2020年8月30日東京都杉並区H様邸UHFアンテナとBS/CSアンテナ設置工事

こんにちは!

みずほアンテナ中山でございます。🌞

 

昨日、髪を切りにいつもお世話になっているBARBERに行ってきたんですが、

いつも担当して頂いている方から肌が白いといわれまして、、

自分では自覚なかったのですが確かに白かったです。(笑)

毎年海にいっていたので自然と肌の色も変わっていましたが

今年は全然家から出ないため肌も焼けず、さらには少し太ってしまいました😥

 

来年の夏に向けて今から体つくりを始めようと思います!!🕶🏝

 

さて、それでは本題のアンテナ工事についてご紹介いたします!

 

【東京都杉並区UHFアンテナとBS/CSアンテナ設置工事】

 

今回は東京都の杉並区にてアンテナ工事のご依頼を頂きました!

ありがとうございます☻

 

今回工事をさせて頂くH様のご自宅がこちらです!

 

 

【工事の流れについて】

 

まずはお伺いさせて頂きましたら電波調査を行っていきます!

ここで設置位置や向きなどを確認し、お立会いして頂いている方とご相談させて頂きます。

問題ないようでしたら設置工事を行い、

最後にも宅内で電波が届いているかの確認を行い、そこでの問題がなければ工事終了となります!

 

今回は八木式アンテナと呼ばれる魚の骨のようなアンテナと4K8K放送対応のBS/CSアンテナの設置となります!

 

設置場所は屋根上への設置になります!

 

 

設置後↓

 

UHFアンテナがキャッチする地上波放送は、民間放送(民放)と国営放送(日本放送協会)の2種類です!

民間放送はスポンサーである企業のコマーシャル(CM)などを番組内に放送することで収益を得て、運営します。
日本テレビ、フジテレビ、TBS、テレビ朝日など家庭でよく見られるチャンネルがこれに該当します☆

一方の国営放送は、コストを視聴者からの受信料で賄うことで運営を維持していて、NHKがこれに該当します。ちなみにNHKという名称は日本放送協会の頭文字から由来するものです!

 

 

BS/CSアンテナがキャッチする衛星放送とは、人工衛星を用いてテレビ放送を行なっています。赤道上空36,000kmに存在する人工衛星からの電波を中継地点でつなぎ、家庭まで届けることにより放送が可能となります!

 

もともとBSが放送の目的であったのに対しCSは通信の目的として使用されていましたが、1989年(昭和64年)に放送法が改正され、現在はどちらも一般向けの放送が可能となりました!
BS、CS共に高画質でハイビジョンであるのが魅力。😆

加えてCSはスポーツや映画など専門性の高いチャンネルが揃っています♪

また衛星放送には有料、無料のものがありますが、BS放送では民放の放送は基本的に各社無料。NHK、WOWOWは有料で受信契約が必要です!

また、CS放送の視聴にはスカパー!との契約が必須となります📡

 

 

【分配器とブースター】

 

 

こちらの写真のコンセントの真下にある銀色の機器は分配器と呼ばれる

アンテナからきている1本の配線を各お部屋に分配するための機器になります!ほとんどのご自宅ではすでに備え付けられていることがほとんどです!

 

そしてコンセントの左横にあるのがブースターと呼ばれる機械の電源部になります!

ブースターとはアンテナが受信してきた電波を増幅してくれる役割を持っていて、アンテナが受信した電波だけでは足りない場合に設置させていただいております。

 

 

 

H様、この度は数あるアンテナ業者の中から、みずほアンテナをお選び頂きまして、誠にありがとうございました!
またお忙しい中お立ち会い下さりありがとうございました。たくさんの笑顔と感動溢れる素敵なTVライフをお過ごしくださいませ☆

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します