三重県熊野市

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県熊野市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

亀山市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

熊野市は、三重県の南部、紀伊半島の南東部に位置する市です。津市までは約120㎞、名古屋市まで約190㎞、大阪市まで約160㎞の距離にあります。国立公園である「吉野熊野国立公園」内に位置し、豊かな自然と温暖な気候に恵まれています。市北部の海岸線は、リアス式海岸のようにギザギザした地形になっています。、和歌山県との県境に近いため、新宮市や和歌山県東部との結びつきが強いのも特徴です。世界遺産の「熊野古道」や、日本最古の祭祀遺跡といわれる「花の窟神社」があり、古代からの歴史文化が脈々と受け継がれています。熊野市の面積は、373.35k㎡。人口は、16,746人(男性:7,706人、女性:9,046人)、総世帯数は8,855世帯となっています(2019年10月1日現在)。尾鷲市同様、背後を山に囲まれ、南方からの暖かく湿った空気が流れ込みやすい地形であるため、年間降水量が全国トップクラスの多さとなっています。市内をJR紀勢本線が走っており、津市や名古屋市方面、和歌山県東部地域へアクセスする路線となっています。また、世界遺産「熊野古道」も近いことから、関東方面と結ぶ高速バスの路線が充実しています。JR熊野市駅から熊野灘方向に車を走らせると天然記念物「鬼が城」があります。城という名が付いていますが、城はなく跡地となっています。「鬼ヶ城」は、波の侵食と数回の大地震で隆起した凝灰岩の大岩壁です。長さ約1kmの間に、大小無数の洞窟が階段状に並んだ奇岩奇勝で知られています。城跡から鬼が城までつながる道には、約2000本の桜が植えられている桜並木道となっています。城跡には、熊野灘に突き出ている「鬼の見晴台」があり、熊野灘が一望できる絶景スポットです。さらに城跡からは、熊野古道へつながる道もあり、海岸線の遊歩道と組み合わせれば、海も山も楽しめる、一回で二度楽しめるスポットでもあります。熊野市の放送受信契約数は7,548件で衛星契約数は2,160件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。熊野市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。