佐賀県鹿島市

施工ブログ一覧

もっと見る


佐賀県鹿島市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

鹿島市(かしまし)は、佐賀県の南部にある市です。旧藤津郡。佐賀県の南部、佐賀市の南西約60kmの場所に位置します。市域東部は有明海に面し、市域南西部は長崎県と県境を成しています。南に多良山系があり、南部はその麓で、いくつかの川が谷を刻みます。北部は海岸沿いの平野で、鹿島市街があります。鹿島市は、佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれ自然環境に恵まれたところです。平成27年国勢調査で世帯数10,124世帯、人口29,684人となっています。交通体系は国道207号が長崎本線と並行して走り、福岡市と長崎市からはJR長崎本線で約1時間の距離にあります。就業者による産業別構成は、平成27年国勢調査で第一次産業14.2%、第二次産業25.7%、第三次産業が60.1%の割合です。第一次産業は減少傾向にありますが、就業人口の割合が県内10市で最も高いことが本市の特徴です。観光面においては、年間280万人の参拝客が訪れる日本三大稲荷の一つの祐徳稲荷神社や有明海の自然を生かした地域おこしのイベント「ガタリンピック」などがあります。特産品である、佐賀錦は、もともとは江戸時代に肥前鹿島藩で創始されたもので「鹿島錦」と呼ばれていたが、佐賀本藩が1867年のパリ万博に出品する際に知名度等の問題から「佐賀錦」として出品したことでこの呼称が定着しました。国内・国際的によく知られている佐賀錦は花鳥風月の豪華絢爛な織物とされているが、古来の佐賀錦はやや質素ながら高級感のあるもので一線を画しています。明治以降衰退し存続の危機に立ったが、大隈重信らの助力により再興され、伝統産業として存続しています。佐賀県鹿島市の人口は、総人口が28,561人(推計人口、2018年10月1日)となっております。佐賀県鹿島市の放送受信契約数は、9, 704件で、衛星契約数は、3, 494件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。