BSアンテナの雪対策|映らない時の対処法・アンテナレベルの確認方法・業者の選び方

公開日 2023/12/20

BSアンテナの雪対策 映らない原因と対処法、業者の選び方も解説

BSアンテナは雨や雪などの悪天候で倒壊する恐れがあります。

 

しかし、基本的に雨や雪による影響を想定したアンテナの設置を行っていれば、簡単に倒れることはありません。

 

この記事では、雨や雪によるアンテナ倒壊がどのような原因で起こってしまうのか、対処法について詳しく解説していきます。

 

 

 

BSアンテナが雪で受信しづらくなる原因

BSアンテナが雪で受信しづらくなる原因

BS放送をはじめとした衛星放送のアンテナは雪や雨による天候の影響を受けやすいです。

 

ではなぜBS放送が雨や雪によって受信しづらくなってしまうのか、詳しい理由について説明していきます。

雨や雪によるアンテナ倒壊が心配な方、BSアンテナが倒壊しないような対策を業者に依頼したい方はぜひ参考にしてください。

 

 

BSアンテナが故障している

大量の雪がアンテナに積もると、アンテナや支柱に負荷がかかり、変形や傾きが生じる可能性があります。

 

アンテナの形状が変わると、受信性能が低下し、チャンネルの受信が困難になります。

 

特にBSアンテナのコンバーターと呼ばれる部分に雪が積もり折れてしまうと、アンテナの取り換えが必要となります。

 

コンバーターとは、BS衛星放送の信号を受信アンテナから受け取り、テレビやチューナーが解読できる形式に変換するデバイスです。

 

BSアンテナは衛星からの高周波信号を受信しますが、一般的なテレビやチューナーはこの高周波信号を直接受信することができません。

 

そのためコンバーターが必須です。

 

 

 

 

BSアンテナの方向が変わっている

アンテナが雪に覆われたり強い雪風にアンテナがさらされると、受信性能が低下する可能性があります。

 

ときには雪の重みによってアンテナの角度が変化し、受信の向きがずれることもあります。

 

特に風を受けやすい設計のマンションのベランダに設置している場合にはアンテナの向きが変わりやすいかもしれません。

 

ベランダ設置でも柵や手すりではなく壁面に設置する方法もあります。

 

ただし壁面にアンテナ設置する場合はビス穴をあけるため、マンションが賃貸の場合には注意しましょう。

 

BSアンテナは角度の変化に弱い特徴があります。

 

それはBSアンテナは地デジアンテナに比べて指向性が高いためです。

 

雪や雨風といった天候の影響で0.1度でも角度がずれると最大能力が発揮できず、テレビが映らないといった症状が現れます。

 

地デジアンテナは各テレビ塔に向けて設置すればよいのですが、BSアンテナは衛星から電波を受信するため角度が定められています。

 

そのため少しの角度のずれでも映像に乱れが生じてしまいます。

 

方角とともに仰角と呼ばれる縦の角度もあわせる必要があります。

 

以下は関東・甲信越地方の方位角・仰角の一覧です。

 

 

 

関東・甲信越地方

地域 BS・110度CS 124度CS 128度CS
水戸 方位角:224.8
仰角:37.0
方位角:206.5
仰角:44.3
偏波角:21.1
方位角:200.5
仰角:45.8
偏波角:16.3
宇都宮 方位角:224.0
仰角:37.2
方位角:205.5
仰角:44.4
偏波角:20.2
方位角:199.4
仰角:45.8
偏波角:15.5
前橋 方位角:223.1
仰角:37.9
方位角:204.4
仰角:44.9
偏波角:19.4
方位角:198.3
仰角:46.2
偏波角:14.6
大宮 方位角:224.1
仰角:37.9
方位角:205.5
仰角:45.1
偏波角:20.4
方位角:199.3
仰角:46.5
偏波角:15.6
千葉 方位角:224.9
仰角:37.8
方位角:206.4
仰角:45.3
偏波角:21.2
方位角:200.2
仰角:46.7
偏波角:16.3
東京 方位角:224.4
仰角:38.0
方位角:205.8
仰角:45.3
偏波角:20.7
方位角:199.7
仰角:46.7
偏波角:15.8
横浜 方位角:224.5
仰角:38.2
方位角:205.8
仰角:45.6
偏波角:20.8
方位角:199.6
仰角:47.0
偏波角:15.8
新潟 方位角:222.1
仰角:36.6
方位角:203.6
仰角:43.3
偏波角:18.4
方位角:197.6
仰角:44.5
偏波角:13.8
甲府 方位角:223.1
仰角:38.8
方位角:204.1
仰角:45.8
偏波角:19.3
方位角:197.8
仰角:47.1
偏波角:14.4
長野 方位角:221.9
仰角:38.2
方位角:202.9
仰角:44.9
偏波角:18.2
方位角:196.7
仰角:46.1
偏波角:13.4

