三重県桑名市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

桑名市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

桑名市(くわなし)は、三重県北部に位置する都市です。木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の河口にあり、北西部に養老山地、南東部に伊勢湾があります。伊勢神宮の「一の鳥居」が設置されるなど、伊勢国の東の玄関口として位置付けられて、その地理的条件により、江戸時代には東海道でも指折りの宿場町、城下町、港町として栄えました。伊勢平野と濃尾平野の境にある人口約14万人の都市で、愛知県と岐阜県に接しており、名古屋市から25km圏に位置しています。名古屋市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいて、無形文化財に石取祭や連鶴の折り方の「桑名の千羽鶴」などがあります。2004年(平成16年)126日に桑名市、桑名郡長島町、多度町の3市町村が合併(対等合併)して誕生した市であり、蛤(はまぐり)料理に代表される食文化を有し、ナガシマスパーランド、多度大社、六華苑、東海道の七里の渡しなど、豊富な観光資源に恵まれた三重県下屈指の観光都市です。機械・金属系を中心とする工業都市でもあることで有名です。桑名市は、水郷県立自然公園に指定されています。また名古屋に近く、観光スポットが充実していることから、三重県では伊勢市に次いで2番目に観光客数が多い自治体であり、2007年度には約798万人、2013年には10,003,347人が訪れています。桑名市の総人口は140,066人(推計人口、201841日)となっていて、桑名市の放送受信契約数は47, 217件で、衛星契約数は、21, 477件となっています。新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。