クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

土浦市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

土浦市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 土浦市のアンテナ工事・設置・取り付け情報土浦市は、茨城県発足から1980年代まで茨城県南地域の行政・経済及び周辺地域の交通の要衝としての役割を担っていました。1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊郭その他休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町でもありました。戦後は、土浦駅西口(市中心部)に小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)などの百貨店が立地し、商業都市としての役割を担っていました。土浦駅前のバスターミナルは地域の中で最も多数のバス発着起点であったが、1970年代からの新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)における筑波研究学園都市の開発、1990年代以降のモータリゼーションの発達や規制緩和の影響による郊外型店舗増加により、駅周辺の大型商業施設はペルチ土浦(駅ビル)を残すのみとなるなど、中心市街地の求心力は低下しました。ただ、現在も行政機関が集積されているほか、周辺市町村より多く高等学校が立地します。市内では、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催され、レンコンが特産品であることと、海軍に縁があり飛行船「ツェッペリン伯号」が飛来した際にカレーを振舞ったことから、レンコンを入れたカレーで町おこしを行っているというユニークな一面もあります。製造品出荷額は723,963百万円となっており、全国で第99位、茨城県内では第5位の規模となっています(2006年)。市北部に神立工業団地、テクノパーク土浦北、東筑波新治工業団地などの工業団地があることが日立市の大きな特徴の1つでもあります。土浦市の人口は139,551人で、世帯数は58,667世帯(11日現在)となっています。

    土浦市の放送受信契約数は、48, 247件で、衛星契約数は、23, 595件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。藤岡市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。