 

 

 

電波が遮断されている

大量の雪がアンテナと受信機の間に存在すると、雪が信号の伝送を遮断することがあります。

 

BS放送に使用される周波数は雪や雨からの影響を受けやすい性質を持っています。

 

そのため、雪が降っているとアンテナが受信できるBS放送の電波が通常より弱くなってしまうのです。

さらにアンテナ本体にも雪が付いてしまうことによって、電波を受信しづらくします。

 

アンテナが故障していなければ天候が回復した際に、映像も回復するといった特徴があります。

 

特に積雪地域では、アンテナの設置位置などに強い注意が必要です。

 

 

 

 

 

BSアンテナの雪対策4選

BSアンテナの雪対策4選

雪に弱いBSアンテナには事前に対策できる方法がいくつかあります。

 

被害が出る前に事前に対策しておくことで、映像の乱れやアンテナの故障を防ぐことができます。

 

アンテナが故障してしまうと思わぬ出費にもなるので、以下の方法を参考に事前に準備しておきましょう。

 

 

正しい設置方法で固定する

アンテナの倒壊や傾きのズレ、ケーブルの断線は、正しくしっかり固定することで防ぐことができます。

 

アンテナの設置位置や角度を適切に調整することも重要です。

 

ただ頑丈に固定するだけでなく、雪や台風を想定した正しい設置方法で施工することで強度が高くなります。

 

アンテナを雪の積もりにくい場所に設置し、なるべく水平な位置に調整します。

 

また、アンテナの角度が変わらないようにしっかり固定することも大切です。

 

時間が経つと雪の重みなどにより固定が緩んでいることもありますので、台風や大雪の予報に合わせて定期的なチェッを行いましょう。

 

 

 

防雪加工・防雪グッズを利用する

雪を取り除くことで、受信性能を向上させることができますが清掃時には、適切な道具や装備が必要になり作業は危険も伴います。

 

そこで天候が悪くなる前にBSアンテナへ防雪加工をしておくことで、積雪による害を予防することが期待できます。

 

一部のBSアンテナには、雪の付着を防ぐための加熱機能が備わっている場合があります。

 

加熱機能は雪や氷の融解を促し、アンテナの表面をクリアに保ちます。

 

アンテナに加熱機能がある場合は、適切に設定して使用しましょう。

 

また、アンテナカバーを使用することで、アンテナの表面に雪や氷が付着するのを防ぐことができます。

 

アンテナカバーは市販されており、既存のアンテナに手軽に取り付けることができるのでお勧めです。

 

購入の際はアンテナに適合するサイズやタイプのものを選ぶことが重要です。

 

さらに、離雪スプレーも効果が期待できます。

 

耐雪スプレーは撥水効果を持ち、雪による水滴を付着しにくくします。

 

ただしドカ雪の場合などがアンテナに降り積もった場合は撥水効果が薄れてしまう可能性があります。

 

本来は除雪用のスコップや車のタイヤの雪付着や固着を防ぐためのものですがアンテナにも使用できます。

 

融雪装置付アンテナ アンテナカバー 離雪スプレー
融雪装置付アンテナ アンテナカバー

離雪スプレー

(引用:Amazonサイト

 

 

ブースターを利用する

ブースターを利用する

ブースターを使用することにより、BSアンテナの受信品質向上に効果が期待できます。

 

雪の影響によりブロックノイズが発生して見づらくなっていた番組も、ブースターを設置することで快適に視聴できるようになることがあります。

 

雪や雨風によって受信感度が下がっている状態でも、ブースターによって電波が増幅され、テレビの映りが改善するのです。

 

