クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

八幡市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

八幡市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 八幡市のアンテナ工事・設置・取り付け情報八幡市は、八幡の歴史は古く、市域の南西部丘陵地から約2万年前の石器が出土しており、すでに旧石器時代には人が生活していたことがうかがわれます。また、弥生時代や古墳時代の遺跡などが市域全域に分布しており、古代から開けていたことを示しています。古代から近世に至るまで、交通手段として木津川や淀川の水路の利用が高まるとともに、陸路として古山陰道、東高野街道、京街道が整備され、本市は山陰や奈良、京都へ通じる交通の要衝として重要な役割を担ってきました。文化面では、江戸時代初期、寛永の三筆の一人と称される松花堂昭乗が石清水八幡宮の坊舎に住まいし、当代の著名な文人たちと集い、書道・茶道・和歌などを介して文化の発信基地としても高い地位を占めていました。明治22年、町村制施行によって、現在の市域に八幡町、都々城村、有智郷村が設けられ、昭和29年にこの3町村が合併して人口16千人の新しい八幡町となりました。昭和30年代における京都・大阪都市圏の広がりは、近隣地域への人口の分散、ベッドタウン化をもたらしました。特に本市においては、2大都市圏の中間に位置するという立地条件もあって住宅適地として脚光を浴び、昭和40年代後半には都市基盤整備公団による男山団地の開発が主因となって、全国屈指の人口急増をみるに至りました。昭和50年には人口が5万人(国勢調査)を超え、昭和52111日に市制を施行、京都府内で11番目の市となる八幡市が誕生しました。その後も人口増加を続け、平成51月末日現在76,467人となりましたが、これをピークに以降は漸減し、現在は73千人前後を推移しています。

    八幡市の中継局は、甲賀(甲西)(岩根山)と京都八幡となっており、放送局は、NHK総合・教育、びわ湖放送、広域民放4社、京都放送となっております。2010年の地デジ化の追い風を受け、八幡市の一部ではこれまで難視聴地域がありましたが、この施策実施後にうまく解消されました。八幡市の、放送受信契約数は、19, 380件で、衛星契約数は、8, 632件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。