テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 愛知県 > 愛知県名古屋市南区のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例
-->
  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

愛知県名古屋市南区のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る


愛知県名古屋市南区のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると南区の放送受信契約数は52,192件で、衛星契約数は22,920件です。2020年の新築戸建て棟上数は438件です。 南区の戸建てでテレビを視聴するには①ケーブルテレビ②光回線③テレビアンテナのいずれかの工事をしなければなりません。マンションやアパートにお住まいの場合は建物の既存設備が備わっており、壁にある丸い小さな差込口にテレビ線を繋げればすぐにテレビを視聴することができますが、戸建ての場合はご自身で業者を選び工事を手配する必要があります。 ではケーブルテレビや光回線、テレビアンテナのどれがいいのでしょうか。3つにはそれぞれメリット・デメリットがございます。皆さまが一番気になるランニングコスト面が安いのは、圧倒的にテレビアンテナです。ケーブルテレビや光回線には初期工事費用と月々の使用量が発生します。他にも、ご覧いただくテレビ視聴台数で料金が変わることもございます。比べてテレビアンテナは初期費用のみで、取り付け後、月々の費用は発生しません。一つのアンテナで各お部屋にてテレビをご覧いただけますので、視聴台数によって追加工事や料金が必要になることもございません。また現在のアンテナの寿命は20年ほどなので、20年間のランニングコストを比較すると10万円~20万円も差が付きます。まずはそれぞれの会社に見積もりを出してもらい、ランニングコストを比較してみましょう。 南区でアンテナ工事をご検討されている方は、アンテナ専門の業者に依頼することがお勧めです。お客様ご自身で行うことで一番コストを抑えられますが、アンテナ工事は高所作業が多いので転落などの危険がございます。また設置方法が甘いとテレビの映りが乱れ、再度修正が必要になります。トータルの時間やコストがかかってしまうので、工事はアンテナ専門の業者に依頼することがお勧めです。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。南区に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。南区は、全域対応しております。

愛知県名古屋市南区のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • テレビ視聴に不具合が生じたら? 

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。 まず、テレビ画面にノイズが走っているのか、E201やE202などの表示が出ているのか、全く映らないのか、1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。 次に、不具合が全部屋発生しているのか、1部屋だけなのか、不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。 テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。 もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。 症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。 みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。 

  • 南区の下請けの業者が来ますか? 

    みずほアンテナの自社スタッフが工事にお伺いさせていただきます。弊社では下請けや外注業者は一切契約しておりません。お伺いさせていただくのは完全自社雇用のスタッフになります。またアンテナ専門の熟練のスタッフですので、豊富な経験や高い技術を兼ね備えております。関東、東海、関西、九州の各営業所からお客様のご自宅へお伺いします。 また自社スタッフだからこそ、お電話口と現場で連携し、当日スムーズに工事が進みます。ご予約時にお聞きした内容やご要望を担当スタッフにきちんと引き継ぎますので、同様のご説明をいただかず、直ちに現地でご希望のアンテナや設置位置で現場調査を進めさせていただきます。現地で確認させていただいた内容にご納得いただけましたら、当日工事が可能です。1時間~2時間ほどでお立ち合いは終了いたしますのでお仕事やお子様の送り迎えがある方でもご負担なくスケジュールを組むことができます。 下請けや外注業者の場合、情報の共有がなく工事まで時間を要したり、希望がうまく伝わらず設置に納得いかなかったりする場合がございます。また何か不具合が発生した際、下請けや外注業者ですと駆け付けまでに時間を要したり、その業者が閉業してしまっていたり、他の業者を呼ぶ必要があるケースもございます。アンテナ工事はアフターサービスもしっかりしている業者がお勧めです。

愛知県名古屋市南区のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

南区は、名古屋市の南部に位置し、その境界を、名古屋市熱田区、天白区、瑞穂区、緑区、港区、及び、東海市と接しています。南区の面積は約18.46㎢、2021年(令和3年)5月の調査結果によると、南区の人口は134,019人、世帯数は63,855世帯、人口密度は7,260人/㎢です。 南区の中西部は、江戸時代ごろから新田開発が進み、近代には、鉄鋼・金属・機械・化学などの工場が立ちならぶ市内有数の工場地帯として発展してきました。区中央部には、JR、名鉄などの公共交通機関や、都市高速、国道1号、名古屋環状線などの幹線道路が走っています。区北部には図書館と文化小劇場が併設されており、南区に昔から伝わる貴重な文書の保存など、区民文化向上の一翼を担っています。区の北東部には地下鉄桜通線が通っており、歴史、文化と調和のとれた快適な住宅地の整備が進められています。 また、南区には、国内有数の規模を誇る「日本ガイシスポーツプラザ(旧名古屋市総合体育館)」があります。施設の正式名称は「名古屋市総合体育館」ですが、ネーミングライツの導入により「日本ガイシスポーツプラザ」の愛称がつけられています。当施設では、各種スポーツ競技やコンサート・イベントなどのほか、「南区区民まつり」が開催され、多くの人々が訪れます。「日本ガイシスポーツプラザ」は施設数が多く、「日本ガイシホール」「日本ガイシアリーナ」「日本ガイシフォーラム」の3つのグループに分けられています。「日本ガイシホール」は銀色に輝く巨大なドームで、名古屋市の「スポーツの殿堂」としての威容を誇っています。 南区には史跡散策路がいくつもあります。例えば、約4.2㎞の「桜田勝景跡と古墳めぐり」です。見晴台を経て、北の桜田勝景跡へと進み、さらに北へ進むと古墳に至ります。美しい自然と歴史に恵まれた散策路です。他に、約5.2㎞の「星崎の里めぐり」や約7.2㎞の「大江川緑地と新田めぐり」も史跡散策路として人気があります。「星崎の里めぐり」では、星宮社から坂道を登ると星崎城跡へ出て、昔日の面影を残す知多郡道をたどると、石神社、百観音へと続きます。古風な家々の並ぶ里なかに永井荷風・星渚のゆかりの地があります。緑道・郡道で四季折々の風情が楽しめます。「大江川緑地と新田めぐり」では、天白川に近い北柴田新田(現・鳴尾町)の稲荷神社を東に進み、境内にイチョウの大木がそびえる須佐之男社に着いてから、せせらぎ水路を西へ進み、愛と力の筏像、神松地蔵堂を経て大江川緑地へ出ます。 南区にある「笠覆寺」は、尾張四観音の一つで、「笠寺観音」の名で知られる古寺です。「笠寺観音」の名称には、玉照姫の伝説が関わっています。一人の女性が観音像にお祈りを続け、ある日雨ざらしの観音様に自分の笠をかぶせると、そこを通りかかった京からやってきた青年貴族に見初められました。青年貴族とは藤原兼平のことで、女性は京に召され、兼平公と結ばれ、玉照姫と呼ばれることとなりました。そのような伝説から、「笠覆寺」と名づけられ、縁結びの観音様に祈願する方が多く訪れています。