ブースターには主に、地上波専用、BS/CS専用、地上波・BS/CS両方に対応する、3種類があります。

 

BSアンテナに適したブースターを選ぶことが重要です。

 

アンテナの仕様や受信環境に応じて、適切な増幅能力や周波数範囲を持つブースターを選ぶ必要があります。

 

”間違って対応していないブースターを購入してしまった”ということがないように

 

アンテナ業者などの専門家からアドバイスを受けましょう。

 

 

関連リンク☞【テレビのブースターとは?選び方や設置方法などを徹底解説!分配器についても紹介!】

 

 

 

アンテナレベルを調整する

ブースターを使用している場合、アンテナレベルを適切に設定します。

 

ブースターには通常、調整つまみやスイッチがあります。

 

ブースターの取扱説明書を参考にしながら、信号の強度が適切になるように調整します。

 

アンテナレベルの調整は、精密な作業を要することがあります。

 

必要に応じて専門家にアドバイスを求めましょう。

 

また、安全に作業を行うためには、適切な道具や装備を使用し、高所での作業には注意を払いましょう。

 

 

 

 

 
 
 

自分でできる!アンテナレベルの確認方法

自分でできるアンテナレベルの確認方法【メーカー別】

自分でアンテナレベルを簡単に確認することができます。

 

アンテナレベルを把握することで、実際にどのくらい電波強度が下がってしまっているのかを知ることができます。

 

修理などが必要な場合にその数値が参考になる為チェックしてみましょう。

 

テレビやチューナーのメーカーやモデルによって異なる場合があるのでメーカー別に確認方法を紹介します。

 

 

 

SHARPの場合

  1. リモコンのホームボタンを押す
  2. 「設定」または「設定/その他」を選択して「決定」
  3. 詳細設定から「放送受信設定」を選択して「決定」
  4. 「地上デジタルアンテナレベル」または「BS/CSデジタルアンテナレベル」を選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 60以上…受信強度は十分
  • 60未満…受信強度が不足
  • 0…受信強度がまったくない

 

引用~SHARP~ 受信強度(アンテナレベル)を確認する方法

 

 

 

Panasonicの場合

  1. リモコンの「サブメニュー」または「便利機能」ボタンを押す
  2. 「視聴オプション」を選択して「決定」
  3. 「アンテナレベル」を選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 44以上…受信強度は十分
  • 44未満…受信強度が不足
  • 0…受信強度がまったくない

 

引用【~Panasonic~テレビ(ビエラ)のアンテナレベルの目安を知りたい】

 

 

 

SONYの場合

  1. リモコンのホームボタンを押す
  2. 「設定」を選択して「決定」
  3. 「放送受信設定」を選択して「決定」
  4. 「アンテナ設定」を選択して「決定」
  5. 「地上デジタル:アンテナレベル]、[BS:衛星アンテナレベル]、[CS:衛星アンテナレベル」のいずれかを選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 緑…受信強度は十分
  • 黄…受信強度が不足
  • 赤…黄よりもさらに不足

 

引用【~SONY~ アンテナレベルを確認する】

 

 

 

TOSHIBAの場合

  1. リモコンのスタートメニューボタンを押す
  2. 「放送受信設定」を選択して「決定」
  3. 「地上デジタル設定」を選択して「決定」
  4. 「アンテナの設定」を選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 22以上…受信強度は十分
  • 22以下…受信強度が不足
  • 0…受信強度がまったくない

 

引用【~TOSHIBA~REGZA アンテナレベル確認方法】

 

 

 

MITSUBISHIの場合

  1. リモコンのメニューボタンを押す
  2. 画面の「視聴オプション」を選択して「決定」
  3. 画面の「アンテナレベル」を選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 60以上…受信強度は十分
  • 45以下…受信強度が不足
  • 0…受信強度がまったくない

 

引用【~MITSUBISHI~「アンテナレベル」の設定方法 | 三菱電機 よくあるご質問 】

 

 

HITACHIの場合

  1. リモコンのメニューボタンを押す
  2. 「各種設定」を選択して「決定」
  3. 「初期設定」を選択して「決定」
  4. 「受信設定」を選択して「決定」
  5. 「受信設定(地上デジタル)」を選択して「決定」
  6. 「CH合わせ(地域名)」を選択して「決定」
 
