アーキホームで新築を建てたならテレビ視聴方法はアンテナがおすすめ!

公開日 2024/02/20

アーキホームで新築を建てたならテレビ視聴方法はアンテナがおすすめ!

大阪や京都、兵庫や滋賀を中心に展開する住宅会社、アーキホームにおけるテレビアンテナ工事について紹介します。

 

こだわって建てた注文住宅。

 

テレビを視聴するにはアンテナの他にも、ケーブルテレビや光回線などがありますが、

 

最もお得に視聴するなら「テレビアンテナの設置」が一番おすすめです。

 

しかし、気になるのは”見た目の問題”。

 

「テレビアンテナのせいで外観が台無し・・・」

「アンテナで視聴したいけど見た目が気になる・・・」

 

そんな工事を避けるためのポイントをこの記事で解説します。

 

(画像:アーキホームライフ公式HP

 

 

 

アーキホームについて

アーキホームの住宅の特徴「アンテナはどうする?」

アーキホームは2005年創業の関西を中心に展開する住宅会社です。

 

家を作るブランド=ハウスメーカーという言葉が浮かびますが、アーキホームは”住宅会社”とうたっています。

 

なぜなら、家を建てる”工務店”とお客様らしいプランを描く”設計事務所”のいいとこどりを実現されたお客様に寄り添う家づくりを目指しているからです。

 

 

アーキホームの家づくりは、設計士が一から打ち合わせに参加し、他社では難しかった条件も叶えてくれる親身な企業です。

 

 

また、すべての棟に標準で長期保証が付いていたり、24時間受付コールセンターが利用でき、アフターメンテナンスの面でも安心できる会社です。

 

さらに、アーキホームの住宅の特徴として、光・熱・風など、自然の力を上手く使ってより快適な住宅をつくる“パッシブデザイン”を取り入れながら住宅設計を行い、快適な暮らし・住まいを提案しています。

 

 

2026年は関西No.1、2031年には全国出店を目指す、魅力・パワーあふれる注目の住宅会社です。

 

 

 

アーキホームの戸建ておすすめのテレビ視聴方法

アーキホームの戸建ておすすめのテレビ視聴方法

そんな魅力あふれるアーキホームで新築を建てたら、引っ越し前に決めておくべきことがあります。

 

それは、「テレビは何で見るか」問題。

 

テレビの視聴方法は主に以下3つ⇩

①テレビアンテナを設置する

②ケーブルテレビを契約する

③光回線のテレビサービス(オプション)を利用する

 

 

①のアンテナは100年ほど以上前から存在し、改良や進化を重ねながら今もなお多くの家庭で利用されている優れものです。

 

3つの方法の中でも最も一般的で人気のテレビ視聴手段です。

 

人気のワケは、コストパフォーマンスが高い点です。

 

地デジアンテナであれば一度取り付けてしまえばランニングコストはかからずに視聴することができます。

 

「もっといろいろな番組を見たい!」という場合は、パラボラアンテナ(BS/CSアンテナ)を取り付け、有料放送を契約することもできます。

 

 

自分や家族の視聴スタイルによってカスタマイズでき、よりコストをかけずにテレビを見ることができるのが人気の理由です。

 

 

新築でアンテナを取り付ける場合、デザインアンテナやユニコーンアンテナといったデザイン性の高い商品が人気です。

 

「八木式アンテナは古くさい・・・」というイメージを持つ方も多いですが、設置箇所は屋根上だけでなく外壁や破風板設置など目立たない工夫を施した設置も可能です。

 

 

弱電界地域(電波が弱い地域)やどうしても電波がうまく受信できない(自宅周辺に高層物があるなど)場合を除けば、一番おすすめのテレビ視聴方法です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続いて、②ケーブルテレビを契約する方法について紹介します。

 

ケーブルテレビは、電柱を伝わってきたケーブルを直接自宅に引き込む必要があります。

 

なので戸建てでケーブルテレビを利用する場合、ケーブル工事が必要になります。

 

ネットや電話で契約すればすぐに視聴できるわけではないので注意しましょう。

 

また、一般的に予約をしてから工事日まで一カ月ほど時間がかかります。

 

「新築を建て引っ越し日まで時間がない!」という方はその日に設置してくれる即日対応のテレビアンテナ業者を利用がおすすめです。

 

 

アンテナ業者は比較的予約が取りやすく、即日工事を受け付けていることも多いです。

 

ケーブルテレビは地中や電柱を伝わってきたケーブルで視聴するため、天候に左右されず安定的に視聴できる点はメリットと言えるでしょう。

 

しかし、地震などの災害で電柱が倒壊した際は復旧にかなり時間がかかると言われています。

 

