長崎県平戸市

施工ブログ一覧

もっと見る

長崎県平戸市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

島田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

平戸市(ひらどし)は、長崎県北西部の平戸島とその周辺を行政区域とする市です。長崎県最西端の市です。中心の平戸地区は旧平戸藩松浦氏の城下町で、鎖国前は中国やポルトガル、オランダなどとの国際貿易港でした。現在の平戸市は、2005年10月1日に(旧)平戸市と周辺の北松浦郡田平町・生月町・大島村とが合併(新設合併)して発足したもので、市役所は旧平戸市役所の建物が引き続き使用されています。(旧)平戸市は平戸島および度島など離島のみを市域としていたが、現在の平戸市域は九州本土にも跨っています。長崎県北部の北松浦半島の北西端の地域、および同半島と平戸瀬戸を挟んで西向かいにある平戸島、そして平戸島の北西にある生月島、平戸島の真北にある度島、度島のさらに真北にある的山大島を主な市域とします。位置は佐世保市から北西約25km、長崎市から北北西約80kmの距離です。平戸大橋で九州本土と平戸島がつながり、生月大橋で平戸島と生月島がつながっています。平戸島の西端部は九州の最西端である神崎鼻(佐世保市)よりも西にあり、日本本土(北海道・本州・四国・九州)または日本本土との間を陸上交通のみで移動できる全地域の中で最も西にあたります。特に鎖国が行われる前の江戸時代初期までにおいては、対外貿易の中心として栄えていました。平戸城下町の名所旧跡を中心としていた観光業は、平戸大橋開通前後のブームが過ぎてから一時沈滞していたが、観光資源の再開発や隣接地域との連携、体験型観光への対応を図っています。鉱工業はふるわず、農業及び漁業が重要な産業となっているものの、他産地との競争が激しく苦闘を強いられています。一方、平成26年度のふるさと納税制度の寄付申込額が10億円を突破し、市は、寄付額に応じてポイントを寄付者に付与し、ウチワエビ、平戸牛などの特典をカタログから選べる制度を導入しています。長崎県平戸市の人口は、総人口が30,215人(推計人口、2018年10月1日)となっております。長崎県平戸市の放送受信契約数は、12, 236件で、衛星契約数は、4, 771件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。