三重県員弁郡

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県員弁郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鳥羽市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

員弁郡(いなべぐん)は、三重県の郡で県の北部、愛知県に隣接しています。郡のほぼ全域が、濃尾平野に含まれています。面積22.68km²、人口25,533人、人口密度1,126人/km²(2019年6月1日、推計人口)となっています。桑名郡に含まれているのは、東員町(とういんちょう)の1町のみです。かつては旧北勢町・旧員弁町・旧大安町・旧藤原町も員弁郡に含まれていました。2005年の平成の大合併によって、これらの市町はいなべ市となったため、員弁郡から離脱しました。東員町(とういんちょう)は、三重県の北部に位置する町です。東は桑名市、西はいなべ市、南は四日市市、北は丘陵を経て桑名市に接し、名古屋のベッドタウンの顔を持っています。町の中央を員弁川が東に向かって流れ、北部に行くにつれ標高100m前後のゆるやかな丘陵を形成しているのが特徴です。町内を三岐鉄道北勢線が走っており、桑名市方面へ進むとJR東海道本線と合流するため、名古屋方面へのアクセス路線となっています。東員町では、斬新な教育プランを立てて実行しています。0歳から15歳の義務教育終了までの「16年一貫教育」を掲げ、東員町の地域・住民と、家庭の一体化した教育、中学卒業までを見据えた教育を町全体で推進しています。町の歴史ある建造物として、「猪名部神社(いなべじんじゃ)」があります。平安時代中期(900年ごろ)に建てられたと伝えれています。その当時の天皇陛下が参拝に訪れることが多く、朝廷との結びつきが強かった過去があります。毎年4月第1週末には「大社(おやしろ)祭」を開催しています。鎌倉時代、源頼朝から騎射・巻狩の上意が伝えられたことで、青少年の士気向上を目的としたことが、大社祭の始まりとされています。高さ2.5mの土塁を、東員町の4地域からそれぞれ選ばれた十代後半の乗り手が、馬に乗って駆け上がり、米作の豊凶を占う神事であります。員弁郡の放送受信契約数は8,175件で衛星契約数は3,485件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。員弁郡の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。