スターリンクアンテナ(Starlink)とは?何が違う?仕組みや受信方法を解説!

公開日 2022/11/16

スターリンク(starlink)とは衛星コンステレーションの事です。

 

コンスタレーションは星座ですが、ここでは“点と線で連なっているもの”を意味しています。

 

スターリンクはたくさんの衛星が連なっている為“衛星コンステレーション”と呼ばれています。

 

スターリンクはインターネット用の衛星で、スターリンクアンテナを設置すると個人でも人工衛星を用いたインターネット通信を利用できます。

 

日本でのサービス提供は始まったばかりですので、今回はスターリンクアンテナの基本的な事をご紹介します。

 

 

 

 

 

スターリンクアンテナとは?

スターリンクアンテナとは?

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクアンテナ」とはどういうもので、設置することで何が出来るのでしょうか。

 

ここでは開発元やこれまでの人工衛星との違い等をご説明します。

 

 

 

 

スターリンクアンテナについて

スターリンクアンテナとは?

(画像引用元:Starlink

 

 

「スターリンクアンテナ」はスペース・エックス社(SpaceX)と呼ばれているスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(Space Exploration Technologies Corp.)によって開発されました。

 

スペース・エックス社はアメリカの航空宇宙メーカーで、CEOがイーロン・マスク氏である事、民間企業として初めて有人宇宙飛行を成功させた事等が知られています。

 

スペース・エックス社は宇宙輸送サービス等広く事業展開しており、「スターリンクアンテナ」は衛星インターネット事業による産物です。

 

スペース・エックス社が打ち上げたインターネット用の人工衛星(スターリンク)との送受信に用いるアンテナが「スターリンクアンテナ」です。

 

スペース・エックス社による衛星インターネットの本来の目的は、ネットが繋がりにくい山間部や離島、飛行機や船舶等の移動中に回線を提供する事でした。

 

実際にはさらに幅広く利用され、大規模災害等によりインターネットに接続できない不測の事態に向けた予備回線としても重宝されています。

 

 

 

 

これまで人工衛星との違い・仕組み

スターリンクアンテナとは?

(画像引用元:Starlink

 

 

これまでインターネットに関しては宇宙ではなく地上や地中に目が向けられ、海底ケーブルや光ファイバー等インターネットには有線ありきでした。

 

それに対して「スターリンクアンテナ」は、アンテナを設置した個人が宇宙にある人工衛星と直接繋がります。

 

大きな災害でインフラに影響が出ても、通信圏外の場所でも、スターリンクアンテナさえ設置すればインターネットを利用することができます。

 

ではなぜ今まで人工衛星はインターネットに利用されなかったのでしょうか。

 

それは主に衛星との距離衛星の速度が理由です。

 

現在の人工衛星は地上36,000kmにあり、インターネット通信には時間がかかり過ぎると考えられていました。

 

スターリンク(インターネット用の衛星)は地上550kmにあり、これまでの人工衛星と比較してかなり地上に近い距離です。

 

また、現在の人工衛星は地球の回転と同じ24時間周期で移動しており、地球からは静止しているように見え、パラボラアンテナは24時間365日一基の衛星から受信しています。

 

スターリンクアンテナとは?

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクは超高速で移動しており、一基の衛星とスターリンクアンテナが送受信できる時間は約4分とされています。

 

アンテナが一基の衛星の対象範囲から外れると次の衛星の対象範囲へと移っていき、衛星は替わっても通信が途切れない仕組みになっています。

 

 

 

 

 

スターリンクのメリット・デメリット

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクアンテナを利用したインターネットには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

 

メリット

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクアンテナを利用したインターネットには各国の許可が必要ですが、理論上はアンテナを設置できれば地球上全ての場所で利用できます。

 

山小屋や離島等光回線の通信サービス対象外の場所でも、大きな災害が起きて電信柱が倒れたり電線が切れたりしても全く影響ありません。

 

スターリンクアンテナの利用は、アンテナを設置してスマホ等でWi-Fiを設定するだけですので30分程度でオンラインになります。

 

パラボラアンテナの方向調整は難しいですが、スターリンクアンテナには自動調整機能があるので心配ありません。

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

 

 

デメリット

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクアンテナは空への視界が開けた場所に設置する必要があります。

 

アンテナが方向を自動調整する為、周囲のものと接触しない余裕のある場所が適しています。

 

スターリンクアンテナには種類がありますが、一般家庭で使用される種類のサイズは下記の通りです。

 

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

~当初のモデル~(円型

直径58.9cm、7.3kg、高さ64.5cm

 

~後発のモデル~(角型

50✕30cm、4.2kg、高さ61cm

 

 

開けた土地であれば受信設定は容易ですが、周辺に建物などの受信を妨げる障害物がある密集地では本体を高所に取り付ける必要があるため、設置に危険を伴う可能性があります。

 

 

 

 

 

スターリンクの受信方法

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクとの送受信の方法、スターリンクアンテナの種類や費用、取り付け位置・方法等をご説明します。

 

 

 

 

受信方法

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクキットを購入して手元に届いたあとの手順になります。

 

先にアンテナを最適な場所に設置して電源を入れましょう。

 

 

 

手順①アプリをインストールする

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

iOS版、Android版の「Starlinkアプリ」があるので各自インストールします。

 

アプリでは設定や更新を行うだけでなく、ダウンロードの速度や遅延、稼働速度等がリアルタイムで表示されます。

 

ちなみにアプリはスターリンクアンテナの購入に関わらず利用できるので、購入前にアンテナを設置したい場所の通信状態をアプリで確認する事ができます。

 

 

 

手順②アプリを起動する

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

アプリに表示される指示に従い、アンテナ上空の可視性を確認します。

 

