クレジットカード他
簡単スピード見積
LINE
メール
           クレジットカード他
通話無料
無料相談はコチラ
テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 愛知県 > 愛知県知多郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例
知多郡の地デジアンテナ工事
知多郡の地デジアンテナ工事

知多郡のアンテナ工事

愛知県知多郡にて、地デジ・テレビアンテナ工事・設置・取り付けをご検討の方は、地デジアンテナ工事専門店【みずほアンテナ】にお任せください。豊富な実績と安心の10年保証でフォローいたします!クレジットカードにも対応しており、ご相談・お見積りは無料です。
知多郡は、知多半島に愛知県の郡の一つであり、日本に存する郡では福岡県糟屋郡に次いで人口が多く、その人口は160,174人(2021年6月1日推計)です。知多郡の面積は165.89㎢あり、人口密度は966人/㎢です。


知多郡のアンテナ工事の料金

  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

愛知県知多郡の施工事例

もっと見る



知多郡のみずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜

既存アンテナ修理

10,000円〜

既設アンテナ撤去工事

5,000円〜


業界最安値の
詳しい工事料金はこちら

愛知県知多郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

愛知県知多郡のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット


BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

知多郡のテレビアンテナ工事施工事例

知多郡東浦町森岡 UHFアンテナ屋根上設置

こちらはUHFアンテナを屋根の上に設置した施工例です。アンテナマストを使って高さをとり、屋根馬という台に載せました。ステーワイヤーでしっかり固定したので、強風にあおられても心配ありません。サービスでチャンネル設定を行い、良好なテレビ映りを確認しました。

知多郡東浦町石浜 UHFアンテナ破風板設置

こちらはUHFアンテナを破風板に設置した施工例です。屋根の上に設置するほど高さを必要せずに電波を受信できたため破風板に設置しました。外観も内装もこだわりが伝わる大変お洒落なご新築でした。ワイヤーを丁寧に処理して室内へ引き込み、アンテナがご邸宅の美観に影響しないよう留意しました。

知多郡東浦町緒川 UHFアンテナ+4K8KBS/CSアンテナ屋根上設置

こちらはUHFアンテナと4K8K対応BS/CSアンテナを屋根の上に設置した施工例です。ご新築のまっさらな屋根や壁面と2種類のアンテナが青空に映えています。2種類のアンテナを屋根馬に載せてステーワイヤーで頑丈に固定しており、強風であおられても心配ありません。


知多郡のテレビの電波事情

海部郡は阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町の5町を含む愛知県の郡です。


 



(画像引用:A-PAB「放送エリアのめやす」




上記画像でピンク色に色明けしていある部分が「瀬戸デジタルタワー(名古屋局)」の電波が届いているエリアで、沿岸部では一部オレンジ色に色明けしていある部分が「津局」の電波が届いているエリアもあります。

「瀬戸デジタルタワー(名古屋局)」からは、東海テレビ(THK)、NHK教育、NHK総合、中京テレビ(CTV)、中部日本放送(CBC)、名古屋テレビ(メ~テレ)、三重テレビ放送(MTV)、テレビ愛知など7つのテレビチャンネルを受信できます。


 




(画像引用:A-PAB「放送エリアのめやす」


尚、上記アップ画像をご覧頂くと海部郡の西部の海岸沿いでは、瀬戸デジタルタワーからの発信範囲外のエリアがあります。こちらは「山海中継局」や「知多内海中継局」がカバーし電波を受信しています。

こちらはあくまでも目安になりますので、必ずしも瀬戸デジタルタワーから受信できないという訳ではありません。実際に視聴できるかどうかは、現地で電波調査をしてみてから判断するようにしましょう。




海部郡の沿岸部では、三河湾や伊勢湾に面していることもあり塩害対策や台風の影響にも考慮しアンテナ設置を考える必要があります。

テレビアンテナの寿命は一般的に10年と言われています。しかし、海岸周辺ではアンテナが常に潮風などにさらされるため、塩害により腐食の進行が早まり故障がリスクが高まります。そのため、アンテナを屋根裏に設置したり、塩害対策が施された固定器具を使用するなど対策が必要になります。