また、大前提として契約している限り、あまりテレビを見ない月でも変わらず月々の支払い料金が発生します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続いて光回線のテレビサービス(オプション)を利用する方法を紹介します。

 

多くの家庭で利用されているインターネットですが、戸建てを建てたらネットの回線工事の手配も必要になります。

 

会社ごとに名称は異なりますが、ソフトバンク光やNURO光などがあります。

 

光テレビも毎月の利用料がかかります。

 

基本料金に加えて、チューナーレンタル料やオプション料金などもかかります。

 

テレビを見ても見なくても金額は変わらず、固定費として月額料金が発生します。

 

この点が、テレビアンテナ設置した場合の維持費との大きな差です。

 

また、利用できる地域も限られているので、インターネットと一緒に契約してしまおうと思っていても必ず対象地域は事前に確認しておきましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

①テレビアンテナ②ケーブルテレビ③光回線の費用早見表⇩

 

テレビ

アンテナ

光回線

※1

ケーブル

テレビ※2

初期費用 30,000円~60,000円

19,800

(戸建て

標準工事)

3,300円

(事務手数料)

月額料金 0円

月額3,850円

+ネット料金

+チューナーレンタル料550円

月額 6,074円

2年間の総額 30,000円~60,000円 

125,400円

+ネット料金

149,076円

※  いずれもプランによって変動します。

※1 ひかりTV 専門チャンネル・ビデオプラン

※2 J:COM TV シン・スタンダード

 

 

テレビアンテナ専門業者を利用した方がいい理由

テレビアンテナ専門業者を利用した方がいい理由

テレビアンテナで視聴すると決めたら、どの業者に設置を依頼するのが良いのでしょうか。

 

新築を建てた場合、ハウスメーカーや工務店を通してテレビアンテナ工事を依頼することもできます。

 

しかし結論を言うと、一番おすすめしたいのが「アンテナ専門業者」です。

 

理由として

料金相場が安い

アンテナの種類が豊富

経験豊富で技術が高い

上記の3つの理由があります。

 

 

下記コンテンツでアンテナ専門業者の実態を詳しく解説します⇩

 

 

料金相場が安い

アーキホームや、その他ハウスメーカーでも、アンテナ工事を依頼できる場合がありますが、基本的にハウスメーカーで依頼するアンテナ工事は割高と考えておきましょう。

 

なぜなら、工事は自社で行わず下請け業者が行うことがほとんどだからです。

 

アンテナ工事を頼まれたときは外部の業者へ委託します。

 

アーキホームが仲介者・紹介者の立場になり中間マージンが発生します。

 

当然、下請け業者を介しているため仲介手数料が発生しているため、料金が高くなってしまうのです。

 

アンテナ専門業者は名のとおり、テレビアンテナを専門に取り扱う業者です。

 

ここでは、工事員や、アンテナ本体アンテナ設置に使用する資材などを一貫して扱う業者を”アンテナ専門業者”と呼ぶことにします。

 

専門業者はアンテナのみを取り扱うことで、余計なコストをかけずに安さを実現しています。

 

 

アンテナの種類が豊富

アンテナの専門業者であれば、雨や風に強いアンテナや、融雪機能が付いているアンテナ、さらには錆に強い素材のアンテナまで取り揃えられています。

 

アンテナひとつとってみても、種類はいろいろ。

 

最近はデザインアンテナやユニコーンアンテナといったおしゃれな地デジアンテナが登場し、スタイリッシュなデザイン性の高いテレビアンテナが主流です。

 

そんな中、ハウスメーカーや工務店のテレビアンテナ工事は、八木式アンテナしか取り扱いがないことがあります。

 

八木式アンテナは性能が高く、高さを出して設置できるため電波を受信しやすく、電波が弱い環境にも強いアンテナです。

 

しかし、電波が弱い地域でない限り、最初からデザインアンテナやユニコーンアンテナを選択肢から外す必要はありません。

 

多少電波が弱くても、ブースター(電波の増幅器)を取り付ければデザインアンテナでも問題なく受信することができます。

 

八木式アンテナなら電波を受信できる確率が高いので、ハウスメーカーのアンテナ工事は初めからその一つ(八木式アンテナ)の選択肢しかないのでしょう。

 

アンテナ専門業者であれば、種類や設置場所など直接相談しながら決めることができます。

 

 

経験豊富で技術が高い

アンテナ業者に在籍するスタッフはアンテナ工事に精通している為、技術が高く安心して利用できます。

 

ハウスメーカーで行うアンテナ工事は下請け業者が行うため、どんな人が工事するか分かりません。

 

業者によってはアンテナ工事だけでなく、エアコン工事など電気工事全般を請け負う業者も存在します。

 

