熊本県水俣市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三浦市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

水俣市は、熊本県の南端、鹿児島県の県境に位置し、北から北東にかけて葦北郡津奈木町、芦北町、球磨郡球磨村、南から南東にかけては鹿児島県出水市、伊佐市に接しており、西は八代海(不知火海)に面しています。面積は163.29平方キロメートルで、東西に約22キロメートル、南北に約14キロメートルとなっています。水俣市は不知火海を望むリアス式海岸の美しい湯の児海岸や、深緑に囲まれた湯出七滝、歴史情緒溢れる温泉街、環境をテーマとした最新施設など見どころいっぱいです。また、日本の地中海とも呼ばれる温暖な日差しからのデコポンをはじめとした山海の恵みや、水俣独自のスウィーツなどグルメも目白押しです。 観て、食べて、泊まって、温泉で癒される。水俣にはすべてがそろっています。水俣川支流の久木野川上流久木野地区は97%が森に覆われた水の美しい地域で、農林水産省の日本の棚田百選に選ばれた寒川地区の棚田もあります。また、大学山の照葉樹林は環境省のかおり風景100選に選ばれており、明治時代より林業に力をいれ、スギ、ヒノキの植林を行っています。1996年から市民参加により、大学山の緑を倍増すべく「水源の森」において植樹、下刈りを行っています。水源の森は、全ての市民参加で植えた森としては全国有数規模であり、水俣病患者、漁師、住民参加も得て、不知火海の再生の一端を担っています。昔から不知火海に面するレジャー指向の湯の児温泉、湯出川上流の湯治場・湯の鶴温泉の2つの温泉が知られています。水俣病の歴史学習や環境学習を目的とする修学旅行・視察旅行などの観光客も多く、エコパーク水俣などに国・県・市・民間の学習拠点が整備されています。近年は、地区全体を建物のない博物館と見立てて生活文化・産業を案内し体験してもらう村丸ごと生活博物館など、食材・食品や自然環境に恵まれた地域の生活を体験するグリーンツーリズムの取り組みも進んでいます。熊本県水俣市の人口は、総人口が24,247人(推計人口、2018年10月1日)となっております。熊本県水俣市の放送受信契約数は、9, 989件で、衛星契約数は、4, 498件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。