地デジアンテナを設置するなら知っておくべき!種類と設置場所とは

新築やリフォームの際には、地デジアンテナを新しく設置しなければテレビを視聴することができません。

テレビのアンテナといえば屋上にある魚の骨のようなものを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかしそれはさまざまある種類の中のひとつなので、実際にはアンテナの種類によって設置場所を自由に選ぶことができるのです。

そこで今回は、地デジアンテナにはどのような種類があるのかということや、屋根の上のほかにどのような場所に設置できるのかということについて詳しく解説しましょう。

 

 

【地デジアンテナにはどんな種類があるの?】

 

地デジアンテナにはさまざまな種類があります。

それらについてよく把握し、自分の生活スタイルに最も適したものを選ぶのがおすすめです。
これまでのVHFアンテナと異なり、地デジアンテナの場合は必ずしも屋外に設置しなければならないわけではありません。

壁面などに設置できるデザインアンテナもありますし、室内用アンテナもおすすめです。

そうすれば建物の美観を損ねないだけでなく、天候による悪影響や劣化のリスク、設置のための大掛かりな工事も必要ありません。
デザインアンテナは細長い板状や六角形など、一見すると地デジアンテナとは分からないような形状をしているのが特徴です。

またカラーバリエーションが豊富なのも大きな魅力といえるでしょう。

ただし、デメリットとしてはどうしても八木式アンテナよりも価格が高くなってしまうこと、受信感度の性能において八木式よりも劣ることが挙げられます。

住んでいる地域が弱電界地域だった場合にはテレビ映りが悪くなってしまう可能性があるのであらかじめ確認しておくことが大切です。

そのようなデメリットを感じたくないという人は、高性能のアンテナやブースター内蔵型のアンテナを選ぶとよいでしょう。
一方、地デジアンテナの中でも最も広く普及しているのは八木式アンテナです。

通常、テレビのアンテナといえば、屋上に設置されたこの八木式アンテナを思い浮かべる人が多いでしょう。

八木式アンテナはアンテナの中でも比較的安価なことと受信感度が高いことが特徴です。

弱電界用の受信感度が高いアンテナはどうしても価格が高くなりがちですが、八木式であれば1万円以内でも購入することができます。

ただし、八木式アンテナは屋根の上に設置するため悪天候だと電波を受け取る性能が悪くなってしまうことがあります。

また、鳥や飛散物によって破損してしまったりするリスクも忘れてはならないポイントです。

 

【アンテナはまず設置場所を決めてから選ぼう!】

 

アンテナの種類を選ぶ際には、まずどこに設置したいのかをあらかじめ考えておくとよいでしょう。

設置場所にもさまざまなメリットとデメリットがあります。
地デジアンテナは、種類によっては屋内に設置することが可能です。

屋内用アンテナであれば、業者に依頼せず自分で行うこともできるでしょう。

ただしその際には、屋内はアンテナの設置場所として最も信頼性が低いということを忘れてはなりません。

というのは、屋内だと壁や窓によって電波が遮られてしまうからです。

とりわけ鉄筋コンクリート造の住宅や弱電界地域に暮らしている人は、室内アンテナの場合だとテレビ映りが悪くなってしまうかもしれません。

心配な人は室内アンテナでも問題がないかどうか、アンテナ設置業者にあらかじめ調査をしてもらうとよいでしょう。
室内だと性能に心配があるため、外壁やベランダの手すりの部分に設置したいという人も多いでしょう。

外壁やベランダは屋根の上よりも天候の影響を受けにくいですし、アンテナが目立たないので景観を損なわないというメリットあります。

また、どのような屋根の形状や種類であっても、問題なくアンテナを設置することが可能です。

一方でデメリットとしては、設置場所が低くなってしまうために電波の受信が不安定になるケースがあるということが挙げられるでしょう。

残念ながら性能面に関しては屋上に設置する場合より劣ってしまうことは否めません。

また、壁面に設置する場合には壁に穴を開けなければならなくなります。

そうすると雨漏りが発生しやすくなるので、設置した際には防水処理を施す必要があるでしょう。

手すりに設置する場合にも、金具が緩んでしまってアンテナが落下することのないよう、適切な施工が必要になります。

容易にできるからといって設置を自分でやってしまわず、業者に依頼するのがおすすめです。
もちろん、屋上に地デジアンテナを設置することも可能です。

むしろ屋根の上は地デジアンテナにおいても最も一般的な設置場所だといえます。

屋根の上にアンテナを設置するメリットには電波を遮る障害物が少ないことや、アンテナを電波の中継局の方角に向けられるため安定した性能を得やすいという点があります。

とはいうものの、屋根の上に設置する場合のデメリットとして設置する際の工事が大掛かりになってしまうということが挙げられます。

この工事は高所で作業を行うため危険ですし、大怪我につながってしまう可能性もあります。

また一人で作業することができませんので手伝ってくれる人をあらかじめ用意しておきましょう。

設置作業が大変な場合や自信がないという人は、業者に設置を依頼した方が確実です。

そのほか屋根の形状によってはアンテナの設置が不向きな場合もあります。設置する前にその点をしっかり確認しておきましょう。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837