テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 愛知県 > 海部郡(愛知県)のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

海部郡のアンテナ工事

愛知県海部郡にて、地デジ・テレビアンテナ工事・設置・取り付けをご検討の方は、地デジアンテナ工事専門店【みずほアンテナ】にお任せください。豊富な実績と安心の10年保証でフォローいたします!クレジットカードにも対応しており、ご相談・お見積りは無料です。
海部郡は愛知県の郡の一つで、名古屋西部に位置しており、現在は、大治町、蟹江町、飛島村の2町1村が属しています。海部郡の面積は40.1㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、人口は75,141人、世帯数は32,734世帯、人口密度は1,874人/㎢です。


海部郡のアンテナ工事の料金

  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

海部郡(愛知県)のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る



一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜


みずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜
業界最安値の詳しい工事料金はこちら
業界最安値の詳しい工事料金はこちら

海部郡(愛知県)のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

海部郡(愛知県)のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング



BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

海部郡のテレビアンテナ工事施工事例

海部郡大治町馬島 UHFアンテナ屋根上設置

こちらはUHFアンテナを屋根の上に設置した施工例です。映像が乱れてテレビが見づらいとご連絡をいただき、UHFアンテナとブースターを新しく交換しました。新たなアンテナも既設アンテナと同様に屋根の上に設置しました。

海部郡大治町堀之内 UHFアンテナ破風板設置

こちらはUHFアンテナを破風板に設置した施工例です。屋根より高い位置にアンテナを設置しました。UHFアンテナは屋根の上に設置するイメージが強いですが電波状況や家の構造により破風板や壁面に設置することもあります。サービスでチャンネル設定を行い、良好なテレビ映りを確認しました。

海部郡大治町中島 UHFアンテナ+4K8KBS/CSアンテナ屋根上設置

こちらはUHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナを屋根の上に設置した施工例です。2種類のアンテナを屋根馬という台に載せてステーワイヤーでしっかりと固定しました。周囲に高木の多い環境でしたが、安定した受信電波を確認することができました。


海部郡のアンテナ工事について

令和元年調査によると海部郡の放送受信契約数は24,080件で、衛星契約数は10,408件です。 海部郡でアンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。 地上デジタル放送をテレビアンテナでご覧いただくためには、地上波用のアンテナ取付工事が必要です。現在、地上波用のアンテナは”デザインアンテナ”と”UHFアンテナ”の2種類からお選びいただけます。また地上波用のアンテナは、お近くの電波塔に向けて電波を受信します。お家が主要の電波塔から距離が離れている場合は、お近くの中継局から電波を受信する場合もございます。電波測定結果からアンテナを向ける電波塔を判断し、設置位置をご相談させていただきます。 4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。海部郡に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。海部郡は、全域対応しております。

海部郡のアンテナ工事のよくある質問

  • 海部郡でお勧めのアンテナは?

    海部郡でお選びいただける地デジアンテナはUHFアンテナとデザインアンテナの2種類がございます。UHFアンテナとは従来のお魚の骨のような形をした屋根上で見かけるアンテナです。一方デザインアンテナとは長方形のスタイリッシュなアンテナです。どちらをお選びいただいても受信性能の差はございません。しかしデザインアンテナは外壁設置用として製造されておりますので、周辺環境から設置に高さを必要とする場合(電波到来方向にビルや山などの高い障害物がある)、高さを出すことができるUHFアンテナの方が受信に適しているケースがございます。 設置するアンテナの種類を迷われている場合は、ご自宅の電波状況から最も適したアンテナを現地にてご提案いたしますので、当日までお悩みいただいて大丈夫です。

  • 海部郡でブースターって必要なの? 

    ブースターが必要かどうかはご自宅の電波状況によって異なります。ブースターとは手のひらサイズの白い箱型の機器で、アンテナで受信した電波を増幅してくれる役割がございます。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で減衰する可能性や各お部屋でテレビが見られるように電波を分配すると減衰してしまう可能性があります。減衰した場合、テレビの映像にノイズが走るといった症状や全く映像が映らないといった症状が出始めます。その場合、アンテナの修理業者を呼んで復旧する必要がございます。以上から、ブースターはあらかじめ電波推移を踏まえて設置を判断します。アンテナ設置時に一緒に付けることによって、不具合が発生した際の時間やコストを抑えることができます。しかし電波数値が良好であればブースターの設置は必要ございませんので、必ず付けなければいけないというものではございません。ブースターの設置が必要かどうかはお伺いした際に、ご自宅の電波数値から判断させていただきます。ご相談の元、工事を進めさせて頂きますのでご安心下さいませ。

  • 支払い方法は現金だけですか?