愛知県でおすすめのアンテナ工事業者と費用の相場

知多郡について

知多郡は、知多半島に愛知県の郡の一つであり、日本に存する郡では福岡県糟屋郡に次いで人口が多く、その人口は160,174人(2021年6月1日推計)です。知多郡の面積は165.89㎢あり、人口密度は966人/㎢です。知多郡には現在、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町の5町が属しています。 阿久比町は、愛知県知多半島の中央部に位置し、知多半島に存する10自治体のうち大府町とともに海に面しておらず、町の真ん中を阿久比川が流れ、川に生きる草花や虫など自然と共生している町です。町の面積は23.8㎢、2021年(令和3年)7月の調査結果によると、町の人口は28,597人、世帯数は10,892世帯、人口密度は781人/㎢です。阿久比町は、「ホタル」のまち、「菊づくり」のまち、「花かつみ」のまち、「米どころ」のまち、徳川家康の生母「於大の方」が暮らしたまち、「阿久比谷虫供養」伝承のまちとして、長い歴史や豊かな自然に包まれています。阿久比川に沿って名鉄河和線と県道55号が平行して走り、町の中心に名古屋鉄道河和線の特急停車駅「阿久比駅」と知多半島道路の阿久比ICが設置されており、名古屋市中心部まで、特急電車だと27分、車だと約30分でアクセスすることができます。また、幹線道路を使うと、西三河の主要市町へも1時間以内で出ることができ、交通の便に恵まれています。町内には、ふれあいの森、映画館併設のショッピングモールや大型スーパーがあり、運賃無料で町内を循環するバスが走るなど生活の利便性が高い町です。 東浦町は、愛知県の知多半島のつけ根にあたる北東部に位置し、衣浦湾の最奥にあり、東に境川や衣浦湾を挟んで刈谷市、高浜市と対岸に隣接し、南に半田市、西に東海市、知多市、阿久比町、北は大府市と接しています。町域は東西6.2㎞、南北7.7㎞、外周は28.04㎞、三角形の形状をしており、面積は31.14㎢、2021年(令和3年)6月の調査結果によると、町の人口は50,360人、世帯数は21,065世帯、人口密度は1,617人/㎢です。名古屋市への交通の便の良さから、昭和40年代半ばから大規模な住宅開発が進み、町制施行時15,677人だった人口は、2016年(平成28年)には5万人を超えました。町内東側にはJR武豊線、西側には名鉄河口線が走り、名古屋駅までは30分ほどの距離であり、車による移動の場合、緒川新田地区に知多半島道路東浦ICを利用すると名古屋市まで20分ほどで出ることができます。JR緒川駅前には大規模ショッピングセンターが建ち、駅周辺は賑わっています。東浦町の地勢は、東部の低地と中央部、西部の大府町から続く丘陵地から成り、東部にはJR武豊線と国道366号、西部には名鉄河和線が通っています。1906年(明治39年)に森岡村、緒川村、石浜村、生路村、藤江村が合併して東浦村となり、1948年(昭和23年)の町制施行により東浦町が誕生しました。東浦町は、古くから「知多木綿」の繊維工業と米作主体の農業を中心に発達してきましたが、社会経済の変化により、現在は木材工業や自動車関連産業が主流となっているものの、巨峰を中心としたブドウ栽培やイチゴ、蘭の施設園芸なども盛んに栽培されています。 南知多町は、愛知県の知多半島南部に位置し半島の先端と沖合に浮かぶ篠島・日間賀島など10余りの島々から成り、北部は美浜町に接し、三方が海で東に三河湾、南西は伊勢湾に面し、町域東西15㎞、南北12.1㎞、面積38.37㎢です。2021年(令和3年)6月の調査結果によると、町の人口は16,853人、世帯数は7,041世帯、人口密度は439人/㎢です。南知多町は三河湾国定公園と南知多県立自然公園に指定されており、名所、旧跡、文化財、祭りなど観光資源が豊富で、春には潮干狩り、夏には海水浴、秋にはみかん狩り、冬にはいちご狩りと通年楽しめる行事があり、年間300万人ほどの観光客が訪れる町です。伊勢湾に面している町内北部の内海には砂浜が多く、一方、三河湾に面している町内南部の海岸線には師崎、大井、片石などの湾があり海蝕崖が発達しています。町内には豊浜漁港、師崎漁港など7つの漁港を擁し、それぞれの漁港の周辺には海産物を販売する直売店や水産加工業が多く立地しています。漁業は沿岸漁業が中心で、とりわけ豊浜漁港は町内一の漁獲高を誇り、愛知県水産試験場にもなっています。