三重県尾鷲市

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県尾鷲市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

いなべ市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

尾鷲市は、三重県の南部、東紀州地域の中央部に位置する市です。地形上、雨が降りやすい地域であり、年間降水量約4,000mmに達するほど、が全国トップクラスの多さとなっています。これは、背後を山に囲まれており、南方からの暖かく湿った空気が、尾鷲市に流れ込みやすいことから、雨量が多くなります。尾鷲市の総面積の90%が、山林で覆われ海岸線は、岩手県のリアス式海岸動揺、ギザギザした地形になっているのも特徴です。尾鷲市の面積は、192.71k㎡。人口は、17,649人(男性:8,177人、女性:9,472人)、総世帯数は9,353世帯となっています(2019年10月1日現在)。気候は、沿岸部の熊野灘に黒潮が流れている関係で、暖気が入りやすく年間を通して月別平均気温が高いです。市内にはJR東海道本線が走っており、津市や名古屋市へ向かう重要路線となっています。また、世界遺産となっている「熊野古道」への重要アクセス路線にもなっています。尾鷲市は温暖多雨な気候と黒潮によって、その自然の恵みを受け江戸時代から、林業の町として栄えています。地場ブランドの「尾鷲ヒノキ」は年輪が密で狭く、赤みがあり、強靭な良質材として、全国各地に出荷されています。漁港も尾鷲港をはじめ、9つの漁港を構えています。近海・遠洋・沿岸漁業を営みながら発展し、近年は「つくり育てる漁業」としてマダイの生産量が、全国有数の漁獲量を占めるまでに発展しています。市内は世界遺産「熊野古道」の通り道となっています。1990年代は観光客数は10,000人~30,000人ほどでしたが、世界遺産に登録された2004年から観光客が急増し、2014年には429,000に達し、年々観光客数は増加の一途をたどっています。地元住民にとって熊野古道は世界遺産登録前から「いつもの散歩道」という感覚であるため、意識の変化はあまりないとのことです。尾鷲市の放送受信契約数は7,872件で衛星契約数は2,440件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。尾鷲市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。