新築戸建てでテレビを視聴する方法!アンテナ設置のための知識とは?

実家やマンションなどで暮らしている人のなかには、テレビ本体だけあればテレビ番組を視聴できるものだと勘違いしている人もいるのではないでしょうか。

そういった人は、引っ越した先でテレビが映らなくて困惑するというような経験をするかもしれません。

これは新築戸建てを購入した際にも起こりうることです。

実はどれだけ高級な新築戸建てだったとしても、そのままの環境ではテレビを視聴することはできません。

そこでここでは、新築戸建てでテレビを視聴する方法について詳しく解説していきます。

 

 

【新築戸建てではテレビが視聴できない?】

 

テレビ視聴に関する知識がない人の場合、引っ越した先の新築戸建てでテレビの電源を入れたものの、画面になにも映らず慌ててしまうということもあるでしょう。

実はテレビを視聴するには、テレビ本体を用意するだけでは不十分です。

テレビは電波塔から発信されるテレビ電波を専用の機材で受信し、その機材とテレビ本体を接続することで、初めて視聴できるようになります。

しかし、新築戸建てにはテレビ電波を受信するための環境が用意されておらず、そのままではテレビを観ることができません。

そのため、引っ越した先の新築戸建てでテレビを視聴するには、適切な環境を整える必要があります。

 

【新築戸建てでテレビを視聴する方法は主に3つ】

 

新築戸建てでテレビを観られるよう、適切な環境を整えるための主な方法は、「アンテナ」と「ケーブルテレビ」と「光回線」の3種類です。

アンテナを利用する方法では、専用のアンテナを建物の屋上やベランダなどに設置し、そのアンテナでテレビ電波を受信します。

例えば、地上デジタル放送を受信するにはUHFアンテナが、BS・CS放送を受信するには専用のパラボラアンテナが必要です。

地上デジタル放送の場合、電波塔から発信されるテレビ電波をUHFアンテナで受信し、アンテナと地上デジタル放送対応テレビを接続することで、視聴可能になります。

また、地上デジタルチューナーを利用すれば、アナログテレビでも地上デジタル放送を観られるようになるでしょう。

BS・CS放送の場合は、地上の送信局から上空の人工衛星を経由して送信される電波をパラボラアンテナで受信します。

そして、アンテナ、専用チューナー、テレビを接続することで視聴が可能になります。

アンテナ代や設置工事代などの初期費用はかかりますが、それ以降のランニングコストが基本的に必要ないのがメリットだといえるでしょう。

次にケーブルテレビを利用して環境を整える方法ですが、こちらではケーブルテレビ業者と契約を締結することで、テレビを視聴できるようになります。

電波塔から送られてくる電波をケーブルテレビ業者が受信し、専用のケーブルを通じて契約者へと送信する仕組みです。

地上デジタル放送を視聴するには、地上デジタル放送対応テレビか地上デジタルチューナーが必要になります。

地上デジタル放送やBS・CS放送に加え、映画や音楽などの専用チャンネル、インターネットなどをまとめて楽しめるのがメリットです。

続いて光回線を利用する方法では、インターネットの回線を使ってテレビを視聴します。

電波塔が発信する電波を光回線提供業者が受信し、専用のケーブルとモデムを介して契約者へと送ります。

地上デジタル放送を視聴するには、やはり地上デジタル放送対応テレビか地上デジタルチューナーが必要です。

地上デジタル放送や専門チャンネルなどを、光回線の通信速度を活かした高画質映像で楽しめる点はメリットといえるでしょう。

もし、地上デジタル放送しか視聴しないのであれば、アンテナによる受信を選択することで、総合的なコストを抑えることができます。

 

【テレビ視聴のためのアンテナを設置するには?】

 

テレビ視聴のためのアンテナを設置するには、いくつかの方法があります。

まずは、家電量販店で、テレビやアンテナの購入と同時にアンテナの設置工事を申し込む方法です。

設置工事の業者選びが必要なく、メンテナンスや修理サポートも期待できます。

テレビのみの購入であっても、アンテナ代込みの費用で工事を請け負ってもらうことが可能です。

また、街の電気屋にアンテナ設置工事を依頼するのも良いでしょう。

家電量販店に比べると工事費用は高くなりがちですが、信頼関係を築いておくことで、アンテナの修理依頼やほかの電化製品の購入時などに、親身になって対応してもらえる可能性が高まります。

さらに、アンテナ設置の専門業者を利用するのも選択肢のひとつです。

なかには、家電量販店や街の電気屋よりも安い価格で工事を請け負ってくれる業者もあります。

ただし、あまりに低価格の場合は相応のクオリティの工事しか行われないケースもあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

ほかにも、新築戸建てを購入するときに利用したハウスメーカーが、アンテナ工事を請け負ってくれることがあります。

コストを抑えたい人は、買ってきたアンテナを自分で設置しても良いでしょう。

その際は取り扱い説明書や取り付け例をしっかりと確認し、安全を確保して作業を行う必要があります。

屋根にアンテナを設置する場合は、固定力を強めるためにワイヤーを利用し、強風や台風などといった悪天候に備えるのが賢明です。

 

【長く住む家ならランニングコストにも気をつけよう!】

 

専用のアンテナを設置したり、ケーブルテレビや光回線を利用したりすることで、新築戸建てでもテレビを視聴できるようになります。

どの方法も専門の業者に依頼するだけですから、それほど難しくはありません。

「自分がどんなテレビ番組を観たいか」によって、方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

しかしながら、新築戸建てを購入した人は、その家で長く暮らすことを前提としていることがほとんどでしょう。

そのため、テレビ視聴にかかるランニングコストにも注意しなければいけません。

ランニングコストの観点で考えた場合は、故障や経年劣化などといったトラブルが起こらない限り無料でテレビを視聴し続けられるアンテナの利用が経済的です。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837