長崎県松浦市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

島田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

松浦市(まつうらし)は、長崎県北部、北松浦半島に位置する市です。離島部も市域に含みます。松浦党発祥の地、「アジ」水揚げ日本一を誇る都市として知られています。長崎県北松浦半島の北東部に位置し、北は玄界灘から伊万里湾に面し、東は佐賀県伊万里市に接しています。市域南側の内陸部は溶岩台地の丘陵地で、平地は少ないです。川は坂瀬川・竜尾川・志佐川・調川川・今福川などが流れ、河口には「ぎぎが浜」に代表される鳴き砂があります。有人離島では、伊万里湾の沖合いに浮かぶ福島・鷹島・黒島・飛島・青島の各島を行政区域とします。この中で、平成の大合併前まで単独で町制を施行していた2島(黒島は旧鷹島町に含まれる)のうち、福島は1967年(昭和42年)に隣の佐賀県伊万里市との間に福島大橋が架橋され、鷹島も2009年(平成21年)4月18日に唐津市との間に鷹島肥前大橋が架橋されました。このように2島では経済的、地理的には松浦市本土だけでなく佐賀県とのつながりも強いです。松浦魚市場における総水揚げ量87,673トン(日本第9位、2017年)。アジの漁獲量は約25,000トン(2017年)3年連続全国一の水揚げ、サバの漁獲量は約4万トンで日本有数。当地産のアジ・サバは「旬あじ」「旬さば」のブランド名を名乗ります。とらふぐの養殖収穫量は2014年度は全国1位となりました。江戸時代には藩庁は置かれませんでした。その後は当地を含む北松浦半島一帯(離島部を含む)で石炭の存在が発見され、明治時代から戦後にかけて石炭産業(北松炭田)で栄え、最盛期にあたる1955年の国勢調査では人口44,057人を数えました。しかし1960年代以降のエネルギー革命で炭鉱はすべて閉山し、それ以降は戦前から続く漁業のほか火力発電所の建設で産業基盤の維持を図っているが、依然として人口減少が続いています。長崎県松浦市の人口は、総人口が22,217人(推計人口、2018年10月1日)となっております。長崎県松浦市の放送受信契約数は、8, 439件で、衛星契約数は、3, 320件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。