三重県北牟婁郡

施工ブログ一覧

もっと見る

三重県北牟婁郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鳥羽市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

北牟婁郡(きたむろぐん)は、三重県の郡で南西部に位置しています。志摩半島の中間、東紀州の玄関口であります。面積256.53km²、人口14,973人、人口密度58.4人/km²(2019年6月1日、推計人口)となっています。北牟婁郡に含まれているのは、紀北町(きほくちょう)の1町のみです。2005年に、紀伊長島町・海山町が紀北町に編入合併したことによって、現在の北牟婁郡の形となっています。紀北町は、三重県の南部に位置する町です。近くには、紀伊山地の霊場と熊野古道、ツヅラト峠、始神峠、馬越峠などを有しているのが特徴です。日本有数の原生林が残る、大台山系に連なる急峻な山々に囲まれた地域であり、総面積の9割弱を山林が占めています。年間降水量が3,000mを超え、尾鷲市同様、全国有数の降水量の多さとなっています。沿岸部に接していることから、漁業の盛んな地域でもあります。特にカキ(渡利かき)、鰹節を中心に水揚げされています。近年は、マンボウの水揚げにも力を入れています。12月から5月の水揚げがされ、町内で安価で売られ茹でて酢味噌で混ぜて食べています。世界遺産「熊野古道」にも近いことから、熊野古道の参拝道が通っています。ただ、関東方面から訪れると紀北町ルートは遠回りになるため、おもに関西方面から利用する方が多くなっています。町内には町の指定文化財になった城がいくつかあります。その代表格が「長島城」です。標高146mに建つ山城であります。南北朝時代に北畠氏の家臣が築城し、南朝の軍事拠点として使われた過去があります。時を経て太平洋戦争時には、軍事監視所が置かれていました。現在では、本丸跡地にベンチが設置されており、観光客や地元住民の休憩ばとしても活用されています。北牟婁郡の放送受信契約数は6,928件で衛星契約数は2,168件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。北牟婁郡の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。