テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 愛知県 > 愛知県北設楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例
  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

愛知県北設楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る


愛知県北設楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると北設楽郡の放送受信契約数は4,465件で、衛星契約数は2,834件です。 北設楽郡でアンテナ工事をするにはハウスメーカーや工務店が手配する業者に依頼するか、アンテナ専門業者や電気量販店などから選ぶことができます。ハウスメーカーや工務店が手配した業者や電気量販店で依頼した場合、料金の内訳には仲介手数料が含まれ、アンテナ専門業者での工事費用より高額になる場合や倍の料金になるケースが多いです。 工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。みずほアンテナでは引越し業者やエアコン、カーテン取り付けなど他の工事業者とバッティングしても工事に支障はございません。引っ越し当日からテレビが観たいというお客様は、お家のお引渡し以降でしたらいつでも工事可能ですのでご希望日をスタッフにお申し付けください。 アンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。北設楽郡に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。北設楽郡は、全域対応しております。

愛知県北設楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • テレビ視聴に不具合が生じたら?

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。 まず、テレビ画面にノイズが走っているのか、E201やE202などの表示が出ているのか、全く映らないのか、1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。 次に、不具合が全部屋発生しているのか、1部屋だけなのか、不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。 テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。 もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。 症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。 みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

  • 北設楽郡の下請けの業者が来ますか?

    みずほアンテナの自社スタッフが工事にお伺いさせていただきます。弊社では下請けや外注業者は一切契約しておりません。お伺いさせていただくのは完全自社雇用のスタッフになります。またアンテナ専門の熟練のスタッフですので、豊富な経験や高い技術を兼ね備えております。関東、東海、関西、九州の各営業所からお客様のご自宅へお伺いします。 また自社スタッフだからこそ、お電話口と現場で連携し、当日スムーズに工事が進みます。ご予約時にお聞きした内容やご要望を担当スタッフにきちんと引き継ぎますので、同様のご説明をいただかず、直ちに現地でご希望のアンテナや設置位置で現場調査を進めさせていただきます。現地で確認させていただいた内容にご納得いただけましたら、当日工事が可能です。1時間~2時間ほどでお立ち合いは終了いたしますのでお仕事やお子様の送り迎えがある方でもご負担なくスケジュールを組むことができます。 下請けや外注業者の場合、情報の共有がなく工事まで時間を要したり、希望がうまく伝わらず設置に納得いかなかったりする場合がございます。また何か不具合が発生した際、下請けや外注業者ですと駆け付けまでに時間を要したり、その業者が閉業してしまっていたり、他の業者を呼ぶ必要があるケースもございます。アンテナ工事はアフターサービスもしっかりしている業者がお勧めです。

