熊本県八代市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三浦市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

八代市は、平成17 年8 月1 日、旧八代市と旧八代郡内の千丁町・鏡町・坂本村・東陽村・泉村の1市2町3村が合併し誕生しました。(人口は平成25年3月末現在、132,775人) 県都熊本市の南約40kmに位置し、東西約50km、南北約30km、面積約680k㎡を有し、西は八代海に臨み、北は八代郡、宇城市、上益城郡、下益城郡、東は宮崎県東臼杵郡、南は球磨郡、葦北郡に接しており、日奈久断層崖によって山間地と平野部に区分され、全面積の約70%が山間地、約30%が平野部で形成されています。 山間地は、泉町の国見岳(1,739m)を最高峰として九州山地の脊梁地帯を形成し、平家落人伝説が語り継がれる秘境五家荘など、歴史と自然豊かな地域を有しています。平野部は、日本三急流の一つである球磨川や氷川の両水系で形成された豊かな土地が広がり、扇状地や三角州を中心とした沖積平野が形成され、さらに永年にわたる干拓事業による広大な平野を有しています。これらの豊かな資源を活用し、イ草やトマトなど数多くの農産物が生産されています。 恵まれた自然条件に加え、臨海工業用地の造成や港湾施設の充実が図られ、早くから大企業の工場が進出し、県下有数の工業都市としても発展しているところです。交通アクセスは、南九州の交通の結節点として、九州新幹線、九州縦貫自動車道、南九州西回り自動車道、アジア物流拠点として県内最大の国際貿易港である八代港が整備され、陸・海路の交通の要衝となっています。 このように、豊かな自然と資源、交通の要衝という高い拠点性を備えた地域です。特産品の1つが、はちべえトマトです(八代の冬トマトの愛称。産地が一体となって黄色灯を活用した害虫防除を導入し、減農薬栽培に努めています。八代地方で生産されるトマトの約80%は温暖な気候を活かして冬に栽培され、冬春トマトの出荷量は国内一)。熊本県八代市の人口は、総人口が124,921人(推計人口、2018年10月1日)となっております。熊本県八代市の放送受信契約数は、42, 725件で、衛星契約数は、18, 044件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。