テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 佐賀県 > 佐賀県神埼市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例


佐賀県神埼市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると神埼市の放送受信契約数は10, 046件で、衛星契約数は4, 241件です。2020年の新築戸建て着工戸数は123件です。

神埼市で工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。

神埼市では地デジ用のアンテナは2種類からお選びいただけます。最新のスタイリッシュなデザインアンテナ、従来のお魚の骨のような形をしたUHFアンテナがございます。デザインアンテナはお家の外観を損なわずに設置することができるので、多くのお客様からお選びいただいております。みずほアンテナでは豊富なカラーバリエーションをご用意しており、ホワイト・ベージュ・ブラックブラウン・ブラックの4色からお選びいただけます。お家の外壁のお色とアンテナのお色を合わせていただくと、目立たず設置することができます。

神埼市ではアンテナの施工方法をお選びいただくことができます。従来の屋根上設置法や外壁設置法、また現在では屋根裏に設置することもできます。屋根裏設置法はお家の外観を損なわなくて済むと多くのお客様からお問い合わせをいただいております。屋根裏には設置条件がいくつかありますので、気になる方はぜひ一度みずほアンテナまでお問い合わせくださいませ。

みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。神埼市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。神埼市は、全域対応しております。

佐賀県神埼市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 神埼市の下請けの業者が来ますか?

    みずほアンテナの自社スタッフが工事にお伺いさせていただきます。弊社では下請けや外注業者は一切契約しておりません。お伺いさせていただくのは完全自社雇用のスタッフになります。またアンテナ専門の熟練のスタッフですので、豊富な経験や高い技術を兼ね備えております。関東、東海、関西、九州の各営業所からお客様のご自宅へお伺いします。 また自社スタッフだからこそ、お電話口と現場で連携し、当日スムーズに工事が進みます。ご予約時にお聞きした内容やご要望を担当スタッフにきちんと引き継ぎますので、同様のご説明をいただかず、直ちに現地でご希望のアンテナや設置位置で現場調査を進めさせていただきます。現地で確認させていただいた内容にご納得いただけましたら、当日工事が可能です。1時間~2時間ほどでお立ち合いは終了いたしますのでお仕事やお子様の送り迎えがある方でもご負担なくスケジュールを組むことができます。 下請けや外注業者の場合、情報の共有がなく工事まで時間がかかってしまったり、希望がうまく伝わらず設置に納得いかない場合がございます。また何か不具合が発生した際、下請けや外注業者ですと駆け付けまでに時間がかかってしまったり、その業者が閉業してしまっており、他の業者を呼ぶ必要があるケースもございます。アンテナ工事はアフターサービスもしっかりしている業者がお勧めです。

  • 神埼市で4K8Kを見るには?

    神埼市で4K8K放送をご覧いただくには、「4K8K対応のBS/CSアンテナ」が必要になります。4K8K対応のBS/CSアンテナとは、よくベランダや屋根上に見かける、通称”パラボラアンテナ”と言われる円盤型のアンテナです。2018年からスタートした4K8K放送は衛星から電波を受信するため、ご覧いただくためには地上波専用のアンテナとは別に衛星放送用のアンテナを設置する必要があります。アナログ放送から地上デジタル放送に移行した時のように、全てが4K8K放送に移行されるわけではありません。従来のBS/CS放送と同じように、4K8K放送も地上デジタル放送と並行してご覧いただく形になります。 またアンテナに加えてテレビも対応のものが必要になります。4K8Kテレビと対応チューナーか4K8Kチューナー内蔵型テレビでご覧いただくことができますが、現在ですと4K8Kチューナー内蔵型テレビが主流になっております。4K8K放送をご覧いただくには4K8K対応のアンテナとテレビが必要になります。

  • 支払い方法は現金だけですか?

    現金またはクレジットカード、キャッシュレスサービスからお選びいただけます。カードリーダーをお持ちしておりますので、工事終了後に担当スタッフにどちらかをご提示いただければその場で精算完了となります。クレジットカード会社につきましては、全てのカード会社に対応しておりますのでお好きなものをお選びください。キャッシュレスサービスをご利用の場合はスマホの画面を担当スタッフにご提示ください。どちらの支払い方法をお選びいただいても手数料などお客様の負担はございませんのでご安心くださいませ。 また現金払いのお客様のみTポイントを付与サービスがございますので、ご利用の際はお支払いの際に一緒に担当スタッフにご提出ください。

佐賀県神埼市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

神埼市(かんざきし)は、佐賀県の東部に位置し、面積は125.13㎢(境界未定部分あり)で、人口は30,525人で、人口密度は244人/㎢(2021年調査結果)です。

佐賀市中心部から北東約10キロメートルに位置する神埼市は、北部には背振山地、南部には筑後川北岸の佐賀平野にあり、中央部を城原川が通貫しています。城原川・田手川および嘉瀬川の源流部を成す脊振山を最高峰とする北部の山間地域と同河川が潤す肥沃な平野からなる南部の穀倉地帯とに分別されており、南北に細長い市域を持っています。市内のほぼ中央をJR長崎本線と国道34号が東西に横断し、その北側に長崎自動車道(構想道路)と県道31号(佐賀川久保鳥栖線)が平行しています。また、これらと交差するように北部の国道263号に繋がる県道21号(三瀬神埼線)や県道46号(中原三瀬線)、51号(佐賀背振線)、南部の国道264号とを結ぶ385号や県道48号(佐賀外環状線)などが走っています。特に国道385号は福岡都市圏への新しいエントランスとしても期待されており、広域的な交通網の整備が進められています。佐賀市や鳥栖市などの商業圏へのアクセスや佐賀空港まで20キロメートル圏内であることに加え、福岡都市圏や福岡空港へも短時間でアクセスできる立地から都市機能分担についても可能な位置関係にあると言えます。

神埼市の名所と言えば、国の指定名勝である九年庵です。四季折々で楽しむことのできる九年庵は、数寄屋造りの邸宅と日本家屋であり、9年の歳月をかけて築造された庭園は、秋には絶妙に異なる幾種類もの紅葉のグラデーションが苔の緑とコントラストをなし、春にはみずみずしい新緑で園内を包み込む美しい情景を生み出します。また、国内最大規模の弥生時代の遺跡である吉野ケ里遺跡も市内に存在しています。およそ117ヘクタールにわたって残る環濠集落跡で知られており、集落発生とクニへとの拡大・発展する弥生時代社会の様子を見ることのできる大変貴重な遺跡です。現在は国営吉野ケ里歴史公園として整備されており、環濠や竪穴式住居、高床住居などが復元され、実際に手で触れることのできる出土品もあります。公園は「弥生人の声が聞こえる」をテーマに情報発信も行っており、邪馬台国を想像できる遺跡として多くの人で賑わっています。他にも、長崎でシーボルトに学んだ幕松の医者であり蘭学者の伊藤玄朴が建てた旧宅や、平安時代から三所大明神の一つとして崇められてきた白角折神社、長崎街道に現存する唯一の一里塚であるひのはしら一里塚など、多の史跡が市内のいたるところに溶け込んでいます。

佐賀県地域におけるアンテナ工事・設置・取り付け対応エリアについて

あ行
伊万里市
嬉野市
小城市
か行
鹿島市
唐津市
神埼市
神埼郡
杵島郡
さ行
佐賀市
た行
多久市
武雄市
鳥栖市
な行
西松浦郡
は行
東松浦郡
藤津郡
ま行
三養基郡