アンテナは外観にも影響されるため、難しい屋根裏設置なども安心して頼める経験のあるスタッフに依頼した方が良いでしょう。

 

また、最も一般的なテレビの視聴方法は”アンテナ”ですが、電波を受信できないといった場合はやむを得ずケーブルテレビやひかりテレビを利用せざるを得ないこともあります。

 

 

アンテナ業者に依頼し電波受信できない場合は、料金がかからないこともあります。

 

電波が弱いと言われる地域に住んでいても、諦めずにダメ元でアンテナ設置を依頼してみるのも一つの手段です。

 

みずほアンテナでは、設置時に電波を受信できなかった場合はキャンセル費用などはかかりません。

 

 

 

アンテナ工事は”専門業者”に依頼しよう

アンテナ工事は”専門業者”に依頼しよう

アンテナ専門業者の利用をおすすめする理由は以下3つ⇩

 

 

テレビの視聴方法をテレビアンテナに決めたら、入居日までには工事を終えておくのがおすすめです。

 

アンテナは設置したその日からすぐにテレビを視聴することができ、工事の予約も取りやすく中には即日工事を行う業者も。

 

ハウスメーカーのテレビアンテナ工事は10万近くするといったクチコミも見受けられます。

 

 

専門業者によるアンテナの新規設置費用平均⇩

アンテナ種類

新規設置費用平均

八木式アンテナ

35,555円(税込)

デザインアンテナ

40,291円(税込)

BS/CSアンテナ

27,617円(税込)

4K8Kアンテナ

48,271円(税込)

 

 

安く、そして理想のアンテナを取り付けるためには自分で手配したアンテナ専門業者の利用がおすすめです。

 

 
 
 

アーキホームの新築でおすすめのアンテナ

アーキホームの新築戸建てでおすすめのテレビアンテナは?

デザインや外観にこだわって建てた新築におすすめのテレビアンテナを紹介します。

 

テレビアンテナと一言に言っても種類は様々です。

 

設置するアンテナによって視聴できる番組も異なります。

 

大きく分けてアンテナは、地デジアンテナBS/CSアンテナに分けられます。

 

地デジアンテナはNHKや広域民放(フジテレビや日テレなど)の電波を受信できるアンテナで、

 

BS/CSアンテナはWOWOWやスカパー!などの衛星放送の電波を受信できるアンテナです。

 

地デジアンテナは必ず取り付ける方が多いですが、BS/CSアンテナはより専門的な番組を見たい方にお勧めのアンテナです。

 

ここではアーキホームの素敵な新築におすすめのアンテナの種類をご紹介します。

 

 

デザインアンテナ

デザインアンテナ

デザインアンテナは地デジ用のアンテナです。

 

少し前は地デジアンテナと言えば、魚の骨のような形をした八木式アンテナが主流でした。

 

デザインアンテナの性能は八木式アンテナとほぼ変わらず、高い機能を持ちます。

 

また、アンテナには見えないと言われるほどデザイン性が高く、見た目が良いのも人気の理由です。

 

カラーも豊富で、白・黒・ベージュ・ブラウンの4色展開。

 

ハウスメーカーや家電量販店のアンテナ工事では、色の選択肢が限られていケースがあるようなので、カラーまでこだわりたい方はアンテナ専門業者に依頼するのがおすすめです。

 

デザインアンテナとは?メリット・デメリットや失敗事例、取り付け方を解説

 

 

ユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナは2017年に登場した新型の地デジアンテナです。

 

カラーは白と黒の2色で、マットな質感を持ち高級感があります。

 

標準的なユニコーンアンテナ設置場所は破風板や外壁です。

 

サイドベースという取り付け金具を用いて屋根上に少し顔を出すような形で設置されます。

 

高さを出して設置できるので、外壁に設置するデザインアンテナでは受信できないケースで用いられることが多いです。

 

ユニコーンアンテナとは?特徴、メリット・デメリット、設置方法について解説!

 

 

 

BS/CSアンテナ

BS/CSアンテナ

BS/CSアンテナは上記2つの地デジアンテナとは異なり、衛星放送を受信するためのアンテナです。

 

新築のアンテナ工事の場合、地デジと衛星放送の2つのアンテナを同時に設置することで、時間をかけずにお得に設置することができます。

 

なぜなら、BS/CSアンテナを設置する場合、ケーブルやブースターなどアンテナの周辺機器もBS/CSの電波に対応したものを使用する必要があるからです。

 

地デジアンテナのみの工事であれば、地デジ用のものが使用されます。

 

あとから「やっぱりBS/CSアンテナを付けよう!」となると、周辺機器の取り換えが必要になるので、新たにアンテナを設置する新築アンテナ工事の場合は2つ同時に取り付けるのがおすすめです。

 

 

カラーは3色展開。

 

ベージュカラーはなんとみずほアンテナ限定カラーとなっています。

 

 

BS/CSアンテナとは?設置方法、おすすめ製品、価格相場を解説

 

 

 

みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介!

