三重県志摩市

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県志摩市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

志摩市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

志摩市(しまし)は、三重県志摩半島南部に位置する市であり、2016年、第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)が市内の賢島で開催されたことでも知られています。本土部は志摩半島に属し、北から西にかけては、鳥羽市、伊勢市、南伊勢町に接し、東から南にかけては太平洋に面しています。海岸は入り組んだリアス式海岸で、中央に英虞湾、北東は鳥羽市とともに囲む的矢湾があり、英虞湾内に賢島と間崎島、的矢湾内に渡鹿野島の合計3つの有人島があります。波の穏やかな内海と日本海流に侵食された外洋の海蝕崖の光景は対照的で、志摩市は全域が伊勢志摩国立公園に含まれるが、ほかの国立公園と異なり大部分が民有地です。市の可住地面積は75.15km2であり、市域面積の約42%に相当しています。志摩市に相当する地域の人口は1955年(昭和30年)の66,600人を頂点に一時的な増加もあるものの減少傾向にあり、特に2000年代以降の落ち込みが激しく日本創成会議から「消滅可能性都市」として名指しされています。市では行政機能を維持するのに必要な人口を3万人としているが、2060年には2万人を下回ると推計されており、奨学金を得て大学に進んだ者が志摩市へ移住する場合、返還補助を行う制度を2017年(平成29年)度から開始しています。志摩市の総人口は48,029人(推計人口、201841日)となっていて、志摩市の放送受信契約数は21, 195件で、衛星契約数は、8, 251件となっています。新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。