テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 長崎県 > 長崎県西海市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例


長崎県西海市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると西海市の放送受信契約数は11,477件で、衛星契約数は5,924件です。2020年の新築戸建て棟上数は37件です。 西海市でアンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。 工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。西海市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。西海市は、全域対応しております。

長崎県西海市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 西海市で屋根裏にアンテナを設置することはできますか?

    周辺の電波環境やご自宅の構造によって条件が合致していれば屋根裏に設置することが可能です。屋根裏には3つの条件がございます。 1つ目が、十分な電波が受信できているかどうかです。周辺に高い建物や山や森がある場合、電波塔からご自宅が離れている場合は受信が難しいケースがございます。周りがひらけており、受信を阻害するものがなければ受信は可能です。 2つ目が屋根裏に十分な設置スペースがあるかどうかです。アンテナの設置位置はなるべく高さがあった方が良いのでご自宅の屋内の一番高いスペースが屋根裏となります。建てられたハウスメーカーや工務店によって屋根裏のスペースがある場合とない場合がございます。 3つ目が屋根裏に必要な配線が通っているかどうかです。アンテナから受信した電波を各お部屋に分配するための配線設備が屋根裏にない場合、屋根裏に設置ができません。配線設備はハウスメーカーや工務店が事前に作成するもので、完成後に新たに作成することは大掛かりな工事となり、ご料金と時間がかかります。 建売住宅の場合は事前にアンテナの設備を準備することは難しいですが、注文住宅の場合は事前にハウスメーカーや工務店にお伝えしていただければ、スペースや配線を作成しておいてもらうことができます。また地元の工務店や電気屋では屋根裏設置法まで知りえないケースが多いです。十分な電波と構造が適していれば屋内に目立たずに設置ができますので、ご自宅の完成前に事前に確認しておくことがお勧めです。 

  • 西海市でブースターって必要なの? 

    ブースターが必要かどうかはご自宅の電波状況によって異なります。ブースターとは手のひらサイズの白い箱型の機器で、アンテナで受信した電波を増幅してくれる役割がございます。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で減衰する可能性や各お部屋でテレビが見られるように電波を分配すると減衰してしまう可能性があります。減衰した場合、テレビの映像にノイズが走るといった症状や全く映像が映らないといった症状が出始めます。その場合、アンテナの修理業者を呼んで復旧する必要がございます。以上から、ブースターはあらかじめ電波推移を踏まえて設置を判断します。アンテナ設置時に一緒に付けることによって、不具合が発生した際の時間やコストを抑えることができます。しかし電波数値が良好であればブースターの設置は必要ございませんので、必ず付けなければいけないというものではございません。ブースターの設置が必要かどうかはお伺いした際に、ご自宅の電波数値から判断させていただきます。ご相談の元、工事を進めさせて頂きますのでご安心下さいませ。

長崎県西海市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

西海市は西彼杵半島の北部にあり、長崎県内の2大都市である長崎市と佐世保市の中間に位置し、東岸は大村湾に、西岸は外海の五島灘、角力灘に面しており、沖合に平島・江島・松島の有人離島を有しています。総面積は241.60㎢、県内21市町で6番目の規模であり、県全体(4130.95㎢)の5.8%を占めており、有人離島の面積は平島5.47㎢、江島2.58㎢、松島6.37㎢で、3島合計の面積は市の面積の6%弱にあたります。2020年(令和2年)12月末の調査結果によると、市の人口は26,998人、世帯数は12,570世帯、人口密度は112人/㎢です。西海市の地域は、リアス式海岸などの複雑な地形を持った海岸線や、点在する大小さまざまな島からなり、丘陵起伏が続く地形といった美しく優れた自然景観を有しており、西海国立公園、大村湾県立公園、西彼杵半島県立公園の3つの自然公園に指定されています。1562年(永禄5年)、日本最初のキリシタン大名である大村純忠(1533年~1587年)が横瀬浦(西海町)にポルトガルとの貿易港を開港したことから、西海市は南蛮貿易やキリスト教関連の深い歴史を持っています。江戸時代には大村藩に属しており、大村藩の捕鯨基地としても繁栄しました。その後は、炭鉱全盛時代と石炭から石油へのエネルギー革命による炭鉱閉山の歴史を持ち、各所に炭鉱遺跡が残っています。1889年(明治22年)の町村制施行の時点では13村で構成されていましたが、合併、編入、町名変更を経て1969年(昭和44年)に西彼町、西海町、大島町、崎戸町、大瀬戸町の5町構成となり、2005年(平成17年)4月1日に5町が対等合併し現行の西海市がスタートしました。 西海市には動植物園「長崎バイオパーク」があります。「長崎バイオパーク」は「見ているだけではつまらない!遊んで、学んで、ふれあって。」をコンセプトに、30万㎡の敷地内に、自然に近い環境で自由に暮らしているラマやカバ、カピバラ、リスザルたちと直接ふれあうことができます。檻の中の動物を見る「標本展示」方式とは違い、動物が生活している本来の生態系になるべく近づけるために造り上げられた環境の中で、動物たちが自由に暮らす「生態展示」方式を採用され、動物の住み良い環境を造り、動物みずからそこに居ついてくれるような施設にしており、動物たちが暮らす環境の中に徒歩で入り、動物との距離感やふれあうことのルールを学ぶことができます。また、「長崎バイオパーク」では亜熱帯の気候を再現したフラワードームや昆虫館なども人気です。フラワードームでは、さまざまな花木が競って花を咲かせる中を優雅に熱帯の蝶が飛びまわり、昆虫館では世界中の珍しい昆虫を観察することができます。さらに、さまざまな種類のシャボテンが険しい岩場一面に群生するシャボテン・ロックガーデンで、風土に適応しながら変化した植物の歴史を見ることができます。

長崎県地域におけるアンテナ工事・設置・取り付け対応エリアについて

あ行
諫早市
雲仙市
大村市
さ行
西海市
佐世保市
島原市
な行
長崎市
西彼杵郡
は行
東彼杵郡
平戸市
ま行
松浦市
南島原市