愛知県北設楽郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

北設楽郡は愛知県の郡の一つであり、新城市とともに新城設楽広域行政圏に所属し、「北設(ほくせつ)」と略され呼ばれています。現在は設楽町、東栄町、豊根村の2町1村が属しており、北設楽郡の面積は553.2㎢、2021年(令和3年)6月の調査結果によると、人口は8,600人、世帯数は3,996世帯、人口密度は16人/㎢です。 設楽町は、愛知県の北東部に広がる三河山間地域の中央に位置し、名古屋中心部から約90㎞、豊橋市及び豊田市の中心部から約60㎞の距離にあり、町域は東西約22.4㎞、南北約19.7㎞に広がり、総面積273.96㎢、面積の約9割は森林が占めています。設楽町の東は東栄町、豊根村、西は豊田市、南は新城市、北は長野県根羽村とそれぞれ隣接しています。2021年(令和3年)7月の調査結果によると、町の人口は4,571人、世帯数は2,104世帯、人口密度は17人/㎢です。町内田口にある福田寺境内には、武田信玄の墓が建っています。1572年(元亀3年)、遠江の三方ヶ原(現・静岡県浜松市郊外)で、徳川家康・織田信長の連合軍を大敗させた信玄は、西下して京都を目指しましたが、病により帰国し、帰路に建つ福田寺で宿泊した翌日に亡くなったために、福田寺で埋葬されたようです。設楽町の各地区、特に津具地区、名倉地区では6月中旬から8月中旬にかけて、川辺や水田でホタルが飛び交う様子が見られます。津具地区「ほたるの里」はホタルを楽しむ観察施設として造られ、6月から7月中旬にゲンジボタルを、7月上旬から8月中旬にヒメボタルを見ることができます。名倉地区では道の駅アグリステーションなぐら周辺が見学に適しています。また、道の駅したらでもホタルを見ることができます。道の駅したらには、設楽町観光協会、田口線車両展示施設、清嶺市場など様々な施設が入っています。田口線車両展示施設では、1968年(昭和43年)に廃線となった旧豊橋鉄道田口線の木製車両「モハ14型」の実物を展示しています。清嶺市場では、主に設楽町で採れたり、生産されたりした野菜や山菜、お米などの旬の季節の農産物、漬物や乾物等の加工品、ジビエ、木工品など多種多様な特産物が並びます。道の駅したらには、さらに、日本酒造りの体験ができる施設や食堂なども併設されています。 東栄町は、愛知県の東北部に位置し、町の東端は静岡県に先を接する三州と遠州の国境です。町の面積は123.38㎢、2021年(令和3年)6月の調査結果によると、町の人口は2,983人、世帯数は1,405世帯、人口密度は24人/㎢です。東三河の中心都市・豊橋市から豊川沿いに約60㎞北上し、平らの道がにわかに急坂となり、峠を越えて見える重畳の山並みが「花祭りの里東栄町」です。「花祭」は町内に古くから伝わる民俗芸能であり、国の重要無形民族文化財に指定されています。花祭は県内の北設楽郡一帯の天竜川水系の町村で開催され、地域によって開催日は異なり、毎年11月から3月頃に行われています。東栄町の町域は木曽山系の南端に位置し、周囲を神野山(938m)、小岩山(985m)、大鈴山(1,012m)、御殿山(789m)、明神山(1,016m)に囲まれた設楽盆地内に東栄町の中心街が形成されています。町の最高地点、標高1,016mの明神山を筆頭に700mから1,000m級の山々が峰を連ね、その間を縫うように、概ね西から東へ向かって天竜川水系の大千瀬川や奈根川が深い谷を刻み、大千瀬川の東端は遠州境で標高170mの最低地点でもあります。距離15㎞ほどの隔たりでありながら標高差は850m近くあり、急流沿いのわずかな平地や緩斜面に集落が点在しています。町内には無人・有人の野菜直売所がいくつも点在し、採れたての旬の野菜が手に入り、いずれの直売所も地元民の人気を得ています。町内では平地が少ないため、山地でも栽培できる薮北茶や、他に、こんにゃく、椎茸、山牛蒡などが盛んに作られています。東栄町にある温泉「とうえい温泉花まつりの湯」は、療養泉としてその泉質を認められ、腰痛やアトピーに効くとのクチコミが広まり、設立より350万超の人が利用しています。屋内施設には大浴槽をはじめ、リラクゼーションバス、ジェットバス、サウナなどがあり、大浴槽には東栄町を代表する「花祭」に登場する鬼を模した陶器のオブジェからお湯があふれ出す愉快な仕掛けがあります。野外には野天大浴場、源泉掛け流し風呂、寝湯、陶器風呂、打たせ湯などがあり、温泉のすぐそばに流れる大きな川のせせらぎを聞きながら多様に温泉を楽しむことができます。 豊根村は、愛知県で一番人口の少ない小さな自治体で、長野県と静岡県の県境に接し、愛知県最高峰の茶臼山を有する「愛知のてっぺん」の村です。村の面積155.88㎢のうち93%を森林が占めており、良質なスギ・ヒノキの産地であり、また、寒暖の差を利用した「夏秋トマト」の栽培も盛んです。村内で標高148~1,415mと約1,200mの標高差を有し、山々と渓谷が織りなす自然豊かな地勢に立地しています。2021年(令和3年)6月の調査結果によると、村の人口は1,042人、世帯数は490世帯、人口密度は7人/㎢です。豊根村は、海部郡飛島村と「災害時における相互応援協定」を締結し、「有効自治体宣言」に調印しています。飛島村と豊根村は、それぞれ愛知県の西南部と東北部に位置し、尾張と三河、平野部と山間部、河口部と源流部といった大きな違いがあり、県内で2つしかない村同士が多方面で交流を深めています。また、豊明市とも「友好自治体宣言」「災害時等相互応援に関する協定」に調印しています。豊根村の中心地まで、車の場合、三遠南信自動車道鳳来峡ICから約30㎞あり、名古屋から車で約2時間半かかります。村内の集落は、天竜川の支流である大入川の上流に沿った平坦地や、村西部の国道151号線沿いに点在しています。豊根村は四季折々の自然の豊かさが際立っており、豊根村にそびえ立つ茶臼岳(1,415m)一帯が、1969年(昭和44年)に天竜奥三河国定公園に指定され、春には、枝垂れ桜「粟世桜」などが咲き誇り、全国有数の「芝桜」も楽しむことができます。夏には、愛知県で生産量一のブルーベリーと、全国清流巡り利き鮎会で準グランプリに輝く「あゆ」を味わうことができます。秋には、愛知県で一番早い紅葉を愛でて、冬には、愛知県で唯一の茶臼山高原スキー場でスキーに興ずることができます。