テレビが映らないのは室内アンテナのせい?考えられる原因と対処法とは

テレビを設置したのに番組が映らない、急にテレビが映らなくなったというようなとき、さまざまな原因が考えられます。

その代表的なものが、テレビ電波を受信するためのアンテナに関するトラブルです。

また、テレビ用のアンテナにはいくつかの種類があり、どの種類のアンテナを使っているかによっても、トラブルの原因は異なります。

そこでここでは、室内アンテナを設置している場合を想定し、テレビが映らない際の原因と対処法について解説していきます。

 

 

【配線ケーブルが断線していないか確認しよう】

 

テレビが映らない主な原因としては、アンテナとテレビをつなぐ配線ケーブルの断線が挙げられます。

配線ケーブルが断線していると、アンテナで受信した電波が正常にテレビまで届かず、テレビ放送が映りません。

断線の対処法として簡単なのは、断線したケーブルの交換です。

しかし、チューナーやブースターなどの設置状況によっては配線が複雑で、断線箇所を特定するのが難しい場合もあるでしょう。

電圧や通電のチェックなどに用いるテスターで断線箇所を確認することもできますが、使い方を誤ると配線をショートさせ、事態を悪化させてしまう可能性もあります。

ですから、知識に自信のない人は、無理に自分で修理しないほうが無難です。

 

【アンテナの角度が変わっていないか確かめよう】

 

通常、室内アンテナがその性能を発揮するためには、アンテナの角度が電波の発信方向を向いている必要があります。

理由は、室内アンテナが持つ指向性という性質です。

指向性を持つアンテナは、電波の発信元である電波塔や中継局の方向を正しく向いていなければ、充分な電波を受信することができません。

そのため、なにかの拍子でアンテナの角度が変わり、突然テレビが映らなくなるというトラブルが起こってしまいます。

室内アンテナを正しい角度に設置し直す際は、近隣住宅の屋上やベランダに設置されているアンテナの方向を見ることで、おおまかな角度を確認することができます。

山の近くであれば、電波塔を目視できる場合もあるでしょう。

さらに、インターネットで最寄りの電波発信元を調べることもできます。

近隣にアンテナの角度の参考になる対象がないようなら、利用してみると良いでしょう。

ただ、テレビ電波は視聴するテレビ番組によって、電波の発信元が異なるという特徴を持ちます。

地上デジタル放送やBS・CSやスカパーなど、それぞれの発信元を詳しく調べたい場合も、インターネットが便利です。

他にも、スマートフォンのアプリを使ってアンテナの正しい角度を調べることも可能です。アンテナによっては微調整が必要なので、難しいと思ったらプロに見てもらうのも良いでしょう。

また、室内アンテナには指向性を持たない非指向性アンテナというタイプが存在します。

非指向性アンテナは角度のこまかな調整が必要なく、広い角度で電波を受信可能です。

ただし、強い電波でないと充分に受信できないというデメリットを持ちます。

 

【自宅の電波状況を把握しよう】

 

価格が安い、設置工事がいらない、景観を損ねないなどといったメリットを持つ室内アンテナですが、一方で電波の受信性能が低いというデメリットも持ち合わせています。

そのため、電波の弱い地域で室内アンテナを利用する場合、テレビが上手く映らなかったり、急に一部のチャンネルが視聴できなくなったりといったトラブルが起きることもあります。

こうしたトラブルに見舞われた時は、自宅の電波状況を調べてみる必要があります。

すでにテレビと室内アンテナが設置されている場合は、テレビの設定項目などから電波状況を調べることが可能です。

やり方はテレビの機種によって異なるので、説明書をよく確認してみましょう(電波状況を確認できないテレビもあります)。

事前に電波状況を調べてから適切なタイプの室内アンテナを選びたいという場合は、プロに依頼して専用計測器で電波の強さを測ってもらうのがおすすめです。

ただし、電波状況の計測作業のみを単独で請け負ってくれるかどうかは業者によって対応がまちまちです。

計測のみの依頼には対応していない業者もいますし、費用を支払うことで計測を請け負ってくれる業者もいます。

相手業者の店舗で室内アンテナを購入するという前提で、電波状況の計測を実施してくれるといったケースもあるでしょう。

顔見知りの電気屋であれば、無料で計測してくれる可能性もあります。

 

【どうしても直らない時は専門業者に連絡しよう】

 

テレビが映らない主な原因として、配線ケーブルの断線やアンテナの角度のずれ、室内アンテナの受信性能の低さなどが挙げられます。

ただし、故障の原因が特定できても自力で解決するのは難しいケースもあるでしょう。

雨水の染み込みで起こったショートの場合、一般人が修理を行うのは危険なため、避けるのが賢明です。

アンテナの角度調整に関しても、アンテナの種類次第で、一般人では対処できないこともありえます。

そのため、自分の手に余ると感じた時は、専門業者に依頼してみると良いでしょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837