佐賀県武雄市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

武雄市(たけおし)は、佐賀県の西部に位置する市です。中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されています。佐賀県の西部、佐賀市の西約28km、佐世保市の東約30kmの場所に位置します。地形は低山と盆地と川沿いの平地が入り組む地勢です。市域南東部の武雄盆地の西の端と、市域西側の盆地に人口が集中しています。他の地域は山地です。年平均気温は15.4℃です。県全体からみれば、玄界灘や有明海の沿岸が16℃から16.5℃で高く、天山山塊の高原地帯が13℃から15℃で低いです。武雄は後者の低い方で、同様の地帯が嬉野地区を経て多良岳へと続いています。気温は1日の気温差が大きい傾向にあり、夏は最高気温が35℃を超えることもあります。海抜が低いため水害(洪水)が多いほか、内陸のため冬季を中心に乾燥しやすいです。また、水蒸気が多量に供給されて、風のない夜間放熱される条件の時は霧が発生します。七山や古湯、佐賀平野の東部などと共に武雄盆地も霧の発生が多いところです。市域の約23%が田畑で、市内全域で農業が行われています。主な農産物は米で麦、大豆の栽培も盛んです。山内町は茶やチンゲンサイ、佐賀牛などの生産が多いです。しかし、年々農業所得が低下しており県内の市の中では最も低くなっており、農業後継者の高齢化と重なり耕作放棄地の増加や農業離れが深刻な問題となりました。2007年に市がレモングラス栽培を呼びかけ、当時「レモングラス課」を置いて推進していました。ケーブルテレビ経由で福岡県の放送局が視聴できます。武雄市は地理的に受信環境の悪い地域なのでケーブルテレビの加入率が93%と非常に高いです。佐賀県武雄市の人口は、総人口が48,261人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県武雄市の放送受信契約数は、16, 132件で、衛星契約数は、4, 879件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。