海面漁業の水揚げは概ね年間3万t前後で推移し、主にカタクチイワシ、マイワシなどを漁獲しており、海面養殖漁業では、のり養殖とわかめ養殖が盛んで、のり養殖は年間5千t前後、わかめ養殖は年間200から300tの生産が行われています。農業では、年間平均気温15度前後、年間降水量1,500㎜前後と温暖の気候条件を活かして、古くから稲作と温州みかんの栽培を主に発展してきました。1961年(昭和36年)の愛知用水の完成により、水不足が解消し、農業が飛躍的に発展しました。 美浜町は、知多半島の南部に位置し、東は三河湾、西は伊勢湾に面し、東西両海岸に向かって広がる平地と、ほぼ中央を南北に知多丘陵が連なる緑豊かな町です。町の面積は46.20㎢、2021年(令和3年)6月の調査結果によると、町の人口は21,503人、世帯数は8,932世帯、人口密度は465人/㎢です。1955年(昭和30年)に河和・野間が合併し美浜町が発足し、2年後に小鈴谷町上野間地区が合併し現在の美浜町域となりました。美浜町は農業や漁業により発展してきた背景を持ち、東西両海岸沿いに市街地が形成され、現在でものり養殖が盛んであり、町の中央は丘陵地で、みかん園や山林地帯となっており、谷間には水田の農地があります。美浜町は、三河湾国定公園として指定されている美しい自然が広がり、温暖な気候、海水浴場として利用されている白砂の浜辺、天然記念物「鵜の山鵜繁殖地」、源平合戦の歴史を物語る史跡「大御堂寺」、東海地方最古の霊場「時志観音」、本町小野浦出身の音吉、久吉、岩吉の3人の船乗りが、1年余り漂流の後、米国に漂着し、その後英国人に助けられ、聖書和訳に協力したことを称えた「和訳聖書発祥の碑」など多数の観光資源があり、四季を通じて観光客が訪れます。一方、緑豊かな本町の自然環境の中で、日本福祉大学、杉本美術館、愛知県美浜少年自然の家などの教育施設が立地し、文化都市として、また、鉄道の整備、自動車専用道の知多中央道・南知多道路の4車線化、伊勢湾の海上に中部国際空港(セントレア)が開港するなど交通の要衝としての側面も持っています。町内の鉄道は、名鉄河和線の河和駅、河和口駅、布土駅、名鉄知多新線の上野間駅、知多奥田駅、野間駅などが設置されており、名古屋市までは1時間ほどで出ることができます。 武豊町は愛知県の南西部、知多半島の東側中央部、衣浦湾沿岸に位置し、半田市、常滑市及び美浜町と接しています。町の面積は25.92㎢、南北に6.5㎞、東西に4.8㎞とやや南北に細長い町域を有しています。2021年(令和3年)7月の調査結果によると、町の人口は43,452人、世帯数は18,540世帯、人口密度は1,676人/㎢です。武豊町は、名古屋市中心部からは約35㎞、鉄道で約40分の距離にあります。町内をJR武豊線と名鉄河和線・知多新線が通り、JR武豊駅、名鉄知多武豊駅、富貴駅、上ケ駅の4駅が設置され、道路交通では、知多半島道路や南知多道路、国道247号などによって名古屋市及び周辺市町と結ばれています。町の名産物には味噌やたまり醤油があります。温暖な気候と良質な水に恵まれ、昔から武豊町の醸造業は盛んで、今や千葉県の銚子市、兵庫県の龍野市と並び、全国三大醸造郷と呼ばれています。武豊町の地勢は、東部の衣浦湾臨海部の平地と西部の知多丘陵の間に立地しており、標高は最高でも海抜83.5mと全域的になだらかな地形を有しています。町の北部には石川、中部には堀川、南部には新川という3本の主要河川が、西部の丘陵地から東部の衣浦湾へと流れ込んでおり、町内には数多くの池やため池が点在しています。武豊町は、明治以降は鉄道と港とともに発展し、1886年(明治19年)には東海道線敷設用鉄道として武豊線が開業し、1899年(明治32年)には武豊港が貿易港として開港しました。武豊港は1957年(昭和32年)に衣浦港と改名し、国の重要港湾の指定を受けています。明治以降、旧5村による度重なる合併や分村を経て、1954年(昭和29年)に現行の武豊町となりました。昭和40年代半ばまで臨海部には大手企業の進出が相次ぎ、現在においては、衣浦臨海工業地帯の一翼を担っています。武豊に限らず知多半島の歴史は、水との戦いの歴史であったと言えますが、昭和36年に愛知用水が通水したことにより解決されました。

知多郡のみずほアンテナ事業所・店舗基本情報

店名 みずほアンテナ 愛知営業所
住所 〒490-1136愛知県海部郡大治町花常円楽寺10-1
電話番号 0120-790-837
営業時間 9:00~19:30
定休日 年中無休