佐賀県鳥栖市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

鳥栖市(とすし)は佐賀県の東端に位置し、北は脊振山地を隔てて福岡平野、南は筑後川をはさんで久留米市に隣接。 東西8.2キロメートル、南北9.0キロメートル、面積71.72平方キロメートルで、人口約73,000人。昭和29年4月に鳥栖町、田代町、基里村、麓村、旭村の2町3村が合併して発足しました。市役所は、東経130度30分21秒、北緯33度22分39秒に位置し、標高23.5メートルです。鳥栖という地名は、その字のとおり「鳥の栖(すみか)」という意味です。奈良時代に書かれた「肥前風土記」によると、ここに住む人々が鳥小屋を作り、雑鳥(くさぐさのとり)をつかまえてかいならし、朝廷に献上したことから「鳥屋の郷」(とりやのさと)、「鳥樔(巣)郷」(とすごう)と呼ばれ、のちに鳥栖という地名になったと伝えられています。自然に恵まれた鳥栖市では、同市と福岡県筑紫郡那珂川町にまたがる九千部(くせんぶ)山の山麓や河内ダム周辺はもちろん、市内全域で多くの野鳥を見ることができます。市の鳥である「メジロ」や佐賀県の鳥「カササギ」はもちろん「ヤマガラ」や「モズ」、「カワセミ」や「ヒバリ」、「ヒヨドリ」など、これまで147種の鳥が確認されています。日本四大売薬の一つとして知られる田代売薬が栄えた土地です。鳥栖市に本社を置く久光製薬は田代売薬を祖とする企業です。九州で唯一の地方競馬場である佐賀競馬場があります。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサガン鳥栖のホームタウンであり、JR鳥栖駅東側に鳥栖スタジアムがあります。東洋経済オンラインの「住みよさランキング」では上位にランクインすることが多く、2010年(平成22年)は九州ブロックで1位、全国総合ランキングで4位となりました。佐賀県鳥栖市の人口は、総人口が74,137人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県鳥栖市の放送受信契約数は、23, 829件で、衛星契約数は、10, 701件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。