    現金またはクレジットカード、キャッシュレスサービスからお選びいただけます。カードリーダーをお持ちしておりますので、工事終了後に担当スタッフにどちらかをご提示いただければその場で精算完了となります。クレジットカード会社につきましては、全てのカード会社に対応しておりますのでお好きなものをお選びください。キャッシュレスサービスをご利用の場合はスマホの画面を担当スタッフにご提示ください。どちらの支払い方法をお選びいただいても手数料などお客様の負担はございませんのでご安心くださいませ。 また現金払いのお客様のみTポイントを付与サービスがございますので、ご利用の際はお支払いの際に一緒に担当スタッフにご提出ください。

海部郡について

海部郡は愛知県の郡の一つで、名古屋西部に位置しており、現在は、大治町、蟹江町、飛島村の2町1村が属しています。海部郡の面積は40.1㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、人口は75,141人、世帯数は32,734世帯、人口密度は1,874人/㎢です。 大治町は、濃尾平野の南西部に位置し、南北に流れる一級河川の庄内川、新川と二級河川の福田川の間にあり、東西2.4㎞、南北3㎞のほぼ正方形をしており、面積は6.59㎢です。2021年(令和3年)7月の調査結果によると、町の人口は33,071人、世帯数は14,114世帯、人口密度は5,018人/㎢です。人口密度は非常に高く、名古屋市に次いで県下2位の数値です。町の周囲を名古屋市中村区、中川区、あま市が囲み、名古屋駅まで約5㎞、公共交通機関で20分と立地条件に恵まれ、名古屋市のベッドタウンとしての機能を担っています。1960年(昭和35年)に5千人程度だった人口が、住宅の開発などにより人口が増加し、現在では3万人を超えています。町内に鉄道は通っていませんが、名古屋市営バスと名鉄バスが多数運行されており、名古屋市までの交通の便は良好です。1889年(明治22年)、12の村(現在の大字)が合併して、大治村が誕生しました。誕生当時の大治村の人口は4,649人、戸数は877戸で海部地方屈指の規模でしたが、それ以降、合併を一度も行われず、変化の少ない純農村時代が長く続き、1975年(昭和50年)の町制施行により大治村へ移行しました。大治町の特産品は、赤シソ、ほうれん草、モロヘイヤ、かぼちゃなど多くの野菜がありますが、中でも赤シソは、大治町の東部(主に庄内川の河川敷)で多く栽培されており、「大治のシソ」としてブランド化に成功しています。「大治のシソ」は葉色が他のシソより濃い特徴があり梅を漬けるには最適で、この特徴を生かしたシソジュースは有名です。また、「かぶとまい」と名付けられた米のブランド化にも成功しています。 蟹江町は、愛知県の西南部に位置し、東は名古屋市、北は津島市、あま市、西は愛西市、南は弥富市に接しています。町内には蟹江川・日光川・福田川が南北に流れ、それぞれが伊勢湾に注いでいます。町の面積は11.09㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、人口は37,299人、世帯数は16,844世帯、人口密度は3,363人/㎢です。町内の全域が海抜0m地帯であり、大小の河川面積が総面積の5分の1を占めています。町内の鉄道は、JR関西本線と近畿日本鉄道が走っており、JR蟹江駅、近鉄蟹江駅・富吉駅が設置されています。JR蟹江駅から名古屋駅までは約10分の距離で結ばれています。町内にある「蟹江城址」は現在、石碑と井戸だけが建っていますが、蟹江城は永享年間(1429~1440年)に北条時任により築城され、1584年(天正12年)の蟹江合戦において織田・徳川連合軍により落城した歴史を持っています。「カニエ」と名づけられた地名が、初めて文献に表されたのは、1215年(建保3年)「水野家文書」の中からといわれています。そのころの蟹江は、一面海に囲まれた土地で、「蟹江郷」や「富吉荘」という名称でしたが、海辺に柳が茂り多くの蟹が生息していたことから「蟹江」と呼ばれるようになったと伝えられています。現在、町内には富吉温泉があり、富吉の名前は残っています。町内には尾張温泉もあり、尾張温泉は日本の名湯百選に選ばれています。 飛島村は、愛知県の西南部、海部郡の南東端に位置し、東は日光川の中央を境とし蟹江町・名古屋市港区に、西は筏川の中央を境とし、北は弥富市にそれぞれ隣接し、南は伊勢湾の最北部に面しています。飛島村の面積は約22.42㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、村の人口は4,771人、世帯数は1,776世帯、人口密度は213人/㎢です。村の北部は農村地帯、南部は臨海工業地帯となっており、昔ながらの田園風景と名古屋港を中心とした貿易の拠点としての機能が共存しています。農村地帯では、水稲・麦・露地野菜・温室野菜・花卉等の栽培が盛んに行われ、一部では金魚の養殖も行われています。臨海工業地帯には、輸送関連会社・倉庫会社・木材関連事業所・鉄鋼関連事業所・火力発電所などが立地しており名古屋港の物流の重要な地域となっています。村の人口は5千人足らずですが、昼間人口は1万5千人に達しているといわれ、他の自治体から村内の臨海工業地帯への通勤者の多さを窺い知ることができます。臨海部が一大物流拠点と化し、大手企業が次々に進出し、その結果、乏しかった村の財政が潤い、「日本一金持ちの村」として全国へ知れ渡るまでになりました。豊かな財政力を活かして住民サービスとして還元し、その一つに子供たちへの教育があります。2010年(平成22年)、小中一貫の村立飛鳥学園を設立し、初等部4年、中等部3年、高等部2年でそれぞれ区切って義務教育を進め、8年生(中学2年生)には全額村の負担で海外派遣を行っています。また、18歳までは医療費が全額無償としています。飛島村の歴史の上で、津金文左衛門を忘れてはなりません。津金文左衛門は、1727年に今の名古屋市東区平田町に生まれたと言われています。父親の早逝により早くから家を継ぎ、武術、漢字、経済、土木などの実学を学び、尾張藩の要職を務め続けました。彼は、熱田奉行兼船奉行になると、新たな土地を生むことで、当時の藩の財源と農民の生活の糧を得ることができる新田開発に着目しました。当時の尾張地方はすでに水の便の良い恵まれた耕作地であり、それ以上耕作地を広げるには海に目を向けるしかありませんでしたが、当時伊勢湾の沿岸の浅瀬は規模が大きく新田開発には好条件であるものの、現代の技術をもってしても莫大な費用と時間を要する新田開発は、当時の技術や政府(藩)の財政からみて困難を極めることは容易に予想ができました。それでも彼は当時の尾張藩主宗睦の英断を得て、飛島新田の開発を実行に移しました。開発前のこの地は、大きく見れば木曽川の三角洲、細かく見れば日光、善太、蟹江、戸田などの諸川が土砂を流し、文字通り「飛び島」になっていましたが、提を築き、川の泥でかさ上げをして耕地を作るという計画を立て、工事は予想どおり困難を極め、工事の途中に暴風雨により堤防は決壊し、最初からやり直すことも度々ありましたが、1801年に767haの大規模な飛島新田が完成しました。また、津金文左衛門は磁器の祖としても知られ、当時瀬戸から新田開発に来ていた陶工に窯業について研究させ、現在の愛知県の窯業の基礎を築きました。1900年(明治33年)、飛島新田開発百年祭を営むにあたり、元松神明社に津金文左衛門の碑を建て偉業をたたえるとともに、現在でも遺品を飛島村中央公民館で大切に保管しています。

