鹿児島県大島郡

施工ブログ一覧

もっと見る

鹿児島県大島郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

大島郡(おおしまぐん)は、鹿児島県の郡ですべて海上に面しています。人口は63,492人、面積931.92km²、人口密度68.1人/km²(2019年6月1日現在)となっています。大島郡に含まれているのは、大和村(やまとそん)、宇検村(うけんそん)、瀬戸内町(せとうちちょう)、龍郷町(たつごうちょう)、喜界町(きかいちょう)、徳之島町(とくのしまちょう)、天城町(あまぎちょう)、伊仙町(いせんちょう)、和泊町(わどまりちょう)、知名町(ちなちょう)、与論町(よろんちょう)の9町2村です。大和村は鹿児島県の奄美大島にある村です。面積は88.26km2、人口は1,419人(2019年6月1日現在)となっています。大和浜の群倉(ぼれぐら)と呼ばれる高床式倉庫が集まっている一角があります。宇検村は鹿児島県の奄美大島にある村です。面積は103.07km2、人口は1,651人(2019年6月1日現在)となっています。全体の約9割が山林を占めています。毎年7月下旬-8月上旬に行われる「やけうちどんと祭り」は、町でも規模の大きい祭りであり、踊りを披露したり、花火が打ちあがります。瀬戸内町は鹿児島県の奄美大島にある村です。面積は239.65km2、人口は8,654人(2019年6月1日現在)となっています。海に囲まれていることから、漁業が盛んなまちで、 カツオ・キハダマグロ・伊勢エビなどが水揚げされます。竜郷町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は         81.82km2、人口は5,721人(2019年6月1日現在)となっています。特にサトウキビやパッションフルーツがよく獲れることで、一部は町の収入源にもなっています。喜界町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は  56.82km2、人口は6,744人(2019年6月1日現在)となっています。サトウキビ畑が農業生産の約8割を占め、島一面がサトウキビ畑になるほど生産が盛んな地域です。徳之島町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は104.92km2、人口は10,357人 (2019年6月1日現在)となっています。植物のソテツに囲まれたトンネルがあり、昭和40年代からあったとのことで、約250メートル続くトンネルの中は、南国ムードが漂うものになっています。天城町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は80.40km2、人口は5,632人(2019年6月1日現在)となっています。マリンスポーツの聖地でもあり、トライアスロンの大会も開催され、毎年全国各地から多くの参加者が集結します。伊仙町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は62.71km2、人口は6,085人(2019年6月1日現在)となっています。この島では、古くから闘牛の習慣があり、イベント等で披露することが現在でも続いています。和泊町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は40.39km2、人口は6,379人(2019年6月1日現在)となっています。町一帯の土壌が、サンゴ礁でできていることから、洞窟(海食洞)が多いのが特徴です。知名町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は53.30km2、人口は5,808人(2019年6月1日現在)となっています。沖永良部島の西半分を占めています。「日本鍾乳洞九選」にも選ばれた昇竜洞をはじめ、町内には数多くの鍾乳洞があります。与論町は鹿児島県の奄美大島にある村です。、面積は20.58km2、人口は5,042人(2019年6月1日現在)となっています。与論町の伝統文化で「与論十五夜踊り」があります。始まりは室町時代からとされ、琉球文化と島独自の踊りを織り交ぜたものになっています。