茨城県那珂市のアンテナ工事について

令和元年調査によると那珂市の放送受信契約数は19, 062件で、衛星契約数は9,597件です。2020年の新築戸建て棟上数は262件です。

那珂市で地上デジタル放送をテレビアンテナでご覧いただくためには、地上波用のアンテナ取付工事が必要です。現在、地上波用のアンテナは”デザインアンテナ”と”UHFアンテナ”の2種類からお選びいただけます。最新のスタイリッシュなデザインアンテナ、従来のお魚の骨のような形をしたUHFアンテナがございます。デザインアンテナはお家の外観を損なわずに設置することができるので、多くのお客様からお選びいただいております。みずほアンテナでは豊富なカラーバリエーションをご用意しており、ホワイト・ベージュ・ブラックブラウン・ブラックの4色からお選びいただけます。お家の外壁のお色とアンテナのお色を合わせていただくと、目立たず設置することができます。また地上波用のアンテナは、お近くの電波塔に向けて電波を受信します。お家が主要の電波塔から距離が離れている場合は、お近くの中継局から電波を受信する場合もございます。電波測定結果からアンテナを向ける電波塔を判断し、設置位置をご相談させていただきます。さらに、4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。

みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。那珂市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。

大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。那珂市は、全域対応しております。

茨城県那珂市のアンテナ工事のよくある質問

  • 那珂市で4K8Kを見るには?

    那珂市で4K8K放送をご覧いただくには、「4K8K対応のBS/CSアンテナ」が必要になります。4K8K対応のBS/CSアンテナとは、よくベランダや屋根上に見かける、通称”パラボラアンテナ”と言われる円盤型のアンテナです。2018年からスタートした4K8K放送は衛星から電波を受信するため、ご覧いただくためには地上波専用のアンテナとは別に衛星放送用のアンテナを設置する必要があります。アナログ放送から地上デジタル放送に移行した時のように、全てが4K8K放送に移行されるわけではありません。従来のBS/CS放送と同じように、4K8K放送も地上デジタル放送と並行してご覧いただく形になります。 またアンテナに加えてテレビも対応のものが必要になります。4K8Kテレビと対応チューナーか4K8Kチューナー内蔵型テレビでご覧いただくことができますが、現在ですと4K8Kチューナー内蔵型テレビが主流になっております。4K8K放送をご覧いただくには4K8K対応のアンテナとテレビが必要になります。

  • テレビ視聴に不具合が生じたら?

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。 まず最初に・テレビ画面にノイズが走っているのか・E201やE202などの表示が出ているのか・全く映らないのか・1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。 次に・不具合が全部屋発生しているのか・1部屋だけなのか・不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。 テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。 もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。 症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。 みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

茨城県那珂市について

那珂市(なかし)は、茨城県県央地域に位置し、面積は97.82km2、総人口は52,937人、人口密度は541人/km2です。(2021年4月1日時点)隣接する自治体は、水戸市、ひたちなか市、常陸太田市、日立市、常陸大宮市、東茨城郡城里町、那珂郡東海村です。那珂市は、那珂台地を占め、北は常陸太田市と常陸大宮市、北東は日立市、東はひたちなか市と那珂郡東海村、南は県庁所在地の水戸市、西は東茨城郡城里町とそれぞれ隣接しています。市の北側は久慈川が西から東へ、西側は那珂川が北西から南東へ流れていて、両河川の沿岸に開けた水田地帯とそれに挟まれたほぼ平坦な那珂台地から成り立っています。豊かな水源を持つ肥沃な台地には有史以前から人々が生活を営み、 中世期には佐竹氏が額田城を築城、南北朝時代に楠木正家が東国経営の拠点とし、江戸時代に入ると河川を利用した船運や街道整備が盛んに行われました。近年水戸市やひたちなか市のベッドタウンとして人口が増加しました。1955年(昭和30年)、一町六村が合併して那珂町となります。当時、県内では鹿島郡神栖町、猿島郡総和町、稲敷郡阿見町に次いで四番目に人口規模の大きな町でありました。その後数年にわたり、隣接自治体との境界変更を繰り返し、2005年(平成17年)1月21日 に那珂町の北西に位置する那珂郡瓜連町を編入合併、市制施行して那珂市となりました。また、『日本さくら名所100選』にも選ばれている静峰ふるさと公園には遊具施設、水上ステージ、水鳥の池などが整備されています。また、園内の一角には、入浴設備などを備えた余暇活用施設「しどりの里」があります。また、「しどり」は漢字にすれば「静織」で太古にこの地で織物が作られたことに由来すると『常陸国風土記』に記されています。園内には約2,000本のサクラが植えられていて、主にヤエザクラであり、花の見頃は4月下旬から5月上旬となっています。そのほかにも、ウメ、ソメイヨシノ、ツツジ、アジサイ、ハギなどが植えられ、四季を通じて花が楽しめる為地元住民のみならず多くの観光客も訪れ賑わいます。また西福寺跡には市指定の文化財、五輪塔や木造地蔵菩薩立像があります。像は高さ119.5センチメートルもあり、木造では県内最古の地蔵菩薩です。市内には茨城県植物園や鳥獣センター、県民の森など公営のテーマパーク、笠松運動公園などスポーツ施設も充実しています。

茨城県那珂市の対応エリア一覧

あ行

飯田イイダ

瓜連ウリヅラ

大内オオウチ

か行

鹿島カシマ

門部カドベ

上河内カミガチ

上国井カミクニイ

北酒出キタサカイデ

鴻巣コウノス

古徳コトク

後台ゴダイ

さ行

静シズ

下江戸シモエド

下大賀シモオオガ

菅谷スガヤ

杉スギ

た行

竹ノ内1タケノウチ1

竹ノ内2タケノウチ2

竹ノ内3タケノウチ3

竹ノ内4タケノウチ4

田崎タサキ

津田ツダ

堤ツツミ

戸ト

戸崎トザキ

豊喰トヨバミ

な行

中里ナカザト

中台ナカダイ

西木倉ニシキノクラ

額田北郷ヌカダキタゴウ

額田東郷ヌカダヒガシゴウ

額田南郷ヌカダミナミゴウ

は行

東木倉ヒガシキノクラ

平野ヒラノ

福田フクダ

ま行

南酒出ミナミサカイデ

向山ムコウヤマ

本米崎モトコメザキ

や行

横堀ヨコボリ