4K/8K対応アンテナは必要?4K8Kの視聴方法やBSアンテナとの違いを紹介

公開日 2022/04/26

4K/8K対応アンテナは必要?4K8Kの視聴方法やBSアンテナとの違いを紹介

 

最近では、地デジアンテナと合わせて BS・CSアンテナを一緒に設置されるご家庭も増えています。

 

従来のBS・CSアンテナに加え、現在では4K8K対応のアンテナも普及していますが、その違いや4K8K放送の視聴方法についてはあまり知られていません。

 

ここでは4K8Kアンテナについて詳しくご紹介していきます。

 

 

 

 

 

4Kアンテナとは?

4Kアンテナとは

 

4Kアンテナとは、BS/CSアンテナと同じくお皿のような形状が特徴的です。

 

4Kアンテナの「K」は、テレビ画面に映像を表示するための「画素」を1,000単位で表した記号のことを指し、画素数が多くなるほど映像の臨場感は増します。

 

現行の地上波デジタル放送は2Kで、4K放送は画素数が約4倍になることにより臨場感あふれる映像が楽しめます。

 

従来のBSアンテナでは一部の4K放送しか視聴できません。

全てのBS4K放送を視聴できるアンテナが4Kアンテナです。

 

 

 

 

 

8Kアンテナとは?

8Kアンテナとは

8K放送は2018年12月から開始されています。

 

これまでのBS放送は右回りの旋回で電波が送られてきたのですが、8K放送は左回りの旋回で電波が送られてくるので、従来のBS/CSアンテナでは視聴できません。

 

8K放送は2K放送の約16倍の緻密な表現ができると言われており、より臨場感が楽しめ目の前で見ているような感覚を味わえます。

 

BS/CSアンテナや4Kアンテナと同じく、8K放送に対応しているアンテナもお皿のような形状をしており、販売されているアンテナには「4K8K放送対応」と記載されています。
こちらのアンテナは、BS・CS・4K・8Kとすべての放送が受信できます。

 

 

 

 

 

4K8KアンテナとBSアンテナの違いは?

4K8KアンテナとBSアンテナの違い

4K8KアンテナとBSアンテナの違いを一言で表すならば「視聴可能なチャンネルの多さ」です。

 

従来のBS/CSアンテナでは、4Kテレビや4Kチューナーがそろっている場合にも一部の4K放送しか視聴することができません。

 

4Kアンテナを設置していなければ視聴できないBS4Kチャンネルをご紹介します。

 

 

【無料のチェンネル】

・ショップチャンネル 4K
・4K QVC
・WOWOW
・NHK BS8K(8K対応機器が必要)

 

 

【有料のチェンネル】

・ザ・シネマ 4K
・J SPORTS 1(4K)
・J SPORTS 2(4K)
・J SPORTS 3(4K)
・J SPORTS 4(4K)
・スターチャンネル 4K
・スカチャン 1 4K
・スカチャン 2 4K
・日本映画+時代劇 4K

 

上記でご紹介したチェンネルや、今後新たに加わるチェンネルは4K8Kアンテナでなければ視聴できません。

 

4K8Kアンテナは従来のBSアンテナに比べ視聴できるチャンネルが多い分、アンテナの本体価格も3,000~5,000円ほど割高となっています。

 

なお、上記チェンネルは4K8Kアンテナに加え、壁のアンテナ端子・分配器やブースター・アンテナ端子とテレビを接続するケーブルなども4K8Kに対応したものを揃える必要があります。

別途費用がかかるブースターは、特に設置の有無について悩まれる方が多いです。

ブースターはアンテナが受信する電波を増幅する機器で、受信できる信号が弱い場合や、複数のテレビを視聴する場合には設置が必要になります。

 

 

 

 

 

4K8Kアンテナの設置の必要性

4K8Kアンテナの設置の必要性

前述したように、BS/CSアンテナでも4Kチューナーや4Kテレビが備わっていれば以下の一部4K放送は楽しめます。

 

・NHK(4K)
・BS朝日(4K)
・BSテレ東(4K)
・BS日テレ(4K)
・BSTBS(4K)
・BSフジ(4K)

※こちらは無料チェンネルですが、NHKの衛星放送契約が必要となります。

 

したがって一部のBS4K放送のみ視聴できれば良いという方は4K8Kアンテナは不要となります。

 

しかし、全てのBS4K放送を視聴したい、あるいは今後視聴する可能性がある方は4K8Kアンテナを設置する必要があります。

 

視聴したいチェンネルは何か、周辺機器を含むご自身の予算に合わせて選ばれるとよいでしょう。

365日対応 無料スピード見積り!365日対応 無料スピード見積り!
簡単LINEお見積もり簡単LINEお見積もり
無料相談はコチラ メールは24時間対応無料相談はコチラ メールは24時間対応
テレビアンテナでお悩みの方はみずほアンテナへご相談ください。テレビアンテナでお悩みの方はみずほアンテナへご相談ください。
料金やサービス詳細を見る料金やサービス詳細を見る

 

 

 

 

 

買い替えるなら4K8Kアンテナがいい?