~アンテナレベルの目安~
  • 60以上…受信強度は十分
  • 60未満…受信強度が不足
  • 0…受信強度がまったくない

 

引用【~HITACHI~各種設定確認手順について】

 

 

 

 

雪の影響でBSアンテナの調子が悪い場合の対処法

雪の影響でBSアンテナの調子が悪い場合の対処法

雪や雨でBS放送が見られない時の対処法をご紹介します。

 

事前に以下をチェックしておくことで、アンテナ修理をよりスムーズに進めることが可能です。

 

BSアンテナの調子が悪く修理や買い替えを依頼するか悩んでいる方も、

 

アンテナ工事業者へ問い合わせる前に1度チェックしてみましょう。

 

 

 

アンテナの修理・交換を検討する

アンテナの寿命はおよそ10年と言われていますが、使用環境によって期間は変動します。

 

豪雪地域・沿岸部・台風が多い地域はアンテナの寿命が短くなる傾向にあります。

 

破損しているなら、アンテナ自体を交換することが必要となりますが

 

アンテナが倒れている場合は立て直して再度使用できる可能性もあります。

 

しかし倒れた際にアンテナが破損している可能性が高いので

 

修理費用はあらかじめ交換する場合も視野に入れて、費用を用意しておくと安心です。

 

そのため業者に問い合わせた際は、修理のケースと交換のケース、様々なケースを想定して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

 

 

アンテナの向き・ズレを直す

BSアンテナは向きが数ミリでもズレると電波をきちんと受信できなくなり、テレビが正常に映らなくなるケースがあります。

 

雨や雪などの悪天候の後からテレビが映らない場合は、一見アンテナに問題がないように見えてもズレが生じているかもしれません。

 

向きの調整なら自分でやってみようと試みても、BSアンテナの調整は大変難しくアンテナの位置によっては危険を伴います。

 

専門のアンテナ工事業者に任せた方が無難な作業です。

 

 

 

ブースターの調整・交換を行う

雨や雪の影響で、一時的に画像や音声の質を下げた放送に切り替わることがあります。

 

頻繁に放送が切り替わって画像や音声の質が下がる場合は、ブースターを導入することで改善する可能性があります。

 

ブースター設置は使用するアンテナや周辺機器によっても変わってくるので、専門専門のアンテナ工事業者に相談しましょう。

 

 

アンテナケーブルを交換する

アンテナケーブルを交換する

アンテナとテレビやチューナーを接続するケーブルやコネクタも重要な要素です。

 

ケーブルが断線していたり、コネクタが緩んでいたりする場合、信号のロスやノイズが発生する可能性があります。

 

ケーブルと接続部を確認し、必要に応じて修理や交換を行うことで改善することがあります。

 

屋外に設置されているケーブルは高所作業になるケースもあるので危険を伴います。

 

こちらもアンテナ専門業者に一度見てもらう方が良いでしょう。

 

 

 

 
 
 
 
 

BSアンテナの工事業者の選び方

BSアンテナの工事は家電量販店などでも依頼できますが、

 

アンテナの専門知識や実績が豊富なアンテナ専門業者に依頼するのがおすすめです。

 

 

以下で工事業者の選び方のポイントを紹介します。

 

 

工事件数・実績が多い

BSアンテナの工事は専門的な知識と経験が求められます。

 

業者が十分な知識を持ち、適切な設置や調整ができるか確認しましょう。

 

業者のウェブサイトや資料をよく読み問い合わせ時に質問をして、その回答や対応からも判断することができます。

 

また、工事件数が多いアンテナ工事業者はコストパフォーマンスが良い傾向があります。

 

それは工事件数が多ければメーカーに大量発注ができるため大口割引で安く部材を仕入れることが可能だからです。

 

仕入価格は工事の費用にも直接影響するため、結果としてコストパフォーマンスも良くなるのです。

 

 

保証とアフターサービス

工事後の保証やアフターサービスの内容も確認しましょう。

 

保証の有無や保証年数は業者を比べる際の参考になります。

 

中には保証はオプションで有料形態をとっている業者もあるのでHホームページや問い合わせ時に確認しましょう。

 

また、営業時間や営業日などもチェックすると良いでしょう。

 

万一のトラブルや問題が発生した場合に、迅速かつ適切に対応してくれる業者を選ぶことが重要です。

 

