地がニュータウンを形成しています。開発当時は公共交通機関がバスしかなく、通勤通学に時間がかかっていたが、千葉都市モノレール開業により改善されました。東部は田園地帯が広がっており、千葉市によるいずみグリーンビレッジ構想地域となっています。区の南部を都川が東西に流れ、西部には鹿島川が南北に流れています。両河川およびその支流に沿って、谷津と呼ばれる浅い谷地が広がっていて、主に水田として利用されています。また、その周辺の台地は住宅団地、畑地、牧場などとして利用されています。内陸に位置するため、夏暑く、冬は寒さが比較的厳しく連日氷点下の気温となるなど千葉測候所の気温とは異なります。千葉市のうち、旧千葉郡都賀村の東半分、都村、千城村、泉町の区域から成ります。戦後、都賀駅を中心に発展した地域に、東金街道沿いの旧泉町を編入したような形であり、両地域の生活圏は異なります。区名は区の発足前から設置されていた「若葉総合支所」の名に公募での支持が集まったことにより決定したが、もともと区内に「若葉」という地名はなく、総合支所の設置自体が区役所への移行を前提にしたものであったため、事実上市による命名に近い形となりました。若葉区内には豊富な自然を生かした公園が多く整備されていて、市民の憩いの場となっています。千葉市動物公園は、稲毛区との境界に近い区の西端にあり、モノレールによって区内の住宅地や千葉駅と結ばれていて、市内の小学生が訪れる遠足スポットとなっています。千葉県千葉市若葉区の人口は、総人口が149,991人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県千葉市若葉区の放送受信契約数は、50, 796件で、衛星契約数は、24, 191件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。