佐賀県神埼市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

神埼市は、佐賀県の東部に位置し、東は神埼郡吉野ヶ里町および三養基郡、北は佐賀市三瀬村および脊振山地を隔てて福岡市、南は九州の大河、筑後川を挟んで福岡県久留米市城島町、西は県都の佐賀市と隣接しています。地形は、城原川、田手川および嘉瀬川の源流部をなす脊振山を最高峰とする北部の山間地域と、同河川が潤す肥沃な平野からなる南部の穀倉地帯とに分別される、縦に細長い形を成しています。神埼市の総面積は、125.13平方キロメートルであり、そのうち、地目別では、山林・原野などが約66%を占めており、田畑が28%、宅地は全体の5%強であり、緑豊かな環境が広がっています。神埼市の気候は、比較的温暖多雨ですが、冬季には山間部では路面凍結や積雪を見るなど、四季の変化がはっきりした地域です。神埼市においては、ほぼ中央をJR長崎本線と国道34号が東西に横断し、その北側に長崎自動車道(高速道路)と県道31号(佐賀川久保鳥栖線)が並走しています。またこれらと交差して、北部の国道263号に繋がる県道21号(三瀬神埼線)や県道46号(中原三瀬線)、51号(佐賀脊振線)、南部の国道264号とを結ぶ国道385号や県道48号(佐賀外環状線)などが走り、特に国道385号は、福岡都市圏への新しいエントランスとして期待されます。このように、神埼市は、広域的な交通網の整備により、佐賀市や鳥栖市などの商業圏や佐賀空港まで20キロメートル圏内であり、また、福岡都市圏や福岡空港へも短時間でアクセスできる、都市圏の機能分担についても可能な位置関係にあるといえます。神埼市では、吉野ヶ里遺跡という大規模な弥生時代(約2千年前)の環壕集落跡が発見されたことをはじめ、当時の生活が偲ばれる土器や銅剣などの考古学的にも重要な遺跡が各所で多数出土しており、太古の時代から人々が生活を営んでいた地域であると推測されています。大化の改新以降、神埼市の平野部では、人々に一定の土地を割り与える班田制が施行され、この遺構としての条里制の坪名が今も残り、奈良時代に大宰府政庁へと続いた「西海道」の官道跡も残っています。佐賀県神埼市の人口は、総人口が31,306人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県神埼市の放送受信契約数は、9, 860件で、衛星契約数は、3, 969件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。