三重県三重郡

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県三重郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鳥羽市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

三重郡は、三重県の郡で県の北部に位置しています。郡のほぼ全域が、濃尾平野に含まれています。面積15,74km²、人口6,127人、人口密度389人/km²(2019年6月1日、推計人口)となっています。桑名郡に含まれているのは、菰野町(こものちょう)、朝日町(あさひちょう)、川越町(かわごえちょう)の3町です。2005年の平成の大合併で、楠町が四日市市に編入され、現在の三重郡となっています。菰野町は、三重県の北西部、鈴鹿山脈の東山麓に位置する町です。町内西部には、湯の山温泉や御在所岳があり、毎年多くの観光客・登山客が訪れる人気スポットになっています。面積は107.01km2、人口は40,487人(2019年6月1日現在)です。三重県内の全町のなかでは一番人口の多い町であり、県内の鳥羽市、尾鷲市、熊野市よりも人口が多いのが特徴です。町北部には「楠根ため」と呼ばれるため池があります。、明治時代に湧水によって築造されたため池であり、多種多様な生き物が生息し、花が咲き誇っています。生物の多様性の観点から2010年に、「田光のシデコブシ及び湿地植物群落」として、国の天然記念物に指定されました。朝日町は、三重県の北部に位置する町です。朝日町の北西側は丘陵地であり、南東側は沖積になった平野の水田地帯です。面積は5.99km2で、三重県内で、一番面積が小さい自治体であります。人口は10,941人(2019年6月1日現在)です。「縄生廃寺跡(ナオハイジアト)」が町内にあり、江戸時代は「金光寺」という名でした。1986年9月からの発掘調を進めたところ。飛鳥時代の古代寺院塔跡が縄生廃寺跡周辺にあったことが確認されました。川越町は、、三重県北部に位置する町です。川越町の面積の約半分は、江戸時代に開発された伊勢湾の干拓地であります。面積は8.73km2で、隣の朝日町に次いで、2番目に面積が小さい町となっています。人口は14,999人(2019年6月1日現在)です。町内には中部電力の川越火力発電所が建っていることもあり、「川越電力館テラ46」展示施設があります。「人と地球の共生と未来」をテーマに掲げ、火力発電の魅力を伝える展示内容になっています。三重郡の放送受信契約数は22,062件で衛星契約数は9,227件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。三重郡の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。