佐賀県唐津市

施工ブログ一覧

もっと見る

佐賀県唐津市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

唐津市は、佐賀県北西部の位置にあり、市域は、東西約36km、南北約30kmに及び、総面積は約487.58㎢で、佐賀県全体の約20%を占めています。市の東部は福岡県糸島市、佐賀市、南部は多久市、武雄市、伊万里市、西部は玄海町、伊万里湾を隔てて長崎県松浦市に境界を接し、北部は玄界灘に面しています。また、東部は背振山系が唐津湾に向かってなだらかに傾斜し、中部は松浦川の流域に沿って平坦部が広がり、西部には丘陵地帯の上場台地があります。その地先をなす唐津湾は帯状の松原と砂浜が両翼に広がり、湾のほぼ中央に高島があります。近郊の海には、神集島、小川島、加唐島、松島、馬渡島、向島の離島群が東松浦半島を取り囲むように位置しています。市域は松浦川・玉島川による平野部(唐津平野)と、上場(うわば)と呼ばれる丘陵性の玄武岩台地からなり、東は背振山地、西は伊万里湾、南は杵島山地、北は玄界灘(唐津湾)に面し、唐津湾には松浦川が注ぐ。また北西部の海岸はリアス式で出入りに富み、その地理的特徴からこの地域は古代から大陸方面の海上交通の拠点となりました。地球上における唐津市の位置として特筆すべきことは、東経130度経線が、唐津市の区域のほぼ中心を貫いていることです。このため、西九州自動車道の唐津インターチェンジの本線上に、東経130度が通過していることを示す標識が建てられています。西九州自動車道唐津ICにおける東経130度線標識、西は松浦川河口部付近から東の浜崎駅付近まで広がるクロマツの林は虹の松原と呼ばれ、景勝地ならびに唐津の象徴のひとつとして親しまれています。鏡山の展望台からは虹の松原及び唐津市街が一望できます。東松浦半島から松浦川河口付近一帯は玄海国定公園に指定されています。平野部では江戸時代初期に大規模な治水事業が行われ、ほぼ現在の地形となりました。佐賀市、多久市、伊万里市、福岡県糸島市、長崎県松浦市などと境界を接します。佐賀県唐津市の人口は、総人口が119,208人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県唐津市の放送受信契約数は、41, 123件で、衛星契約数は、14, 376件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。