  • アンテナ工事・取り付けとは

    戸建てでテレビを視聴するために必要な工事です。
    電線から電波を引き込むケーブルテレビや光回線とは異なり、テレビアンテナは電波塔や衛星から届く目に見えない電波を受信し宅内に引き込みます。
    テレビアンテナというと屋根上のイメージが強いですが、現在は外壁や屋根裏にも取り付けることができます。形状もスタイリッシュでコンパクトな平面型のものがあり、更には豊富なカラーバリエーションもあるのでご自宅の外観を損なわず取り付けることができます。
    アンテナ工事はご新築だけではなく、ケーブルテレビや光回線からの切り替えとしても人気があります。
  • アンテナ工事・取り付けを予約する際のポイント

    まずは希望の工事を伝え、見積りがいくらになるか確認しましょう。
    アンテナ工事は取り付けるアンテナの種類やご自宅の構造で料金が異なります。またお住いのご地域によってはブースターが必要になる場合もあるので、事前に住所も伝えておくことがベストです。
    事前にある程度の要望を伝えておくことで工事トラブルを防ぐことができます。
    希望工事を伝えたら、次は日程についてです。
    数社相見積りをすることがおすすめですが、見積もりに時間を要してしまうと予約枠が埋まってしまう可能性があるので、早めに決めて予約をしましょう。
  • アンテナ工事・取り付けのメリット

    ケーブルテレビや光回線と比較し、テレビアンテナは最初の工事費用のみで月々の利用料は無いため、ご家庭の固定費を抑えることができます。
    またケーブルテレビや光回線の場合、初期費用やテレビ周辺の必要機器を購入もしくはレンタルする必要があり、更にはテレビの視聴台数を増やす際に「2台目以降は数万円」と高い開通がかかります。
    比べてテレビアンテナは一つ取り付けてしまえば、端子がある全部屋ですぐにテレビがご覧いただけます。
    テレビアンテナの寿命は10~20年といわれているのでケーブルテレビや光回線よりもランニングコストを大幅に抑えることができます。