• 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • 地方局追加工事

長崎県対馬市

施工ブログ一覧

もっと見る


長崎県対馬市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

島田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

対馬市(つしまし)は、長崎県の対馬に位置する市です。対馬振興局の所在地です。全体に山がちでほとんど平地はありません。最大の市街地は南東部の厳原地区です。また、九州地方で最も人口密度の少ない市です。浅茅湾は、対馬島の中央に位置する湾です。複雑なリアス式海岸を呈する浅茅湾は対馬の重要な観光スポットであり、真珠の養殖やシーカヤックフィールドとしても有名です。湾の東には、大船越瀬戸(おおふなこしせと)と万関瀬戸(まんぜきせと)の2つの運河があり、浅茅湾と対馬海峡を接続しています。大船越瀬戸は、1670年頃に開かれました。万関瀬戸は、1900年に、旧日本海軍がロシアとの戦争に備えて軍艦を往来させるために掘削しました。当初は幅25m、深さ3.0mであったが、1975年に幅40m、深さ4.5mへと拡張されました。対馬市は一島一市の自治体であるため陸で隣接する自治体はありません。しかし、以下の自治体と海路・空路で結ばれています。対馬は面積の80%以上が山林で、林業が営まれています。檜の生産が主で「対馬ひのき」としてブランド展開されています。またシイタケ栽培が盛んで、県内生産の9割以上を占めます。野生のニホンミツバチが生息し、島のいたるところで丸太をくりぬいてつくった巣箱「蜂洞」(はちどう)が見られます。しかし、特定外来生物ツマアカスズメバチの分布により、ニホンミツバチの減少が心配されています。かつては鉱業も盛んでした。対馬銀山は日本で初めて銀が産出した場所でもあります。江戸時代には銀や鉛が採掘されました。また20世紀の初頭には厳原町佐須地区に亜鉛鉱山が開かれました。同地区では1960年代には年間20万トンを産出し東洋一の亜鉛鉱山と呼ばれたが、1973年に閉山されました。現在、銀・鉛・亜鉛の採掘は行われていないが、厳原町阿須地区で陶石類の採掘が行われています。同地区は年間5万トンを生産し、日本三大産地の一つに数えられています。長崎県対馬市の人口は、総人口が29,920人(推計人口、2018年10月1日)となっております。長崎県対馬市の放送受信契約数は、14, 470件で、衛星契約数は、8, 977件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。