テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 兵庫県 > 兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例
  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る



一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜


みずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜
業界最安値の詳しい工事料金はこちら
業界最安値の詳しい工事料金はこちら

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング



BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると加古郡の放送受信契約数は20,219件で、衛星契約数は8,574件です。

加古郡の戸建てでテレビを視聴するには①ケーブルテレビ②光回線③テレビアンテナのいずれかの工事をしなければなりません。マンションやアパートにお住まいの場合は建物の既存設備が備わっており、壁にある丸い小さな差込口にテレビ線を繋げればすぐにテレビを視聴することができますが、戸建ての場合はご自身で業者を選び工事を手配する必要があります。

ではケーブルテレビや光回線、テレビアンテナのどれがいいのでしょうか。3つにはそれぞれメリット・デメリットがございます。皆さまが一番気になるランニングコスト面が安いのは、圧倒的にテレビアンテナです。ケーブルテレビや光回線には初期工事費用と月々の使用量が発生します。他にも、ご覧いただくテレビ視聴台数で料金が変わることもございます。比べてテレビアンテナは初期費用のみで、取り付け後、月々の費用は発生しません。一つのアンテナで各お部屋でテレビをご覧いただけますので、視聴台数によって追加工事や料金が必要になることもございません。また現在のアンテナの寿命は20年ほどなので、20年間のランニングコストを比較すると10万円~20万円も差が付きます。まずはそれぞれの会社に見積もりを出してもらい、ランニングコストを比較してみましょう。

加古郡で工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。

みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。加古郡に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。

大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。加古郡は、全域対応しております。

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 加古郡で4K8Kを見るには?

    加古郡で4K8K放送をご覧いただくには、「4K8K対応のBS/CSアンテナ」が必要になります。4K8K対応のBS/CSアンテナとは、よくベランダや屋根上に見かける、通称”パラボラアンテナ”と言われる円盤型のアンテナです。2018年からスタートした4K8K放送は衛星から電波を受信するため、ご覧いただくためには地上波専用のアンテナとは別に衛星放送用のアンテナを設置する必要があります。アナログ放送から地上デジタル放送に移行した時のように、全てが4K8K放送に移行されるわけではありません。従来のBS/CS放送と同じように、4K8K放送も地上デジタル放送と並行してご覧いただく形になります。 またアンテナに加えてテレビも対応のものが必要になります。4K8Kテレビと対応チューナーか4K8Kチューナー内蔵型テレビでご覧いただくことができますが、現在ですと4K8Kチューナー内蔵型テレビが主流になっております。4K8K放送をご覧いただくには4K8K対応のアンテナとテレビが必要になります。

  • 加古郡で屋根裏にアンテナを設置することはできますか?

    周辺の電波環境やご自宅の構造によって条件が合致していれば屋根裏に設置することが可能です。屋根裏には3つの条件がございます。 1つ目が、十分な電波が受信できているかどうかです。周辺に高い建物や山や森がある場合、電波塔からご自宅が離れている場合は受信が難しいケースがございます。周りがひらけており、受信を阻害するものがなければ受信は可能です。 2つ目が屋根裏に十分な設置スペースがあるかどうかです。アンテナの設置位置はなるべく高さがあった方が良いのでご自宅の屋内の一番高いスペースが屋根裏となります。建てられたハウスメーカーや工務店によって屋根裏のスペースがある場合とない場合がございます。 3つ目が屋根裏に必要な配線が通っているかどうかです。アンテナから受信した電波を各お部屋に分配するための配線設備が屋根裏にない場合、屋根裏に設置ができません。配線設備はハウスメーカーや工務店が事前に作成するもので、完成後に新たに作成することは大掛かりな工事となり、ご料金と時間がかかります。 建売住宅の場合は事前にアンテナの設備を準備することは難しいですが、注文住宅の場合は事前にハウスメーカーや工務店にお伝えしていただければ、スペースや配線を作成しておいてもらうことができます。また地元の工務店や電気屋では屋根裏設置法まで知りえないケースが多いです。十分な電波と構造が適していれば屋内に目立たずに設置ができますので、ご自宅の完成前に事前に確認しておくことがお勧めです。

兵庫県加古郡のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

加古郡は、兵庫県の南に位置し、面積は44.05㎢、人口は63,728人、人口密度は1,447人/㎢(2021年調査結果)です。加古郡は、稲美町と播磨町の2町を含を含みます。

加古郡稲美町は、兵庫県の南部にあり、明石川と加古川に挟まれた印南野台地に位置しています。

加古郡稲美町は、かつて万葉集に「いなみ野」と詠まれた台地を先人たちが切り開き、ため池等でかんがい用水を確保し農耕社会を営んできました。

明治以降には淡河川や山田川両疏水が完成、それにより水田開発が進み稲穂に満ちた美しい町の基礎が築かれました。切り開いたため池群と、田園の広がる緑豊かな自然は、文化庁から文化的景観にも選ばれています。

稲美町には、町内産コシヒカリ「万葉の香」をはじめ、「いなみ野メロン」やトマト・ブロッコリー・キャベツなど地場産野菜も豊富に栽培されています。これらの安全でおいしい農作物を求めて、町外からも多くの人が訪れています。

稲美町には兵庫県最大の加古大池や県内最古の天満大池など、町内に88のため池が点在しています。これらのため池は、農業を支えるだけでなく自然観察やレジャーを楽しむ人々の憩いスポットにもなっています。

稲美町では秋に、町花「コスモス」が町内のあちらこちらで咲き誇り、風に揺れるその姿がさわやかです。休耕田を活用したコスモス畑の見ごろは、10月下旬から11月上旬となっています。

加古郡播磨町は、兵庫県の南に位置するまちです。兵庫県下では最小面積の自治体となっていますが、人口密度は全国でも有数の高さです。播磨町の「播磨」は、「播磨の国」や「播州地方」の呼び名が示す通り、兵庫県南西部一帯の広い地域を指す名称です。昭和37年に町制を施行した際、当初「阿閇村」であった本町は、これからも大きく発展するようにと願いを込めて「播磨町」と名付けられました。

播磨町は、大中遺跡に代表されるように古代にさかのぼる古い歴史をもつ町です。奈良時代に書かれた「播磨国風土記」では、「阿閇村」の由来が記載されていて、万葉集にも詠まれています。

さらに、江戸時代に干ばつに苦しむ地域を救うため、約14kmの新井水路を開削した今里傳兵衛も知られています。また、日本人ではじめてアメリカ大統領に謁見し、その後、日本最初の新聞「海外新聞」を発刊し、「新聞の父」と呼ばれた「ジョセフ・ヒコ」の生誕地でもあります。 

町内にはこれらの偉人記念碑や、神社やお寺など歴史的建造物の景観が保全されています。また、ため池や「であいのみち」「喜瀬川ふるさとの川」が整備されており、自然と触れ合いながら歴史散策を楽しめる地となっています。