鹿児島県出水郡

施工ブログ一覧

もっと見る

鹿児島県出水郡のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

伊丹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

出水郡(いずみぐん)は、鹿児島県の郡であり、県の西部に位置しています。人口9,875人、面積116.18km²、人口密度85人/km²。(2019年6月1日現在)となっています。出水郡に含まれているのは、長島町(ながしまちょう)の1町のみです。2005年に旧野田町と旧高尾野町が出水市に編入合併したことで郡から離脱、旧東町と旧長島町が合併し、長島町となったことで、現在の出水郡の形となっています。長嶋町は、鹿児島県(離島を除く)の北西部に位置する町です。有明・八代海を隔てて、熊本県天草市と接しています。もともとは、現在の熊本県に属していましたが、戦国時代に島津氏が同島内の堂崎城を攻め落としたことで、それ以来、現在の鹿児島県の領下となりました。町の基幹産業は農業で、特にジャガイモ、サツマイモ、みかんの栽培が盛んなところです。また、サツマイモは取れたものをそのまま販売するだけではなく、焼酎を醸造する際の材料としても使われることが多いです。町内には鉄道は走っておらず、大きな国道も1本のみとなっています。1日数本の路線バスが、町民の足の役割を持っています。農業を主としている地域であるため、それを前面に出した施設もあります。その一つが「日本マンダリンセンター」です。特産の「島みかん」に関する展示がされている博物館となっています。みかんにこだわった造りをしており、博物館の屋根はみかんを模したオレンジのドーム状になっています。センターまで続く道路は「オレンジロード」と呼ばれ、オレンジ色に塗装されています。10月上旬から12月中旬までの間、みかん狩りを体験することができます。