クレジットカード他
簡単スピード見積
LINE
メール
           クレジットカード他
通話無料
無料相談はコチラ
テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 愛知県 > 愛知県長久手市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例
長久手市の地デジアンテナ工事
長久手市の地デジアンテナ工事

長久手市のアンテナ工事

愛知県長久手市にて、地デジ・テレビアンテナ工事・設置・取り付けをご検討の方は、地デジアンテナ工事専門店【みずほアンテナ】にお任せください。豊富な実績と安心の10月年保証でフォローいたします!クレジットカードにも対応しており、ご相談・お見積りは無料です。
長久手市は、名古屋市の東側に位置し、尾張旭市、瀬戸市、豊田市、日進市とも隣接しています。市の面積は21.55㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、市の人口は60,204人、世帯数は24,833世帯、人口密度は2,794人/㎢です。


長久手市のアンテナ工事の料金

  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

愛知県長久手市の施工事例

もっと見る



長久手市のみずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜

既存アンテナ修理

10,000円〜

既設アンテナ撤去工事

5,000円〜


業界最安値の
詳しい工事料金はこちら

愛知県長久手市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

愛知県長久手市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット


BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

長久手市のテレビアンテナ工事施工事例

長久手市下田 デザインアンテナ外壁設置

こちらはデザインアンテナを外壁に設置した施工例です。アンテナは地上にある電波塔へ向けて最適な場所に設置しました。ケーブルも丁寧に処理して室内へ引き込みました。ブースターの本体部はアンテナの裏側に取り付けました。

長久手市菅池 デザインアンテナ屋根裏設置

こちらはデザインアンテナを屋根裏に設置した施工例です。ブースターなどの機器類も屋根裏に設置して、ご邸宅の外観へ影響を与えることなくアンテナを設置することができました。サービスでチャンネル設定を行い、綺麗なテレビ映りを確認しました。

長久手市小深 デザインアンテナ+4K8KBS/CSアンテナ外壁設置

こちらはデザインアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナを外壁に設置した施工例です。ご新築のまっさらな壁面と新しいアンテナが青空に映えています。2種類のアンテナの色を揃えて一緒に設置することでアンテナが影を潜めました。


長久手市のテレビの電波事情

長久手市でテレビアンテナ工事を行う場合、基本的には瀬戸市にある瀬戸デジタルタワー(名古屋局)から受信します。瀬戸デジタルタワーからは東海テレビ(THK)、NHK教育、NHK総合、中京テレビ(CTV)、中部日本放送(CBC)、名古屋テレビ(メ~テレ)、三重テレビ放送(MTV)、テレビ愛知など7つのテレビチャンネルを受信できます。

上記の中で「テレビ愛知」は、愛知県を対象としたテレビ放送局となっています。テレビ東京系列のテレビ局でゴールデンの放送枠で全国放送の番組も視聴可能です。さらに、高校野球の地方予選や地元の情報番組など地元ならではのコンテンツが楽しめます。


 



(画像引用:A-PAB「放送エリアのめやす」


 


長久手市は瀬戸デジタルタワーから距離が近いこともあり、全域が電波受信範囲内で電波状況も良好です。したがって、地デジアンテナを設置することで基本的にはアンテナしたテレビ視聴が望めます。

しかし、地デジ電波は電波の受信範囲内だからと行って、必ずしも電波状況が良好なわけではありません。

長久手市は名古屋市のベッドタウンとして発展しており、マンションやアパートなど背の高い建物が建っていたり戸建てが密集しているエリアもあります。電波塔がある方向に三階建て以上の建物がある、高層ビル・マンションが近くにあるといいたケースでは、電波の遮断や電波が乱反射することにより電波が取りにくくなるケースもあります。これらは、背の高い建物の位置によっても変わってきますので、個別で電波状況を確認する必要があります。高所に建てられる八木式アンテナの設置やブースターの設置などで、問題なく電波を受信できる場合もあります。そのため、環境に合ったアンテナ選び最適な場所に設置することが大切です。優良なアンテナ専門業者であれば、電波環境などをしっかり調べた上で解決策や最善策を提案してくれるでしょう。


 

