佐賀県嬉野市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

嬉野市(うれしのし)は、佐賀県西部に位置する市です。嬉野温泉が所在します。ほぼ全域が周囲を比較的緩やかな山に囲まれた盆地で、東部の一部が白石平野に属します。市役所は、人口が多かった旧嬉野町ではなく、旧塩田町におかれました。これは、対等合併前の合併協議会の中で、新しい自治体の名称に嬉野を使うならば本拠地(市役所本庁舎)は塩田町に置くことが合併の条件として協議が進められた経緯があります。また、旧塩田が先に村から町になったという歴史的経緯、加えて、旧嬉野町の役場がどちらかといえば老朽化していて、旧塩田町の役場が合併を基準日として直近に建て替えられ新しく、防災上有利な立場にあったことが影響しました。なお、福岡県西方沖地震で旧嬉野町は震度5弱を記録しました。かつては、旧嬉野町にも警察署が置かれていたが、2006年(平成18年)4月1日に佐賀県警察の組織再編により廃止され、塩田町との合併を考慮し同じ藤津地域である鹿島警察署に統合されました。これにより、一部の届出は鹿島警察署へ出向かなければならなくなりました。なお、市内の駐在所はそのまま残されました。嬉野市は、同じ藤津郡でありながら、旧嬉野町は武雄寄り、旧塩田町は鹿島寄りと、まるっきり異なる性格を有していました。そのことが、通信・放送の分野にも現れています。福岡・熊本両県の民放については、有明海に近い旧塩田町の一部ではアンテナを設置して視聴できる地域があるものの、大半のエリアでは直接受信不可です。このため、旧町域ごとにケーブルテレビ局があり、市内の大半をカバーします。旧嬉野町の一部では烏帽子岳 (佐世保市)からのVHF波が届くエリアもあり、テレビ放送開始初期はこちらにアンテナを向けていたエリアもあったようだが、アナログ放送終了やケーブルテレビの普及による福岡波視聴習慣の定着もあって需要は減っており、テレビ九州も長崎放送の再送信を取り止めました。佐賀県嬉野市の人口は、総人口が26,349人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県嬉野市の放送受信契約数は、9, 414件で、衛星契約数は、3, 504件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。