熊本県宇城市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三浦市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

宇城市は、平成17年1月15日、旧宇土郡三角町、不知火町、下益城郡松橋町、小川町、豊野町の5町が合併して誕生しました。九州の経済大動脈である国道3号と、西は天草、東は宮崎県への結束点という地理的状況に恵まれ、美しい田園風景と不知火海の文化に彩られた自然景観、そして都市的機能を併せ持つバランスの取れた水と緑と心豊かな地域です。東西約31.2km、南北13.7kmと東西に長い形状で、面積は188.6平方キロメートル。地目別では宅地8%、田18.2%、畑21.5%、山林30.9%、雑種地4.4%、その他16.6%となっています。三角町は、熊本県のほぼ中央、宇土半島の西端に位置する総面積48.31平方キロメートルの町です。南北を不知火海、有明海に挟まれ、西に架かる天草五橋(1号橋)と天城橋(新天草1号橋)が天草への玄関となっています。平均気温17~18℃、平均降水量は約1,800mmと、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた風光明媚な地域です。不知火町は、不知火地区と松合地区からなります。明治22年の町村制施行によって不知火地区は、長崎村、不知火村、高良村の3村が発足。明治32年3月に3村が合併して不知火村となりました。松橋町がある宇土半島基部は、干拓以前は広い入り江をなし、格好の港を形成していました。この松橋港を中心として商業が栄え、これらの商業地域に近隣の農村である新町、上の原地域を含んで旧松橋町が形成されました。小川町は、熊本県のほぼ中央に位置し、熊本市まで北へ30km、八代市まで南へ15kmの距離にあります。豊野町は、熊本県のほぼ中央部に位置し、三方を40~350mの山稜地に囲まれた小盆地を形成する、東西4km、南北8km、面積31.54平方キロメートルの中山間農村です。熊本県宇城市の人口は、総人口が58,332人(推計人口、2018年10月1日)となっております。熊本県宇城市の放送受信契約数は、19, 201件で、衛星契約数は、8, 441件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。