アプリをスマホにインストールした場合、スマホのカメラ機能を起動してアンテナ設置場所で360°上空をスキャンします。

 

可視範囲に十分な衛星(スターリンク)があるか確認する為です。

 

ここまで行うとあとはスターリンクアンテナが自動で方向を調整します。

 

30分を目処に待機してオンラインになったか確認しましょう。

 

 

 

 

アンテナの種類

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

 

 

種類①STARLINK 標準

スターリンクのメリット・デメリット

(画像引用元:Starlink

 

 

用途:家庭でのストリーミング、ビデオ通話、オンラインゲーム等の日常的なインターネット利用

 

備考:スターリンクキットには「アンテナ本体(スターリンク)」、「台(ベース)」、「Wi-Fiルーター」「電源コード」「接続ケーブル」等の一式が付いてくる。

 

 

 

種類②STARLINK ビジネス

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

用途:仕事や企業等での大容量のインターネット利用

 

備考:アンテナ機能は「STARLINK 標準」の2倍以上の高性能でより多くの衛星に接続できる。アンテナ基の耐性が強化され、自然界のより厳しい環境で使用できる。

 

 

 

種類③STARLINK FOR RV

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

用途:自動車等の移動中のインターネット利用

 

備考:強化されたGPSを搭載したアンテナで移動中のインターネットも高速で低遅延に利用できる。日本では2022年12月からの利用開始見込みで、現在は予約受け付け。

 

 

 

 

費用相場

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

上記種類①に挙げた「STARLINK 標準」の場合をご紹介します。

 

スターリンクアンテナはアンテナ本体やケーブル等のバラ売りはなく、一式を購入することになります。

 

一式の価格は税込73,000円です。

 

毎月のインターネット利用料金は税込12,300円です。

 

12,300円は契約時の住所のみで利用する場合で、契約住所以外に持ち出して使用したい場合は一箇所につき月額2,800円が加算されます。

 

また設置方法は至って簡単ですが、アンテナの設置場所が高所や狭所の場合には専門業者に取り付けを依頼したほうが安心です。

 

その際には別途、工事費用が発生します。

 

なおスペース・エックス社は設置サービスを担っておらず、日本ではテレビアンテナ業者が請けています。

 

 

 

 

取り付け位置・方法

スターリンクの受信方法

(画像引用元:Starlink

 

 

「STARLINK 標準」はアンテナ本体、Wi-Fiルーター、電源コード、接続ケーブル等全ての機器がケーブルで繋がれた状態で届きます。

 

つまり各ケーブルが緩みなくきちんと挿し込まれているか確認するだけで、すぐにアンテナ設置に取り掛かることができます。

 

素人でも問題なく設置できそうですが、注意しなければならない点があります。

 

一つはケーブルの処理です。

 

長さ約30mで太くて頑丈な作りの為に扱いづらく、屋外のアンテナと屋内の電源を繋ぐ際の通す場所の見極めや処理が困難です。

 

さらに当初のスターリンクアンテナモデル(円型)の場合、ケーブルの替えがきかず破損したら全てを買い替える事になります。

 

注意点の二つ目はアンテナの重量です。

 

当初のモデル(円型)は7.3kg、後発のモデル(角型)は4.2kgあります。

 

衛星放送のパラボラアンテナと異なりスターリンクアンテナはお椀型ではなくテーブルのような姿形で重量感のあるデザインです。

 

当然ですが丁重な扱いが求められますので、設置場所や取付け方法等に少しでも不安を感じたら専門業者へ依頼しましょう。

 

 

 

 

 

スターリンクの設置ならみずほアンテナ

 

みずほアンテナは業界で初めて“スターリンクアンテナの取付け工事”を開始しました。

 

スターリンクは個人でアンテナを設置し利用できる手軽なインターネットですが、場合によっては業者へ依頼する事が賢明です。

 

アンテナの設置には空への視界が開けている場所、アンテナの周囲に接触するものがない場所が適しています。

 

お住まいの環境によっては屋根の上が最適です。

 

上階のベランダやバルコニーに取り付けても、東西南北いずれかに電波を遮るものがあると一時的に通信が途切れる可能性があります。

 

屋根の上等の高所作業はみずほアンテナへお任せください。

 

みずほアンテナはアンテナ専門業者で、高所作業や取付工事には高い技術や多くの経験を誇っており“丁寧な施工”に好評をいただいています。

 

スターリンクの太く頑丈なケーブルも美しく丁寧に処理します。

 

※お客様ご自身で本体の購入や契約を行っていただき、取り付け工事やセットアップを代行させていただきます。

※個人向けサービスだけなく法人向けサービスもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

まとめ

(画像引用元:Starlink

 

 

スターリンクは現行のインターネットの通信環境に恵まれていない地域の方にとって、待ちに待った製品に違いありません。

 

人工衛星を利用したインターネットは現在珍しいかも知れませんが、地震や洪水等の自然災害の多い日本に適しているサービスです。

 

実際にスターリンクアンテナの利用者の中には災害時のサブ回線として契約している方もいらっしゃいます。

 

設置できるか不安で購入を迷われている方、スターリンクアンテナを購入して実際に手元に届いたら想像以上の重量で設置に不安を覚えた方、ぜひみずほアンテナへご連絡くださいませ。

 

みずほアンテナが最適な場所に安全に設置いたします。

 

 

 

 

ー関連記事ー

2022年11月10日 東京都板橋区南常盤台N様邸 スターリンクアンテナ設置工事

人気記事


新着記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

みずほアンテナ工事対応エリア一覧

お客様のお住まいもしくはアンテナを設置されたい都道府県をクリック頂くとより詳しいご案内がございます。

関東エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
関西エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
東海エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
九州エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
中国エリアの方はこちらから
ご覧くださいね