メリットは何がある?フラットアンテナのススメ

新居を購入したばかりで、これからテレビアンテナを取り付けようと考えている人にとって、フラットアンテナは魅力的な選択肢のひとつといえます。

フラットアンテナは、通常の屋根の上に立てるタイプのアンテナとは異なり、壁に取り付けるタイプのアンテナです。

そのため、目立ちにくく、住宅の外観を損なわないのが特徴です。

フラットアンテナには多くのメリットがある一方で、注意点もいくつか存在します。

フラットアンテナの特徴について紹介します。

 

 

【フラットアンテナはどんなアンテナなのか】

 

デザインアンテナ

フラットアンテナとは、屋根の上に立てるのではなく、壁面に取り付けるタイプのアンテナです。

平面アンテナ、デザインアンテナとも呼ばれます。

一般的な屋根の上に立てるタイプは、八木式アンテナと呼ばれるものであり、電波受信性能が非常に高いのが特徴です。

しかし、八木式アンテナには倒壊の危険性が高いというデメリットもあります。

フラットアンテナの場合、電波の受信能力はやや劣るものの、倒壊のリスクが低く安全性に勝ります。

また、デザイン性にも優れており、新居を購入した際には設置を検討する人が多いアンテナです。

 

【フラットアンテナのメリットとは】

 

フラットアンテナ一番のメリットは、デザイン性の高さです。非常に薄く、また小型な製品が多いため、住宅の外観を損なうことがありません。

フラットアンテナを製造しているメーカーのほとんどは、数種類のカラーバリエーションを設けており、自宅の壁面に調和する色を選ぶことが可能です。

安全性の高さもメリットのひとつといえます。壁面にネジを使って固定するので、雪や台風などで倒壊する心配がありません。

従来型のアンテナの場合、倒壊によって屋根を痛めるだけでなく、近隣住民や通行人への二次被害を発生させるリスクがありました。

また、雪の多い地域では、雪害は深刻な問題であり、雪によってテレビの視聴ができなくなることもあります。

こうした事態に備える上でも、フラットアンテナは有効な選択肢といえるでしょう。

鳥の糞被害が少ない点も見逃せません。従来の八木式アンテナには鳥がとまり、糞で屋根が汚れることがありました。

八木式アンテナと同時に太陽光発電設備を屋根に設置する場合、糞によって設備が汚れ、より頻繁なメンテナンスが必要となります。

その分だけ余計なコストがかかってしまうのです。

フラットアンテナは薄いうえに壁面に設置するため鳥がとまりにくく、糞被害も最小限に抑えられます。

そのため、太陽光発電設備と相性のよいアンテナといえます。

 

【フラットアンテナの注意点とは】

 

デザイン性や安全性の高いフラットアンテナですが、いくつか注意点があります。

一番の注意点は取り付け位置の低さによる電波状況の悪化です。

フラットアンテナと八木式アンテナの受信性能を比較した場合、大きな差はありません。

しかし、取り付け位置が低くなると、電波自体が弱くなってしまいます。

そのため、テレビ放送を見るのに十分な電波が受信できなくなってしまうのです。

これを避けるためには、電波を増幅させるブースターが必要になります。

各家の受信環境にもよりますが、フラットアンテナを利用する場合は、アンテナの他に別途ブースターが必要となるケースが多いでしょう。

取り付け位置が低いと、他の建物の影響も受けやすくなります。

たとえば、電波塔の方向に新しい建物が建つとその影響で電波の向きや強さが変わることがあります。

それによってブースターを使わなくてはいけなくなったり、アンテナの向きを変えたりする必要もでてくるでしょう。

最後に地方局が映らない可能性がある点も考慮しておきましょう。

地方局とキー局とでは、使用する電波塔が異なります。

電波塔が異なれば、電波がやって来る向きも変わります。

基本的にアンテナは、電波の来る方向に向けて設置するものです。

そのため、フラットアンテナをキー局からの電波を受信できる方向に向けると、地方局からの電波を受信できないというケースが発生するのです。

ただし、この点はアンテナの性能や地域によっても異なります。

フラットアンテナにすると絶対に地方局を見ることができない、というわけではありません。

 

【フラットアンテナについて知っておこう】

 

従来の八木式アンテナは屋根の上に設置しなければならず、非常に目立つものでした。

魚の骨のような見た目やアンテナに鳥がとまっている姿を見て、住宅の外観を損なっていると残念に感じていた人もいるでしょう。

フラットアンテナに変更すれば、そうした外観の不満を解消することができます。

しかし、受信能力の低さには注意が必要です。取り付け位置が低いことで、八木式アンテナに比べるとどうしても電波受信能力が低下してしまいます。

自宅が電波の強い地域にあるのならば問題はありませんが、電波の弱い地域に位置する場合には注意が必要です。

自宅で受けられる電波の強さを知るためには、専門業者に依頼することになります。

フラットアンテナを設置する前に、自宅で使用できるかどうか、一度確かめておくとよいでしょう。

フラットアンテナのメリットと注意点を理解し、自宅に合ったアンテナを選びたいものです。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837