クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

名古屋市中区地域に関する写真一覧

続きを見る

名古屋市中区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 名古屋市中区のアンテナ工事・設置・取り付け情報

    名古屋市中区(なかく)は、名古屋市を構成する16区のうちのひとつです。名古屋の城下町は碁盤の目のように区画され、そこへ「清須越」の家々が引越しをしました。その町割りは、城の付近には大きな武家屋敷を置き、外堀から南は商家を中心に寺社をところどころに配置して、外側には小身の武士の家や大きな寺社を置き、有事には寺社を砦にして武士が立てこもれるようにしました。このような周到な計画により、まち全体が城塞としての役割を果たすとともに、武士、商人、職人などがそれぞれ同業種ごとにまちをつくり、戦火のない安定した経済活動がその後の反映の基礎を築いていきました。ちなみに、幕末頃の名古屋の人口は約10万人で、江戸、大阪、京都に次ぐ、日本第4位の都市でした。なお、「清須越」当時の碁盤割のまちのほとんどは現在の中区内です。1908年(明治41年)41日に4区制施行した時から存在していて、1937101日に一部が中村区となりました。1944年(昭和19年)21日に栄区(さかえく)を分区したが、翌年113日に編入されています。名古屋市の中核に位置する区で、栄三丁目周辺には有名なデパート(三越、松坂屋)など商業施設が集中し、その南には電気街として有名な大須があります。また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁、名古屋市役所などの行政機関が集中していて、伏見駅から栄駅の間、または丸の内駅から久屋大通駅にかけての桜通、錦通、広小路通では金融機関が林立しており、名古屋における都市銀行や地方銀行の拠点がこれらの通りに面している所に集中しています。名古屋市中区の総人口は87,302人(推計人口、201841日)となっていて、名古屋市中区の放送受信契約数は45,822件で、衛星契約数は、23,587件となっています。

    新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。