どうやって調べるの?八木式アンテナの向き

テレビ設定に関する知識がない人は、新築を購入したり引っ越ししたりしたあと、テレビが映らなくて慌てるといった経験をしたことがあるかもしれません。

実は、テレビを視聴するにはテレビ本体以外に、テレビ電波を受信するためのアンテナが必要になります。

ただし、アンテナは適当に置けばいいというわけではなく、適切な角度を意識して設置しなければいけません。

そこで、ここでは代表的なアンテナである八木式アンテナに焦点を当て、アンテナの向きの調整方法について解説していきます。

 

 

【八木式アンテナとは】

 

八木式アンテナとは、魚の骨のような形状が特徴的なアンテナです。

テレビがアナログ放送の頃から高い普及率を誇っており、多くの人が一度は目にしたことがあるでしょう。

比較的安価で購入可能で、地デジ放送に移行したあともさまざまな家庭や職場などで利用されています。

八木式アンテナは八木・宇田アンテナという別名で呼ばれることもあり、地デジ放送の受信で使用されるUHFアンテナのなかで代表的な存在だといえます。
八木式アンテナは優れた受信性能を持ち、基本的に屋上部に設置するということもあって、テレビ視聴が安定しやすいのがメリットです。

そのため、テレビ電波の弱い地域での受信や、電波の届きにくいローカル局の受信にも適しています。

デメリットとしては、強い雨や風、雪などといった天候の影響を受けやすいという点が挙げられます。

屋上部に設置するという性質上、天候による倒壊や故障が起こる可能性がありえるでしょう。

また、屋外にあるため、ほこりや汚れが付着しやすい点にも注意しなければいけません。

加えて、その独特の形状から、景観を損ねてしまう場合もあります。

 

【アンテナの向きの調べ方】

 

一般的なアンテナには指向性という性質があり、電波を充分に受信するためにはアンテナが電波の発信元を向いている必要があります。

どれだけ受信性能の高いアンテナであっても間違った角度に向けて設置されていては、性能を完全に発揮することはできません。

地デジ放送のアンテナの角度は、テレビ電波の発信所の方向に向けるのが適切です。

電波の発信所は全国各地にあり、通常は最寄りの発信所にアンテナを向けることで最適な電波受信環境を整えることができます。
発信所の位置の調べ方ですが、簡単なのが周囲の家のアンテナが向いている方向を参考にするという方法です。

隣接する家や建物などの屋上に置かれた八木式アンテナの方向を見れば、発信所のおおまかな位置を知ることができます。

また、発信所は山頂付近にあることが多いので、山の近くであれば目視で確認できる場合もあります。

参考にできるものがなく、目視でも確認できないというときは、インターネットで最寄りの発信所を調べましょう。

地デジ放送をはじめ、BSやCSなどの発信所の位置を知ることができます。

スマートフォンのアプリでも発信所の位置を調べられるので、パソコンを持っていない人はアプリを活用して確認できます。

 

【アンテナが少しズレてしまった!これって大丈夫?】

 

八木式アンテナは屋上に設置するのが一般的です。

そのため、強い雨や風、台風や豪雪などの影響で、アンテナの角度がズレてしまうことがあります。

アンテナの角度が発信所の方向からズレてしまうと、特定のチャンネルの映像が乱れたり、まったく映らなくなったりといった事態が起こります。

ただ、地デジ放送の場合は、アンテナの角度が少しくらいズレても問題なくテレビを視聴できるケースもあります。

テレビの映像がおかしいと感じたら、アンテナの角度のズレを疑ってみたほうが良いでしょう。

アンテナの角度を調整する際は個人では行わず、専門業者に依頼するのが無難です。

屋上部での作業は危険を伴いますし、角度のズレ以外にアンテナになにかしらの故障が起こっている可能性があります。

 

【向きは合っている筈なのに電波が弱い!考えられる理由は?】

 

まず考えられるのは、テレビ電波の発信所とアンテナとの距離の問題です。

発信所からアンテナまでの距離があまりに遠いと、受信できる電波レベルが弱くなってしまうことがあります。

また、アンテナの周囲にある大きな建物などが電波を遮っている可能性もありえるでしょう。

アンテナの向きが合っているのに電波が弱くなる理由は、主にこの2つです。

解決策としては、素子の数の多いアンテナに買い替え、受信感度を高くするのが有効です。

それから、ブースターを設置して受信感度を向上させるというやり方もあります。

ただ、アンテナの故障や配線の劣化など、電波レベルが弱くなる原因はさまざまです。

なにか異常を感じたときは、専門業者に相談してみると良いでしょう。

 

【方向をしっかり確認して設置しよう】

 

アンテナの受信性能を充分に発揮させるには、電波の発信所がある方角にきちんとアンテナを向けることが重要です。

周囲の建物を見てアンテナの角度を調べたり、インターネットで情報を集めたりして、アンテナを適切な方向に設置するよう心がけましょう。

ただ、個人でアンテナの設置作業を行うのは危険です。

また技術的に困難で、無事取り付けられアンテナの向きが正しくても、電波の受信レベルが弱くなるケースも考えられます。

万全を期したいという人は、アンテナの設置をプロに任せることをおすすめします。

 

1f7db1d40df76cc85599c67260de3b3603e3acf1

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837