長崎県西海市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

島田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

西海市(さいかいし)は、長崎県西彼杵半島の北部に位置する市です。三方を五島灘・佐世保湾・大村湾に囲まれた西彼杵半島北部と、周辺に点在する島からなります。ほとんどの地域がリアス式海岸で、海岸線は複雑に入り組んでいます。半島部の最高峰は標高561mの長浦岳(ながうらだけ、山頂は長崎市)です。海岸までは丘陵地で照葉樹林、スギ・ヒノキ林、果樹園、農耕地などがあり、平野部は狭いです。市章は青い丸の中に小さな白い丸が5つ、「S」字に並んでいます。5つの丸は合併した5つの町を、Sは西海(Saikai)の頭文字を表しています。五島灘沿いの西彼杵半島西部および離島の各港は1630年代(江戸時代・寛永年間)から捕鯨基地として栄えました。明治以降は石炭採掘が始まり、各地の港は大いに賑わいました。しかし捕鯨産業が成り立たなくなり、炭鉱も全て閉山した現在は人口の流出が多いです。海に囲まれていて沿岸漁業がさかんです。南東部の大村湾沿岸ではナマコやカキ、真珠など、北部・西部の五島灘ではアラカブ(カサゴ)、クエ、ブリ、アワビ、イセエビ、ウニ、ワカメ、ヒジキなど、多くの水産物が漁獲されます。農産物ではミカン、スイカ、西海町のゆで干し大根、大島町の完熟トマトなどが特産品として売り出されています。また、松島には電源開発松島火力発電所、大島には大島造船所、蛎浦島には崎戸製塩所があります。長崎空港は、大村湾をはさみ西海市のある西彼杵半島からは対岸に位置しているため、車での移動は時間がかかります。西海市の南部に接する長崎市琴海地区、パサージュ琴海から長崎空港行きの高速船が完全予約制で大村湾観光汽船によって運行されています。琴海地区よりも南にある西彼杵郡の時津港から長崎空港行きの定期高速船が安田産業汽船によって運行されています。長崎県西海市の人口は、総人口が27,255人(推計人口、2018年10月1日)となっております。長崎県西海市の放送受信契約数は、11, 174件で、衛星契約数は、5, 417件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。