 

見積もりの比較を行う

見積もりの比較は工事業者選びにおいて重要なステップです。

 

複数の業者から見積もりを取ることで、工事の費用の相場や適正な価格を把握することができます。

 

あまりに高額な見積もりや逆に安すぎる見積もりには注意が必要です。複数の見積もりを比較することで、適切な価格を見極めることができます。

 

また、見積もりには工事の内容や提供されるサービスも含まれます。

 

異なる業者の見積もりを比較することで、工事の範囲や品質、サービスなどが明確になります。

 

これにより、自分の要求に合った最適な業者を選ぶことができます。

 

また、電話で見積もりすることによって対応の丁寧さなどから、信頼できる業者を見極めることができます。

 

 

 

口コミを参考にする

口コミは一般の利用者や顧客からの生の声です。

広告や宣伝とは異なり、実際にサービスを受けた人々の率直な意見や評価が反映されています。

 

そのため、口コミは客観的な情報源となり得ます。

 

自分が重視するポイントに合わせて、口コミを参考にすることで、より客観的な判断ができます。

 

しかしネガティブなコメントや過剰評価のコメントには注意が必要です。

 

口コミも全てが正確で信頼できるわけではありません。

 

口コミを参考にする際には、複数の意見を総合的に判断することが重要です。

 

 

問い合わせや相談

業者に対して問い合わせや相談を行い、対応の良さやコミュニケーション能力から判断することも大切です。

 

なかにはスタッフの対応が悪くて残念だったといった意見も見受けられます。

 

スタッフの対応の質はサービスの質にもつながり重要な要素です。

 

金額の安さを求めるばかりに工事内容が粗雑だったり、対応が悪くてはいけません。

 

丁寧で迅速な対応をしてくれる業者を選ぶことが、工事の円滑な進行や満足度につながります。

 

 

 

 

 

BSアンテナの新規設置・修理工事の費用相場

BSアンテナの新規設置や修理工事の費用は、様々な要素によって異なります。

 

以下は一般的な目安としての費用相場ですが、地域や業者によっても異なる場合があります。

 

新規設置の費用相場:

    • アンテナ本体の価格: 5,000円から20,000円程度
    • 工事費用: 10,000円から30,000円程度

 

修理工事の費用相場:

    • アンテナの修理費用: 5,000円から20,000円程度
    • 配線や接続部の修理費用: 2,000円から10,000円程度

 

 

 

これらの費用はあくまで目安であり、実際の費用は現地調査や業者との相談に基づいて決定されます。

 

工事内容やアンテナの種類、設置場所の条件などによっても費用は異なるため、具体的な見積もりを取ることが重要です。

 

また、修理や設置工事の際には、アンテナ業者によっては出張費や追加工事費などが別途かかる場合があります。

 

事前に業者との契約内容や費用について詳細に話し合い、明確な見積もりを得るようにしましょう。

 

重要なのは、費用だけでなく、信頼性や品質の高い業者を選ぶことです。業者の評判や実績、保証内容なども確認し、慎重に選ぶようにしましょう。

 

 

関連リンク☞【【2022年最新】BS/CSアンテナ工事の費用は?種類・工事の流れ・業者の選び方も解説】

 

 

 

 

 
 
 
 
 

まとめ

上記で記したようにBSアンテナは、雨や雪の影響を受けやすいアンテナです。

 

そのため豪雪地域などにお住いのかたはメンテナンスや対策が必須となってくるでしょう。

 

しかし、BSアンテナの修理は専門的な知識や経験が必須です。

 

無理に自分で修理や交換を試みる前にアンテナ業者に相談すると良いでしょう。

 

無料で見積もりを行う業者はたくさんあります。

 

契約前に見積もり時の対応などから判断し、より良い業者選びができるようにこの記事を参考にしてみてください。

 

 

 

ー関連記事ー

【「現在受信できません0020」がテレビに出たときの原因は?対処法を徹底解説!】

【突然テレビが映らなくなった際の対処法を紹介!原因は?自分で解決できる?】


みずほアンテナ編集部
年間3万件以上の施工実績を誇るみずほアンテナの専門チームがテレビアンテナ工事について初心者の方にも分かりやすく解説します。

人気記事


新着記事


お急ぎの方もスピーディに対応します