4K8Kアンテナがいい?

 

BS/CSアンテナの買い替えを検討されている方は、4K8Kアンテナの設置がおすすめです。

 

一度BSアンテナを設置した後4K8K対応アンテナを新たに設置する場合、部材や部品も交換する必要があります。

そのため、部材や部品交換などが二重になり工事費用もその分高くなります。

 

現在、4Kアンテナのみ視聴できる左旋放送は13チャンネルとなっていますが、左旋放送は今後どんどん増えていくでしょう。

現時点の13チャンネル内で視聴する予定が無かったとしても、今後自分にとって魅力的なチェンネルが追加される可能性は否定できません。

電気量販店でも4K8Kチューナー内蔵型テレビが主流になっております。

 

従来のBSアンテナと4K8Kアンテナの設置金額は5,000円程度しか差がありませんので、予算が許されるのであれば4K8Kアンテナの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

4K8K放送の種類「右旋」「左旋」

4K8K放送の種類

衛星からの電波はクルクルと回転するように発信されています。

回転方向には右回りの「右旋円偏波」と、左回りの「左旋円偏波」があります。

 

従来のBS放送では右旋円偏波が使われていましたが、4K・8K放送開始時に右旋円偏波だけでは賄うことができなくなりました。

 

そこで新たに導入されたのが左旋円偏波です。

BSアンテナでは主に右旋円偏波が使われており、左旋円偏波で放送される新たなるチャンネルは視聴することができません。

 

したがって買い替えタイミングや現時点で新設をご希望の場合には、4K・8K対応の受信機に切り替えるのことが得策といえます。

 

 

 

 

 

今あるアンテナが4K放送に対応しているか見分ける方法

4K放送に対応しているか?

従来のBS/CSアンテナ、4K8Kアンテナはいずれもお皿のような形状をしています。

 

このことから家に設置してあるアンテナが4K8K放送に対応しているかどうか分からないという方も多いです。

 

ここでは見分ける方法を詳しくご紹介いたします。

 

 

 

 

SHマークの有無

4K8Kアンテナを見分ける方法として、まずは「SHマーク」がついているかどうか確認してみましょう。

 

BS4K放送を受信できる一定以上の性能を持っている機器を紹介するマークがSHマークです。

 

SHマークはアンテナ本体や取扱説明書などを見れば確認できます。SHとは「スーパーハイビジョン受信マーク」を略称したものです。

 

アンテナに加え、ブースターや分配器・壁面端子・混合器や分波器・直列ユニットなど周辺機器のSHマークも確認しましょう。

 

SHマークが確認できれば、4K8K放送が受信できるという証明になります。

 

 

 

 

対応周波数の確認

次に確認して頂きたいのは「対応周波数」です。

 

4K8Kアンテナでは、3,224MHzまでの周波数に対応しています。

新しく追加されるチャンネルの中には、高い周波数で受信されるチェンネルもあります。

 

対応周波数は取扱説明書で確認ができます。

ご自身のアンテナが3,224MHzまで周波数が対応しているかきちんとチェックしてみましょう。

 

参考までですが、既存のBS/CSアンテナでは2,071MHzまでの対応となっています。

 

 

 

 

QVCチャンネルが映るかどうかの確認

前述の確認方法は実際のアンテナを目視したり、取り扱い説明書の確認が必要となります。

 

しかし、アンテナが高い場所に設置されて直視できない、さらに取り扱い説明書が見当たらない場合もあるでしょう。

 

その場合には、リモコン「CSボタン」を操作し確認ができます。

「CSボタン」を押し、画面上で「QVCチャンネル」が映ると4Kに対応していると言えます。

「QVCチャンネル」が映る時点で、アンテナに限らず周辺機器も4K対応である証になります。

 

 

 

 

 

4Kアンテナの選び方

4K8Kアンテナの選び方

4K8Kアンテナは国内商品で選ぶ場合、アンテナ本体のデザインや大きさ、性能に大きな差はありません。

最近ではAmazonなど通販サイトで気軽に購入することもできます。

 

4K8Kアンテナを選ぶ上で注目すべきポイントは「SHマークがついているか」「本体の大きさ」「外観と調和するカラー」などです。

 

口径(直径)50cmのアンテナは悪天候でもノイズなく視聴できます。

ノイズなど気にならずとにかく費用をおさえたいという方は、口径(直径)45cmでも良いでしょう。

 

アンテナ設置業者にどのアンテナが良いか相談するのも得策です。

周辺機器選びもサポートしてくれる場合もあります。

 

 

 

 

 

4K8Kアンテナの設置の流れ

4K8Kアンテナの設置の流れ

①アンテナ本体を組み立てます。

②アンテナの取付位置を決めます。

③アンテナの角度の調整します。

④アンテナケーブルを室内に引き込みます。

⑤アンテナレベルを確認しながら方向の微調整を行います。

⑥チャンネルの設置、問題がなければ工事終了です。

 

