佐賀県小城市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

小城市は、佐賀県のほぼ中央にあり、佐賀平野の西端、県庁所在地・佐賀市に隣接している地域です。佐賀市の西方約10キロ、車で20分の位置にあり、福岡市へ70キロ、長崎市へ100キロの距離にあります。地勢的には、北部に天山山系がそびえ、中央部は肥沃な佐賀平野が開けています。また、南部には農業用排水路のクリーク地帯が縦横に広がり、日本一の干潟・ 有明海に面しています。天山山系から源を発し流れ下る祇園川、晴気川、牛津川は、扇状地を形成し、佐賀平野を潤し、嘉瀬川および六角川に合流して有明海へと注いでいます。気候は、夏は高温多湿でやや蒸し暑く、冬は乾燥した北西の季節風(天山おろし)が強いのが特徴で、天山県立自然公園、ムツゴロウ・シオマネキ保護区に代表される、貴重で豊かな自然資源を有しています。小城市の面積は、95.81平方キロメートルで県土の3.93パーセントを占めています。春の訪れをつげる牛尾の梅林や小城公園の桜、芦刈海岸のムツゴロウ、初夏には祇園川のホタル、秋には江里山の棚田を彩る彼岸花、冬には天山の頂に白いベールを覆う雪など春夏秋冬のさまざまな姿を見せてくれます。小城市4町には、貴重な歴史・文化資源が豊富にあります。小城町(おぎまち)は、鎌倉・室町時代に千葉城を中心とした中世都市、江戸時代には小城鍋島藩の城下町として繁栄しました。三日月町(みかつきちょう)は、弥生時代に土生遺跡を中心に大陸との交流が盛んに行われ、また戦国時代は千葉氏、江戸時代は小城藩の米どころとして栄えました。牛津町(うしづちょう)は、江戸時代から長崎街道の宿場町、また牛津川の港町として栄え、“西の浪花”と呼ばれました。芦刈町(あしかりちょう)は、鎌倉時代の終わりごろから干拓が始まり、戦国時代には徳島氏、鴨打(かもち)氏などの武将が活躍し、農漁業の町として栄えました。佐賀県小城市の人口は、総人口が43,717人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県小城市の放送受信契約数は、13, 535件で、衛星契約数は、4, 921件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。