佐賀県多久市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

多久市(たくし)は、佐賀県の中央部に位置する市です。多久市は佐賀県のほぼ中央部に位置し、四方を山に囲まれた盆地で、東と北は小城市小城町、佐賀市富士町、西と北は唐津市厳木町、相知町、南は、小城市牛津町、杵島郡江北町、大町町、西南は武雄市と接しています。漢字で「多久」を表記し、市の大同団結と躍進を象徴したもので、昭和29年11月に決定しました。市旗は、市の力強く発展する姿を象徴する市のかえでと、市の花うめを図案化したものです。かえでの七葉は、地・水・火・風・空・見・識を表徴しています。うめの花は厳しい霜雪に耐え、百花に先駆けて咲き、芳香を放ち、清楚・高潔・忍耐を表しています。幹は、剛毅と無辺なる躍進を表しています。昭和49年5月に定められました。市制20周年を記念して市の花に制定されたうめは、毎年早春になると、街によい香りをただよわせはじめます。春の訪れを知らせるうめの花は、厳しい霜雪に耐え、百花に先駆けて咲き、芳香を放ち、清楚・高潔・忍耐を表しています。市内の公園などに数多く植えられており、色とりどりの花が咲き誇り、街を彩っています。うめは美しいもののたとえでもあり、自然の美しい多久市を象徴しています。初夏には新緑の葉がまぶしく、秋になると紅葉をはじめるかえで。市花のうめとともに市制20周年を記念して制定されました。かえでは霜が降りるころになると黄葉、紅葉します。盆地で温度差のある地形が、紅葉の美しさをより際だたせています。友好都市・曲阜市は、中国の山東省西南部に位置し人口約63万人の都市です。偉大な哲学者で教育者であった孔子がここで生まれました。孔子が縁で1993年(平成5年)11月23日に多久市と友好都市を締結しました。孔子を祀った「孔廟」、孔子の直系子孫が住んだ邸宅「孔府」、孔子とその末裔の墓所である「孔林」の3つをあわせた「曲阜三孔」が、1994年(平成6年)にユネスコの世界文化遺産に登録されました。佐賀県多久市の人口は、総人口が18,880人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県多久市の放送受信契約数は、6, 445件で、衛星契約数は、2, 317件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。