アンテナコンセントが古くなった…取り替える必要はある?

テレビを見るためにはアンテナが必要です。

昨今の賃貸住宅や新築住宅では壁にアンテナコンセントが付いていることが多く、通常はテレビやチューナーのアンテナ線をアンテナコンセントに繋げばすぐに見られます。

しかし、アンテナコンセントが古いタイプのままになっているときなどは、そのままではテレビが見られないこともあります。

そのようなときはアンテナコンセントの取り替えが必要になるため、アンテナコンセントの種類について正しく理解しておきましょう。

 

 

【アンテナコンセントにはどんな種類があるの?】

 

アンテナコンセントはテレビ端子などとも呼ばれる室内側端子のことです。

アンテナとテレビやレコーダーを接続するもので。直付端子やフィーダー端子、F型端子などの種類があります。

昔のテレビ端子は、直付端子やフィーダー端子など、見た目からしてコンセントというよりケーブルを直結させるための金具のようなものでした。

しかし、昨今のアンテナコンセントは丸い差し込み口がついている、文字通りコンセントのような形になっています。

F型ジャックという刺し込んだあとにコネクターをくるくると回して固定させるねじ式のジャックが主流ですが、なかにはF型コネクターが接続できないプッシュ式のジャックが付いているケースもあります。

プッシュ式のままではF型コネクターが接続できないため、アダプターを使用する必要があります。

F型ジャックのコンセントも、ジャックが1つのタイプと2つのタイプがあり、BSや110度CSに対応しているものと対応していないものがあります。

地上波だけを視聴する場合にはあまり問題にはなりませんが、BSや110度CSの視聴をする場合には、端子の付け替えや増設が必要です。

 

【F型端子でBSや110度CS対応と非対応?何が違う?】

 

BS放送や110度CS放送を見るためには、パラボラアンテナが必要です。

一般的なアンテナでは移りません。また、BSや110度CSのような有料放送を見るときには有料放送用のケーブルが必要です。

そしてB-CASカード、チューナーなど、BSや110度CS放送を見るためには専用の器材や部材が必要になります。

つまり、BSや110度CS放送は有料放送のため、一般のテレビ放送とは別の信号を送受信する必要があるわけです。

BS/110度CS対応のアンテナ端子とは、別途パラボラアンテナを用意しなくても、BS/110度CS放送に対応している器材を接続詞さえすればすぐにBS/110度CS放送を受信できるアンテナコンセントのことです。

一方、BS/CS放送非対応のアンテナコンセントは、自分でBS/110度CS放送を見るためにパラボラアンテナを設置しなければならないという意味です。

決してBS/110度CS放送が見られないアンテナコンセントという意味ではありません。

 

【端子だけなら自分でできるけど配線はどうする?】

 

アンテナコンセントも端子だけの取り換えなら簡単です。ブレーカーを落としてから、コンセントのカバーを取り外し、上下のねじを外したらアンテナコンセントを手前に引っ張り出します。

端子部分のねじを緩めればコンセントはすぐに外せるので、その部分に新しいコンセントのジャックを取り付けることになります。

アンテナコンセントや電気コンセントは取り付け枠を用意して壁の穴に合わせるようするときれいに取り付けられます。

本体を取り付け終わったら、化粧枠を取り付けてでき上がりという工程ですから、それほど電気工事が得意な人でなくても簡単に自分で取り付けられます。

しかし、配線ともなると少し勝手が違います。

壁の中の配線を素人が触るのは大変ですし、かえって映らなくなってしまう可能性もあるので、屋内へ引き込んだアンテナ線の信号を、混合器付きブースターなどを利用してそこから配線するのが便利です。

混合器付きブースターとは1本のアンテナ線を必要な数だけ分ける分配器の働きと、弱まってしまう電波を増幅するブースターの働きを併せ持ったものです。

混合器付きブースターに各部屋へのケーブルを接続し、老化や天井の端にケーブルを固定していくと素人でも配線しやすくなります。

 

【4k8k対応アンテナに変えたらアンテナコンセントも対応製品に交換!】

 

テレビ関連の技術が進み、BS/110度CS放送を受信して見るのも一般的になってきました。

昨今は4k8k放送を受信できる環境かどうかという話に変わってきています。

4k8k放送とは、フルハイビジョンよりもさらに高精細な放送のことです。4kは2kの4倍、8kは8倍ではなく16倍細かい描写ができるというものです。

これまでのテレビ放送とは解像度が大きく違う点が特徴ですから、4k8k放送を見るためには専用のテレビが必要なのはもちろん、チューナーやアンテナも4k8k放送対応のものを用意しなければならなくなります。

せっかく4k8k対応のアンテナを設置するのであれば、アンテナコンセントも4k8k対応の製品に交換するようにしましょう。

アンテナの設置を電気工事専門業者に依頼するのであればなおさらです。

同時にアンテナコンセントの工事もしてもらうようにすれば、受診できるかどうかの確認も一度に済ませることができ、二度手間になりません。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837