熊本県宇土市

施工ブログ一覧

もっと見る

熊本県宇土市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三浦市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

宇土市(うとし)は、熊本県の中央部に位置する市で、小西行長の城下町です。中世から交通の要地であり、豪族たちがその支配をめぐって争いを続けてきました。近代以降も、熊本県における一つの商工業の拠点であり続けました。今日の宇土市を含む宇土郡は古代から見られる地名であり、その由来は、宇土半島がもとは島で「浮土」と表したのが転じたという説と、細く長い谷の意味を持つとの説があります。日本の渚100選の1つ御輿来海岸は、4世紀に九州遠征の際に立ち寄った景行天皇が景色の美しさに見惚れて、御輿を止めて、休んだという伝説が名前の由来です。また、網田には景行天皇がその手を洗ったという御手洗(みたらい)があり、現在も澄んだ水が湧き出ています。中世宇土城は1048年に築城されたと考えられています。中世初期に紀氏の一族が宇土氏を名乗る武士団を形成した。やがて、鎌倉時代末期に菊池氏の一族がやはり宇土氏を名乗り、宇土城の城主となりました。1501年に宇土為光が菊池能運を破るが、後に攻め滅ぼされます。一方、為光側にあって八代を追われた名和顕忠が空白となっていた宇土領に侵入して宇土氏に代わって宇土城の城主となりました。名物「小袖餅」の名前の由来となった昔話に名和伯耆左衛門尉という領主が登場します。豊臣秀吉の時代に名和氏に代わって佐々成政が入るが改易され、続いて小西行長が24万石の大名として入り、近世宇土城を築城しました。しかし、行長は関ヶ原の戦いで西軍に属したため斬首の刑となり、その領地は加藤清正に与えられました。行長はキリシタン大名としても有名で、一家全員が洗礼を受けています。清正は宇土城を大改修し完成させたが、「一国一城令」に基づき廃城としました。なお熊本城内に現存する宇土櫓は熊本城築城当時からのものとされているが、近年まで宇土城の移築説も存在していました。加藤家が改易となった後、細川家が肥後国に入り1646年、細川行孝を藩主とする宇土支藩(3万石)が置かれた。行孝は城下町の水質を改善するため、轟上水道をつくった。轟上水道に使われた技術は、神田上水・小田原水道に次ぐものとして日本水道史上、特筆されました。近代に入ってからも、九州商業銀行(肥後銀行の前身)や火力発電所・マッチ工場などが建設され、商工業の中心であり続けました。熊本県宇土市の人口は、総人口が36,526人(推計人口、2018年10月1日)となっております。熊本県宇土市の放送受信契約数は、11, 057件で、衛星契約数は、4, 858件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。