愛知県でおすすめのアンテナ工事業者と費用の相場

長久手市について

長久手市は、名古屋市の東側に位置し、尾張旭市、瀬戸市、豊田市、日進市とも隣接しています。市の面積は21.55㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、市の人口は60,204人、世帯数は24,833世帯、人口密度は2,794人/㎢です。1989年(平成元年)に3万人だった人口は、2011年(平成23年)には5万人を突破し、現在では6万人を超えています。名古屋に隣接した市の西部は住宅地や商業施設などが多く都市化が進んでいる一方、市の東部は豊かな自然が残っており、市街化された都市と田園風景との両面を併せ持っています。長久手市へ車でアクセスする場合、東名高速道路名古屋ICや名古屋瀬戸道路長久手ICが近くに設置されており、鉄道を利用する場合、市の中央部を東部丘陵線(リニモ)が走り、西は地下鉄藤が丘駅、東は愛知環状鉄道八草駅と乗り換えもでき、いずれも交通の便に恵まれています。2012年(平成24年)の市制を施行する前、長久市が長久手町だった頃の2005年(平成17年)、磁気浮上式鉄道である愛知高速交通東部丘陵線(愛称リニモ)が開通し、日本国際博覧会(愛称「愛・地球博」)が開催され、長久手会場となった場所は、現在、愛・地球博記念公園(愛称「モリコロパーク」)として市民の癒しの場所になっています。市内には、トヨタ博物館が建っています。トヨタ博物館では、世界の自動車とクルマ文化の歴史を楽しく学ぶことができます。「クルマ館」では19世紀末のガソリン自動車誕生から現代までの自動車の歴史を日米欧の代表的な車両約140台を一望でき、乗用車を軸に体系的に展示構成し、ほとんど全ての車両は走行可能な動態保存をしています。「文化館」のクルマ文化資料室では“移動は文化”をテーマに、ポスターや自動車玩具、カーマスコットなど自動車にまつわる文化資料、約4,000点が展示されています。 長久手という地名が歴史に登場するのは、西暦750年「正倉院文書」の「尾張国山田郡石作郷」、続いて9世紀成立の古窯跡からの出土物に「大草」の文字が見られます。以降、14世紀成立の三河国如意寺の「親鸞絵伝」や16世紀の「信雄分限張」に「尾州弥作久」「長くての郷」が散見され、その後は1584年以降の「小牧・長久手の戦い」の合戦関連文書にその名が見られます。長久手の地は、言わずもがな、天正12年に徳川・豊臣両氏があいまみえた激戦の地(「小牧・長久手の戦い」)として有名です。「長久手での秀吉軍の敗戦は単なる局地戦の敗戦ではなく、まさに日本の中心である京までも騒乱に堕れる一大事だった」といわれるほど、当時の人々が大騒ぎした大激戦が、天下人2人が直接対決した「小牧・長久手の戦い」です。1584年(天正12年)4月9日、豊臣秀吉と織田信雄・徳川家康連合軍が長久手にて激しくぶつかり合い、秀吉軍の名将池田恒興、長男元助、恒興の娘婿で鬼武蔵と恐れられた森長可が討死、多くの戦死者で血の川がながれたといわれる長久手の合戦は秀吉軍の敗戦に終わりました。この激戦の後、同年11月、秀吉と信雄の間で和議がなされ、8ヶ月にわたる「小牧・長久手の戦い」が終結しました。「小牧・長久手の戦い」は、信長政権から豊臣政権の成立過程を理解する上でも非常に重要なテーマを持ち、家康がのちに江戸幕府を開設していく力を貯えたといわれる大変重要な戦いであったとされます。古戦場公園に存する長久手市郷土資料室で、貴重な資料と触れることができます。資料室の1階には「小牧・長久手の戦い」に関する資料があり、2階には長久手に伝わる「棒の手」などの民俗資料が展示されています。

長久手市のみずほアンテナ事業所・店舗基本情報

店名 みずほアンテナ 愛知営業所
住所 〒490-1136愛知県海部郡大治町花常円楽寺10-1
電話番号 0120-790-837
営業時間 9:00~19:30
定休日 年中無休