みずほアンテナでは年間3万件以上のアンテナ工事を行っています。

 

その中でも新築の戸建てを建てたお客様からのご依頼が多数。

 

新築ならではの配線・配管状況に詳しい資格を持つアンテナ工事員が参ります。

 

ここでは、みずほアンテナが行った新築におけるアンテナ工事を一挙ご紹介します。

 

 

滋賀県大津市南志賀 デザインアンテナ屋根裏設置

みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介

滋賀県大津市の新築住宅のアンテナ工事の様子です。

 

お電話お問い合わせ時から外観に合うベージュカラーのデザインアンテナをご希望でした。

 

工事当日、屋根裏の電波測定を行ったところ問題なく視聴できる数値でしたので屋根裏設置を提案させていただきました。

 

外観の影響が全くないので新築の方に大人気の設置方法ですが、屋根裏設置は技術が必要です。

 

みずほアンテナのスタッフはどのスタッフも屋根裏設置対応可能ですので、ご気軽にお申し付けください。

(※電波環境により屋根裏には設置できない可能性もあります。)

 

 

 

京都府京都市右京区 デザインアンテナ外壁設置

みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介

デザインアンテナを3階バルコニーに設置した様子です。

 

京都市は景観協定の影響でアンテナの取り付けに関して規定がある地域もあります。

 

みずほアンテナでは、地域担当の工事スタッフが在籍しているのでその土地のアンテナ事情に詳しく、相談しながら工事を進めるK十ができます。

 

見た目や電波事情など、不安なことは何でもご相談ください。

 

 

 

 

大阪府堺市東区 デザインアンテナ外壁設置

 みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介みずほアンテナによる新築戸建てのアンテナ工事を紹介

外観に合うブラックのデザインアンテナを取り付けた様子です。

 

玄関上と正面に取り付けましたが、おしゃれな仕上がりに大満足のお客様でした。

 

真横に入線口があるので、配線距離の最短で済み理想の配線が叶いました。

 

 

 

 
 

アーキホームのアンテナ工事はみずほにおまかせ!

みずほアンテナ対応エリア

関西を中心に人気の住宅会社、アーキホームで新築を建てた方に是非利用していただきたいです。

 

みずほアンテナは全国各地に営業所を構えていますが、どの地域も専属のスタッフが在籍しています。

 

関西エリアの場合、みずほアンテナ大阪営業所のスタッフが参ります。

 

みずほアンテナ大阪営業所のGoogleクチコミは301件中★4.9(2024年2月時点)と非常に高く、信頼度も高いと言えるでしょう。

 

年中無休なので、急ぎの方も即日予約ができれば当日に駆け付けることも可能です。

 

実は新築に引っ越してきて初めてアンテナの存在を知る方も多く、「テレビの存在を忘れていた!」「すぐに取り付けなきゃ!」と慌ててご依頼いただくことも。

 

年中無休なのでアフターサービスもいつでもご利用でき、標準保証も10年と安心のサポート体制です。

 

こだわりの注文住宅。

 

みずほアンテナのとことん見た目にこだわったアンテナ工事を是非体感していただきたいです。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みずほアンテナ(@mizuho_antena)がシェアした投稿

 

まとめ

アーキホームのテレビアンテナ工事について

いかがでしたか。

 

外観だけでなく、内装や機能性も高いアーキホームのご住宅。

 

大切なマイホームのことはとことんこだわりたい、そんな方におすすめなのはデザインアンテナやユニコーンアンテナです。

 

電波環境によっては全く外観に響かない屋根裏設置ができることも。

 

大事なのは技術の高いアンテナ業者の選定です。

 

ハウスメーカーから案内されたアンテナ工事は、どんな業者が行うか分からないため利用しない方が無難です。

 

アンテナ専門業者であれば、品ぞろえも豊富で技術も高いので安心して利用できるでしょう。

 

最新アンテナを取り揃えたみずほアンテナの無料相談窓口はこちら

 

 

ー関連記事ー

【【保存版】新築戸建てのテレビアンテナ工事を解説|設置・費用・タイミングなど】

【ケーブルテレビと光回線の違いを解説!メリットデメリットやおすすめを紹介】

 


みずほアンテナ編集部
年間3万件以上の施工実績を誇るみずほアンテナの専門チームがテレビアンテナ工事について初心者の方にも分かりやすく解説します。

人気記事


新着記事


お急ぎの方もスピーディに対応します