4K8Kアンテナの設置場所は、電波を阻害する高層建築物が周辺にないことが条件です。

 

候補として考える設置場所は「屋根」「壁面(軒下)」「ベランダ」などをあげられます。

4K8Kアンテナは基本的には屋外に取り付けます。

 

屋根や壁面にアンテナを設置する場合には、危険も伴いますので業者に依頼するようにしましょう。

また、アンテナの配線の取り回しや本体の角度調整など専門知識も必要になります。

 

無料で現地調査や見積もりを取ってくれるだけでなく、設置後アフターフォローも行ってくれる業者もあります。

 

信頼できる優良業者かどうかしっかりと見極めましょう。

 

 

 

 

 

4K8Kアンテナの費用相場

4K8Kアンテナの費用相場

4K8Kアンテナの費用相場は、20,000円~30,000円と業者によって差があります。

 

工事をする作業員の人件費や仲介手数料によって、金額の差が発生していると考えられます。

 

アンテナ専門業者に設置をお願いした場合、工事は自社スタッフが担当します。

そのため、仲介手数料を削減できます。

 

大手電気量販店に設置を依頼した場合には、下請け業者である街の電気屋などが工事を行うため仲介手数料が発生し、その分工事料金に反映されます。

 

ご自身で設置される場合には設置費用は省かれますが、その分手間がかかることはもちろん、失敗の際の無駄な出費が発生する場合もあります。

 

基本的には業者に依頼した方が安心です。

業者に依頼する場合にも、価格が高いから技術力も高いという事ではありません。

 

大切なマイホームへの工事は信頼できる業者に依頼しましょう。

365日対応 無料スピード見積り!365日対応 無料スピード見積り!
簡単LINEお見積もり簡単LINEお見積もり
無料相談はコチラ メールは24時間対応無料相談はコチラ メールは24時間対応

 

 

 

 

 

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

ー施工事例①ー

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

 (右)Before(左)After

・施工エリア:千葉県佐倉市

・設置位置:外壁

・アンテナカラー:ブラック

・お客様からのコメント

「設置位置など丁寧な説明に安心しました。今後なにかあった場合にはみずほアンテナにお願いしたいです。」

 

 

 

 

ー施工事例②ー

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

施工エリア:埼玉県入間市

・設置位置:ベランダ

・アンテナカラー:ホワイト

・お客様からのコメント

「今晩早速ご自宅で様々なスポーツ観戦を楽しみます。丁寧な対応で大満足です。」

 

 

 

 

ー施工事例③ー

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

・施工エリア:福岡県宗像市

設置位置:屋根上

アンテナカラー:ベージュ

お客様からのコメント

「UHFアンテナと合わせての設置でしたが、スムーズな工事で安心してお任せできました。」

 

 

 

 

ー施工事例④ー

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

施工エリア:広島県呉市

設置位置:ベランダ

アンテナカラー:ブラック

お客様からのコメント

「外壁に溶け込むブラックの色が気に入りました。映りもバッチリで今後のTVライフが楽しみです。」

 

 

 

 

ー施工事例⑤ー

みずほアンテナの4K8Kアンテナの施工事例

施工エリア:愛知県名古屋市

設置位置:軒下

アンテナカラー:ブラック

お客様からのコメント

「すべての機材設置完了後も、きちんと電波が来ているか入念に確認してくれるなど丁寧な対応でした。」

 

 

 

 

 

みずほアンテナの4K8Kアンテナの設置工事対応エリア

みずほアンテナの4K8Kアンテナの設置工事対応エリア

 

みずほアンテナは関東、東海、関西、中国、九州の5つのエリアで地デジアンテナ工事を承っております。

 

お客様がお住いのエリアに特化した自社スタッフがお伺いしますので、周辺地域の地形や様々なご自宅の構造に合った施工が可能です。

 

 

 

 

 

まとめ

4K/8K対応アンテナは必要

最近では、民放チャンネルと合わせて4K8Kアンテナの設置を検討されている方が増えてきています。

 

4K8Kアンテナを設置することで映画やスポーツなど様々なジャンルの番組を視聴でき、 お家時間もより楽しめます。

 

みずほアンテナでは年間3万件もの工事を実施しています。
自社の熟練スタッフが施工を行っているため、安くて丁寧な工事を実現しています。

4K8Kアンテナの工事は、業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。

 

 

 

 

 

ー4K8Kアンテナの関連記事はコチラー

☞【4K8Kアンテナ外壁設置法

☞【4K8Kアンテナ外壁設置法

人気記事


新着記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

みずほアンテナ工事対応エリア一覧

お客様のお住まいもしくはアンテナを設置されたい都道府県をクリック頂くとより詳しいご案内がございます。

関東エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
関西エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
東海エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
九州エリアの方はこちらから
ご覧くださいね
中国エリアの方はこちらから
ご覧くださいね